管理者は、Tableau Server の [ユーザー] ページから利用できる専用の [アイデンティティの移行] ページを使用して、移行ジョブの実行時の変更を含む、アイデンティティの移行を監視および管理できます。このページは、移行プロセスの期間中に使用できます。

移行ジョブは、Tableau Server の使用を中断または妨害することなくバックグラウンドで実行されるように設計されています。ただし、必要に応じて、移行ジョブの実行頻度、移行ジョブの実行日時、および移行ジョブの実行時間に影響を与える調整を行うことができます。

通常、移行には 3 分から 10 日かかる場合があります。所要時間は、Tableau Server の展開サイズと、移行中に行った既定設定への変更に応じて異なります。たとえば、10,000 人のユーザーがいる場合、移行には約 30 分かかることがあります。

注: 移行ジョブの実行中は、すべての認証およびユーザー関連の機能が正常に機能します。

アイデンティティの移行ジョブを管理する

アイデンティティの移行の次の側面を管理できます。

アイデンティティの競合を解決する

移行中に発生する可能性のあるアイデンティティの競合を確認するには、「ID 移行時の競合の解決」を参照してください。

毎日の移行ジョブ スケジュールを変更する
  1. Tableau Server に管理者としてサインインします。

  2. 左側のナビゲーション ペインで、[ユーザー] (またはマルチサイト Tableau Server の場合は [すべてのサイト] > [ユーザー]) を選択し、[Identity Migration (アイデンティティの移行)] ページをクリックします。

  1. [移行の概要] 見出しの横にある [スケジュールの編集] ボタンをクリックします。

  2. [スケジュールの編集] ダイアログボックスで、ジョブを実行できる日時と頻度を変更します。

    注: このダイアログ ボックスの [Priority (優先度)] オプションと [実行] オプションは無視することができます。

  3. 終了したら、[更新] をクリックします。
移行ジョブを開始する
  1. Tableau Server に管理者としてサインインします。

  2. 左側のナビゲーション ペインで、[ユーザー] (またはマルチサイト Tableau Server の場合は [すべてのサイト] > [ユーザー]) を選択し、[Identity Migration (アイデンティティの移行)] ページをクリックします。

  1. 任意のタブから、1 人または複数のユーザーを選択します。

  2. [アクション] メニューから、実行する必要がある内容に応じて、[Retry Migration (移行の再試行)] または [Acknowledge (確認)] を選択します。

  3. [移行の概要] 見出しの横にある [スケジュールの編集] ドロップダウン矢印をクリックします。
  4. [今すぐ実行] を選択します。

アイデンティティの移行を一時停止する
  1. Tableau Server に管理者としてサインインします。

  2. 左側のナビゲーション ペインで、[ユーザー] (またはマルチサイト Tableau Server の場合は [すべてのサイト] > [ユーザー]) を選択し、[Identity Migration (アイデンティティの移行)] ページをクリックします。

  1. [移行の概要] 見出しの横にある [スケジュールの編集] ドロップダウン矢印をクリックします。

  2. [Disable (無効にする)] を選択します。

アイデンティティの移行を再開する
  1. Tableau Server に管理者としてサインインします。

  2. 左側のナビゲーション ペインで、[ユーザー] (またはマルチサイト Tableau Server の場合は [すべてのサイト] > [ユーザー]) を選択し、[Identity Migration (アイデンティティの移行)] ページをクリックします。

  1. [移行の概要] 見出しの横にある [スケジュールの編集] ドロップダウン矢印をクリックします。

  2. [Enable (無効にする)] を選択します。

アイデンティティの移行設定を変更する

アイデンティティの移行が Tableau Server に与える可能性のある制約を軽減するために、移行は以下にリストされている既定設定で実行されるように構成されています。

移行設定

タイプ TSM コマンド 既定
ジョブのスケジュール ([アイデンティティの移行] ページから構成できます。上記の「毎日の移行ジョブ スケジュールを変更する」を参照してください) 毎日午前 3 時、完了するまで
1 秒あたりのユーザー アイデンティティのリクエスト (レート) tsm authentication identity-migration configure -–rate 5 まで
個々のジョブの実行時間 tsm authentication identity-migration configure -–job-run-time 120 分

必要に応じて、tsm authentication identity-migration コマンドを使用して、以下のステップに従って、上記の移行設定を変更できます。

  1. クラスタの最初のノード (TSM がインストールされているノード) で管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
  2. tsm authentication identity-migration で説明されているコマンドの 1 つまたは両方を実行します。

    たとえば、個々のジョブの実行時間とレートを既定値から変更するには、次のコマンドを実行できます。

    tsm authentication identity-migration configure --job-run-time 180 --rate 3

アイデンティティの移行を完了し、アイデンティティ サービスを構成します

すべてのユーザーの競合を解決または対処し、移行ジョブを実行したら、アイデンティティ サービスを使用してアイデンティティ移行プロセスを完了するように Tableau Server を構成する必要があります。

ステップ 1: アイデンティティの移行を検証して完了する

  1. Tableau Server に管理者としてサインインします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで、[ユーザー] (またはマルチサイト Tableau Server の場合は [すべてのサイト] > [ユーザー] を選択し、[Identity Migration (アイデンティティの移行)] ページをクリックして、移行が開始されたことを確認します。

    Tableau Serverの [ユーザー] ページから、専用の [アイデンティティの移行] ページを使用して、進行状況を監視および管理できます。詳細については、「アイデンティティの移行を管理する」を参照してください。

  3. ID 移行時の競合の解決」で説明されているように、すべてのアイデンティティの競合を解決または確認します。

  4. 次のいずれか 1 つを実行します。

    • アイデンティティの移行ジョブを今すぐ実行するには、[Migration Overview (移行の概要)] 見出しの横にある [Edit Schedule (スケジュールの編集)] ドロップダウン矢印をクリックし、[今すぐ実行] を選択します。
    • または、次にスケジュールされた時間に移行ジョブが実行されるのを待つこともできます。
  5. 移行が完了したら、[アイデンティティの移行] ページで、[移行の概要] に [100% 完了] が表示されていることを確認します。

ステップ 2:アイデンティティ サービスを使用するように Tableau Server を構成する

  1. クラスタの最初のノード (TSM がインストールされているノード) で管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。

    tsm authentication legacy-identity-mode disable
    tsm pending-changes apply

Tableau Server をアイデンティティ サービスを使用するように構成した後、ユーザーが Tableau Server にサインインすると、Tableau Server は構成されたアイデンティティ ストア内の識別子を使用してユーザー アイデンティティを検索します。識別子からユニバーサル一意識別子 (UUID) が返され、既存の Tableau Server ユーザー アイデンティティと照合するために使用されます。次に、このプロセスはユーザーのセッションを生成し、認証ワークフローを完了します。

ありがとうございます!