サーバー実行承認 (ATR) サービスを使用すると、ライセンス契約を途切れさせることなく、オンプレミス、クラウド、コンテナ、仮想環境などに展開された Tableau Server をアクティブ化できます。これを実現するために、ATR サービスでは、構成可能な期間 (ATR 期間) 中に短期リースが提供されます。短期リースによって、プロダクト キーの有効期限が切れるまでライセンスとデバイスが関連付けられます。ATR は、基盤となるハードウェアが変更された場合に最大限のアクティブ化エラーが発生しないように、アクティブ化にかかる容量を追跡します。このオプションは、クラウドベースまたは仮想化された環境で使用するのが最適ですが、Tableau Server はライセンス発行の目的でさまざまなインターネット上の場所に接続する必要があるため、Tableau Server のコピーをオンラインでアクティブ化できるユーザーであれば使用することができます。詳細については、インターネットとの通信(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

次の場合にこのオプションを選択します。

  • オンラインで Tableau Server をアクティブ化する場合
  • Tableau Server をクラウドにインストールする場合
  • 仮想マシンまたはその他の非永続的な環境に Tableau Server をインストールする場合
  • Tableau Server インストールを頻繁にテストする場合
  • 最大限のアクティブ化エラーがよく発生する場合

次の場合にはこのオプションを使用しないでください。

  • オフラインで Tableau Server をアクティブ化する場合
  • エアギャップ環境に Tableau Server をインストールする場合

製品のライセンス認証に ATR を選択すると、簡単に元に戻すことはできません。後で元に戻すには、Tableau Server をバックアップし、削除してから再インストールする必要があります。

注: サブスクリプション ライセンスでサーバー ATR を使用する場合、Tableau Server でプロダクト キーを更新する必要はありません。有効期限が切れたサブスクリプションの更新やライセンス発行の変更を行うには、Tableau カスタマー ポータルで新しいプロダクト キーを識別してアクティブ化する必要があります。

サーバー ATR オプションを選択する

Tableau サービス マネージャー (TSM) を TSM Web インターフェイスまたは TSM CLI を使用してインストールする際に、サーバーの実行承認 (ATR) オプションを選択できます。詳細については、「TSM のインストール(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

サーバー ATR 期間を設定または変更する

サーバーの実行承認 (ATR) を使用して Tableau Server をライセンス認証する場合、ATR 期間をデフォルトの 432,000 秒 (5 日) とは異なる設定に変更できます。ATR 期間は Tableau Server の実行が承認されている期間であり、Tableau サービス マネージャー (TSM) が稼働している間に更新されます。プロダクト キーの有効期限が切れるまで、新しいライセンス認証を行う必要はありません。有効期間が短いテスト サーバーまたは仮想マシン (VM) を作成する場合は、ATR 期間を短くすることができます。同様に、長期間利用する予定のサーバーの場合は、ATR の期間を長くすることができます。

ATR 期間を変更するには、tsm licenses atr-configuration set –duration <value_in_seconds> コマンドを使用します。詳細については、「tsm licenses atr-configuration set(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

ATR 期間 (秒) 最小 最大 既定
Tableau Server (コンテナーを使用する場合) 3,600 (1 時間) 2,593000 (30 日間) 14,400 (4 時間)
Tableau Server (コンテナ―を使用しない場合) 14,400 (4 時間) 7,776,000 (90 日間) 432,000 (5 日間)

ライセンスの更新期間は、1 時間ごとから 1 日ごとまで、ATR 期間に応じて異なります。

ATR 期間 更新頻度
< 4 時間 15 分ごと
< 24 時間 1 時間ごと
< 7 日間 12 時間ごと
> 7 日間 24 時間ごと

Tableau Server は可能な限り実行し続けてください。Tableau Server が長時間シャット ダウンされたままになっていると、サーバー ATR がライセンス リースを再利用する可能性があり、その場合は、ライセンスを再度適用する必要があります。

Tableau Server on Linux

ATR 期間を設定し、アクティブ化サービスを手動で起動するには、次のコマンドを実行します。

  1. 最初のノードでターミナル セッションを開き、次のコマンドを使用します。

  2. tsm licenses atr-configuration set -–duration <value_in_seconds>

  3. tsm pending-changes apply

  4. sudo su -l tableau

  5. systemctl --user stop activationservice_0

  6. systemctl --user start activationservice_0

  7. tsm status -v コマンドを使用して、アクティブ化サービスが実行中であることを確認します。Tableau Server アクティブ化サービスは "実行中" と表示されます。アクティブ化サービスが起動されない場合は、次のコマンドを実行します。

    systemctl --user restart activationservice_0

Tableau Server in a Container

ATR 期間を設定し、アクティブ化サービスを手動で起動するには、次のコマンドを実行します。

  1. 最初のノードでターミナル セッションを開き、次のコマンドを使用します。

  2. tsm licenses atr-configuration set -–duration <value_in_seconds>

  3. tsm pending-changes apply

  4. sudo su -l tableau

  5. supervisorctl stop activationservice_0

  6. supervisorctl start activationservice_0

  7. tsm status -v コマンドを使用して、アクティブ化サービスが実行中であることを確認します。Tableau Server アクティブ化サービスは "実行中" と表示されます。アクティブ化サービスが起動されない場合は、次のコマンドを実行します。

    supervisorctl restart activationservice_0

注: コンテナで作動している Tableau Server の場合、TTL 開始値と TTL 終了値は、Tableau Server が現在使用しているリースを反映します。コンテナのリースは、1 日より短い場合 1 時間ごとに更新されますが、1 日より長い場合は更新に最大 24 時間かかる場合があります。

サーバー ATR ライセンスを別の Tableau Server ライセンスに移動する

既存の Tableau Server でライセンスを使用するのやめて、新しい Tableau Server のインストールで使用したい場合、サーバー ATR ライセンスを移行できます。次の場合にライセンスを移行することをお勧めします。

  • 開発環境と実稼働前環境の切り替え。

  • Tableau Server をアップグレードされたハードウェアに移行。

  • Tableau Server をクラウド インフラストラクチャに移行。

  • 仮想マシン (VM) やコンテナなどで Tableau Server を一時的に使用。

ATR リースのしくみ

Tableau Server にログインしてプロダクト キーでライセンス認証すると、管理コントローラー (TSM コントローラーとも呼びます) とライセンス認証サービスが実行されている限り、ATR リースは有効な状態になります。Tableau Server がインストールされているコンピューターをシャットダウンする場合などのように、Tableau Server の使用を停止すると、自動的にログアウトされて ATR リースの有効期限が切れます。Tableau はライセンスを回収し、ATR リース期間が経過した後に新たに使用できるように権利を開放します。

別の Tableau Server で同じライセンスを認証する

ライセンスごとに 1 つの本番インストールと 2 つの非本番インストールを行うことができます。1 つのライセンスで未認証のインストールがある場合は、別の Tableau Server で同じライセンスを認証できます。ライセンス認証を使いきっている場合でも、リースの有効期限が切れればライセンスを認証できます。

  1. サーバー ATR を使用してライセンスされた既存の Tableau Server があります。

  2. 既存の Tableau Server がライセンス認証のリースを更新しないようにします。これは、次のいずれかの方法で実行できます。

    • 既存の Tableau Server をシャットダウンする。

    • 既存の Tableau Server をアンインストールする。

    • イーサネット ケーブルを抜くか、wifi を切断して、インターネットから接続し、既存の Tableau Server の接続を切断する。

  3. ATR リースの有効期限が切れた後、別の Tableau Server でライセンスを再利用できます。

  4. 新しいコンピューターに Tableau Server をインストールします。

    プロンプトが表示されたら、同じライセンスを使用して Tableau Server を認証します。

サーバー ATR でライセンス認証したプロダクト キーを削除する

サーバー ATR を使用してライセンス認証したプロダクト キーを削除することにより、ある Tableau Server インストールで使用したライセンスを別のインストールで再利用できます。プロダクト キーを再利用する方法についての詳細は、「プロダクト キーの認証解除(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

サーバーATR をアクティブ化に使用するのを停止する

特定の Tableau Server をアクティブ化するためにサーバー ATR を使用する必要がなくなった場合は、バックアップを実行して既存の Tableau Server を削除し、新しい Tableau Server をインストールして、バックアップから復元する必要があります。

  1. Tableau Server の完全なバックアップを実行します。詳細については、Tableau Server の完全なバックアップと復元を実行します(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

  2. -l オプションを使用して tableau-server-obliterate スクリプトを実行し、Tableau Server を完全に削除します。詳細については、コンピュータから Tableau Server を削除する(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

  3. Tableau Server をインストールして構成します。詳細については、「Tableau Server のインストールと構成(新しいウィンドウでリンクが開く)」および「TSM のインストールと初期化(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

    scripts ディレクトリに移動します。

    cd /opt/tableau/tableau_server/packages/scripts.<version_code>/

  4. 次のスクリプトを実行して TSM を起動します。

    sudo ./initialize-tsm --accepteula --no-activation-service --<optional_parameters>

    initialize-tsm スクリプトで必要なパラメーターは --accepteula だけです。このパラメーターは、Tableau Server のエンド ユーザー ライセンス契約 (EULA) に同意するために含める必要があります。EULA は次の場所にあります。

    /opt/tableau/tableau_server/packages/docs.<version_code>/Commercial_EULA.txt

  5. Tableau Server を構成する前に、ターミナルからログオフしてもう一度ログオンしてください。

    再びログオンした時点で新しいセッションが作成され、このときにグループのメンバーシップ変更が反映されます。この新しいセッションは、initialize-tsm スクリプトによって追加された環境変数へのアクセス権もあります。

  6. バックアップから復元します。詳細については、Tableau Server の完全なバックアップと復元を実行します(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

ありがとうございます!