視覚的なベスト プラクティス

視覚化の色、網掛け、配置、枠線およびグリッド線は、分析および伝えるストーリーの両方にとって重要な機能です。Tableau 製品は、既定で、視覚的なベスト プラクティスを使用して見栄えの良い視覚化を作成できるように設計されています。特に希望しないかぎり、フォントや色について考える必要はありません。

カスタマイズを希望する場合は、ワークシートに表示される大半のものの外観を制御できます。この記事では、理想的なワークフローからツールヒントを最大限活用する方法まで、カスタマイズ中に留意する必要がある視覚化のベスト プラクティスとヒントを取り上げます。

最大から最小までの書式設定

作業の外観を変更する際は、"最大から最小へ" ワークフローを使用します。最初に、ワークブック レベルでフォントとタイトルを書式設定します。その後、ワークシート レベルへ移動します。最後にビューの個別の部分の書式設定を保存します。ワークブックは可能な中で最大の「コンテナー」であり、最初にそのレベルで変更を書式設定し、変更を加えることで、時間を節減できます。

詳細については、ワークブック レベルで書式設定ワークシート レベルで書式設定、および「テキストと数値の書式設定を参照してください。

目的による色の変更

視覚化によって色を変更する場合、Tableau ではそれを簡単に実行できます。[色] カード、[色の編集] の順にクリックするだけです。たとえば、重要な結果を強調する場合があります。明るい単色の中間色を使用して、閲覧者の注意を集めたいものを強調表示できます。会社のブランドに適合させる場合は、カスタム パレットを作成できます。手順については、カスタム カラー パレットの作成を参照してください。

色を変更するときは、次のベスト プラクティスを考慮してください。

不連続フィールドとカテゴリー パレット

不連続フィールドは、フィールドの値が固有のフィールドです。この 1 つの例が顧客名です。Tableau は互いを区別し、全体として視覚化内で機能するようデザインされた色を持つカテゴリー パレットと不連続フィールドを自動的に関連付けます。

個々のフィールドでの色の変更

カテゴリー別パレットを選択すると、特定のフィールドに関連する色を手動で変更できます。

  1. [色の編集] ダイアログから、[データ項目の選択] パネルで任意のフィールドをダブルクリックします。

  2. お使いのオペレーティング システムのカラー パレットが開き、選択したアイテムの新しい色を定義できます。

連続フィールドと定量的パレット

連続フィールドでは、フィールドの値は全体の一部です (経時的な売上高など)。Tableau はこれらのフィールドを、色が連続体または範囲に沿っている定量的パレットと自動的に関連付けます。フィールドの値が正数の場合は、単一のカラーレンジが適しています。

正数と負数の両方の値がある場合は、2 カラーレンジを選択します。

色を制限する

色を正しく使用すると、分析を強化できます。色が多すぎると、ユーザーにとって負担がかかり、分析が制限される可能性があります。下のビューでは、積み上げ棒グラフは携帯電話のサブスクリプションを、傾向線は長期間にわたるインターネット使用率を表します。最初の画像では、"Years (年)" は [色] シェルフにあります。他のすべての色の中から傾向線を選ぶことは非常に困難であり、2 色しかない 2 番目の画像では非常に簡単に傾向線を示すことができます。


画像をクリックして再生する。

オンラインの読みやすさを最適化するフォントを使用する

Tableau のフォントは、データ視覚化と組み合わせることを前提に、小さいサイズでも視認性が最適化されるように設計されています。Tableau 視覚化では既定でそれらが使用されます。

異なるフォントを使用する必要がある場合は、次のように、オンラインでの読みやすさを最適化するフォントを選択します。

  • Arial
  • Trebuchet MS
  • Verdana
  • Times New Roman
  • Lucida sans

ツールヒントでストーリーを強化する

ダッシュボードを閲覧するユーザーは直感的にマウスを使用してマークを調べます。これにより、ツールヒントが表示されます。ツールヒントはほとんどのビューに既定で表示され、データ ストーリーを強化する優れた方法です。ツールヒントをカスタマイズするには、[ワークシート] > [ツールヒント] をクリックします。

たとえば、Web サイトのページビュー数のビューのツール ヒントは次のとおりです。

上記のツール ヒントを書き直して書式設定し、このビューを閲覧するユーザーに重要なポイントをハイライトする方法の例を次に示します。

ヒントを書き直し、短いストーリーを伝えることができます。例として、イタリアにおけるオイル リングの数に関するツールを次に示します。

次の例では、ツール ヒントをフレーズに書き直し、ビューアーの注意を引くため、重要な要素を太字にしています。

軸を考慮する

既定では、Tableau の軸範囲は視覚化のデータに基づいて自動的に調節されます。フィルターや他のアクションによって軸範囲が変更されることがあります。2 つのビューの間で特定の比較を作成しようとしている場合、軸範囲を変更すると、ユーザーの分析が困難になる場合があります。この場合、特定の、固定範囲に軸を設定できます。この方法の手順については、例: 異なる軸範囲を使用(均一、独立、固定)を参照してください。

かなり大規模な範囲のデータで作業している場合は、固定軸が実用的でない場合があります。この場合、視覚化にグリッド線を追加します。グリッド線は、軸を自動的に調節するときにユーザーが位置を確認するのに役立ちます。詳細については、線の書式設定を参照してください。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください