作業の書式設定

書式設定は、分析とプレゼンテーションの重要な機能です。フォント、網掛け、配置、枠線、グラフの線など、ワークシートに表示されるほとんどすべての要素を書式設定できます。たとえば、テキスト テーブルに縞模様の網掛けを追加することで、連続する行や列のグループを視覚的に区切ることができます。リファレンス ラインがある散布図ビューでは、線の太さや色を変えることができます。これらの設定はすべて、[書式設定] ウィンドウで変更できます。

多くの場合、ワークシート全体、すべての行、またはすべての列の書式設定を指定します。ただし、Tableau では、ビューの個々の部分も書式設定できます。たとえば、特定のフィールドの書式設定、セルおよび表のサイズ変更、個々の軸の編集を行うことができます。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください