ワークシート レベルで書式設定

フォント、位置揃え、網掛け、枠線、線、ツールヒントをワークシート レベルで書式設定できます。たとえば、テキスト テーブルのすべての枠線を削除したり、網掛けをビュー内で 1 列おきに追加したりします。

このレベルで書式設定を変更した場合は、作業中のビューにのみ適用されます。ワークブックのビューのすべてのビューに適用される変更を行う方法の詳細については、ワークブック レベルで書式設定を参照してください。

ワークシートの書式設定へのアクセス

  1. ワークシートまたはダッシュボードを表示します。

  2. [書式設定] メニューから、[フォント][枠線][フィルター] など、書式設定するビューの部分を選択します。

フォントの書式設定

ビューの場合、ペイン テキストやヘッダー テキスト、またはその両方について、フォント、スタイル、サイズ、および色を指定できます。たとえば、次のビューでは、ヘッダー テキストが Tableau 太字フォントを使用するように設定されています。

ビューに合計または総計がある場合、これらの値をデータの他の部分より目立たせるために特殊なフォント設定を指定できます。これは特にテキスト テーブルを使用する場合に役立ちます。以下のビューのテキスト テーブルでは、総計が濃い赤に書式設定されています。

テキストの配置の書式設定

Tableau はベスト プラクティスを使用してビュー内のテキストの配置を決定しますが、テキストをカスタマイズすることもできます。たとえば、ヘッダー テキストの向きが縦 (上) ではなく横 (標準) となるように変更できます。

: Tableau は、改行の開始または終了を決定する際には地域標準に準拠します。


画像をクリックして再生する。

各テキスト エリアに対し、次の配置オプションを指定できます。

水平方向 - テキストを左揃え、右揃え、または中央揃えのいずれにするかを制御します。

垂直方向 - テキストを上詰め、中央揃え、または下詰めのいずれにするかを制御します。

方向 - テキストを回転させて、水平方向 (標準)、上から下方向 (上)、または下から上方向 (下) に表示します。

ラップ - 長いヘッダーを次の行に折り返すか、省略するかを制御しますが、テキスト マークは制御しません。

注: セルが、複数行のテキストを表示できるだけのサイズでない場合、ラップを有効にしても見た目は変わりません。このような場合は、両向き矢印が表示されるまでカーソルでセルをポイントし、クリックしてセルのサイズを下に広げるようにドラッグします。

網掛けの書式設定

網掛け設定は、合計、総計、およびこれらのエリア以外のワークシート エリアのペインおよびヘッダーの背景色を制御します。

網掛けにより、1 行または 1 列ごとに色を置き換えるバンディングを追加することもできます。網掛けを置き換えることにより、連続する行または列を識別しやすくなるため、バンディングはテキスト表に便利です。


画像をクリックして再生する。

行や列のバンディングでは、次のオプションを使用できます。

ペインとヘッダー - バンドが使用する色。

[バンド サイズ] - バンドの厚さ。

レベル - 行と列のシェルフに複数のディメンションが入ったネストされた表がある場合、このオプションを使用すると特定のレベルにバンディングを追加できます。

枠線の書式設定

枠線とは、ビュー内の表、ペイン、セル、およびヘッダーを囲む線です。セル、ペイン、およびヘッダー エリアの枠線のスタイル、幅、および色を指定できます。さらに、行と列の境界線を書式設定できます。たとえば、このビューでは、[行の境界線] 枠線はオレンジ色を使用するよう書式設定されます。

行と列の境界線は、ビューを視覚的に分割するのに使用され、通常はネストされたテキスト テーブルで使用されます。行および列の境界線のドロップダウンを使用すると、各行または各列を分割する枠線のスタイル、幅、色、およびレベルを変更できます。レベルは、分割するヘッダー レベルのことです。

線の書式設定

ビューを構成する線 (グリッド線やゼロ線など) と、データの点検に役立つ線 (傾向線、リファレンス ライン、ドロップ ラインなど) の線を制御できます。

たとえば、傾向線で赤色を使用し、太くするよう設定できます。

ハイライターの書式設定

ワークシートのハイライターを書式設定すると、異なるフォント、スタイル、色、背景色、フォント サイズ、および枠線を使用することができます。フィルターを書式設定すると、フィルターをダッシュボードまたはワークシートのスタイルにうまく統合することができます。また、ビューの各ハイライターに表示されるタイトルを編集することもできます。

ハイライターの使用の詳細については、コンテキスト内のデータ ポイントをハイライトするを参照してください。

クイック フィルター カードの書式設定

クイック フィルター カードには、ユーザーがビューを操作できるコントロールが含まれます。カスタム書式設定を使用するようクイック フィルター カードを変更できます。たとえば、下のフィルターの本文は、水色の Tableau Bold フォントを使用するよう書式設定されています。

注: フィルターとパラメーターの場合、タイトルの書式設定はダッシュボードか Web にパブリッシュされたビューでのみ表示されます。

パラメーター コントロール カードの書式設定

パラメーター コントロールは、ビューを変更するコントロールを含むという点でクイック フィルター カードとよく似ています。パラメーター コントロールを作成すると、その外観をカスタマイズできます。たとえば、以下のビューの [Sales Range (売上高の範囲)] パラメーターは、売上高がオレンジで表示されるように書式設定されています。

ワークシートの書式設定のコピーと貼り付け

ワークシートを書式設定した後、書式設定をコピーして 1 つ以上の他のワークシートに貼り付けることができます。リファレンス ラインと注釈を除き、[書式設定] ペインで設定できるすべての設定はコピーできます。手動でのサイズ調整やズーム レベルなどの調節はコピーされません。

  1. 書式設定のコピー元となるワークシートを選択します。

  2. ワークシート タブを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[書式設定のコピー] を選択します。

  3. 書式設定の貼り付け先となるワークシートを選択します。

  4. ワークシート タブを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[書式設定の貼り付け] を選択します。

このセクションの他の記事

ありがとうございます!