Bridge を使用してデータを最新に保つ

Tableau Online が直接アクセスできないデータ ソースについては、Tableau Bridge を使用してデータを最新に保つことができます。たとえば、ファイアウォールの背後でホストされているデータにデータ ソースが接続する場合は、Bridge を使用します。

注: パブリック インターネットからアクセス可能なクラウドでホストされている参照元データにデータ ソースが接続する場合、ライブ接続と抽出接続は Tableau Online から直接実行されます。

Bridge とは

Tableau Bridge は、お使いのネットワーク内のマシンで実行されるクライアント ソフトウェアです。このクライアントは Tableau Online と連係して、Tableau Online が直接アクセスできないオンプレミス データに接続するデータ ソースを最新の状態に維持します。

動作方法

Tableau Bridge は、Excel ファイルや SQL Server データなどのオンプレミス データと Tableau Online の間の経路のように機能します。クライアントは、アウトバウンド暗号化接続を介して Tableau Online と通信し、ファイアウォールの背後のデータと Tableau Online サイト間の接続を可能にします。

Bridge が Tableau Online と通信する方法の詳細については、「Tableau Bridge のセキュリティ」を参照してください。

使用できるユーザー

Tableau Online の承認ユーザーは誰でも Bridge を使用できますが、Bridge は、組織で次の職務を遂行するユーザー (サイト管理者とデータ ソースの所有者) 向けに最適化されています。

サイト管理者 (または Tableau Online でサイト管理者またはサイト管理者 Creator ロールを持つユーザー) は Bridge クライアントをインストールして管理します。詳細については、「Bridge 展開の計画」を参照してください。

データ ソースの所有者 (または Tableau Online で Creator または Explorer (パブリッシュ可能) ロールを持つユーザー) は、通常、独自のデータ ソースをパブリッシュして管理します。データ ソースの所有者は Bridge を使用して、Tableau Online とオンプレミス データ間のライブ接続および抽出接続を行います。

  • ライブ接続の場合、Bridge は、データ ソースのパブリッシュ プロセスの一部として自動的に検出されます。

    サイト管理者がライブ接続 (プール経由) の維持のサポートを有効にすると、パブリッシュ プロセス中にライブ接続でデータ ソースをパブリッシュするオプションが表示されます。このオプションは、ネットワーク内からのみアクセス可能なリレーショナル データベースまたはクラウド データベースに対してライブ接続がサポートされている場合に使用できます。

    ユーザーがデータ ソースをパブリッシュした後、プール内の使用可能なクライアントがライブ クエリを実行します。それ以外の処理は必要ありません。

    開始するには、データ ソースを Tableau Online にパブリッシュし、ライブ接続を維持するためのオプションを選択します。または、ワークブックをパブリッシュし、データ ソースを個別にパブリッシュするオプションを選択してから、ライブ接続を指定します。データ ソースのパブリッシュの詳細については、「ライブ接続を使用した Bridge データ ソースのパブリッシュ」を参照してください。

    注: プライベート クラウド データベースに接続するデータ ソースをパブリッシュする場合は、「プライベート クラウドベースのデータ ソースをパブリッシュする」(Link opens in a new window)で説明されている手順に従って、Bridge を使用してデータの鮮度に関連するタスクを実行してください。

  • 抽出接続の場合、ユーザーは更新スケジュールを設定できます。ユーザーは、データ ソースまたはワークブックのパブリッシュ プロセスを実行するかどうかにかかわらず、データ ソースを個別にパブリッシュする必要があります。詳細については、「Bridge 更新スケジュールの設定」を参照してください。

    注: プライベート クラウド データベースに接続するデータ ソースをパブリッシュする場合は、「プライベート クラウドベースのデータ ソースのスケジュールを設定する」(Link opens in a new window)で説明されている手順に従って、Bridge で実行される更新スケジュールを使用してください。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください