このトピックでは、データ ソースの所有者が、プライベート ネットワーク データへの接続にライブ接続を使用するデータ ソースをパブリッシュする方法について説明します。プライベート ネットワーク (プライベート クラウドを含む) データに接続するデータ ソースは、Tableau Bridge に依存しています。このトピックで説明するタスクは、Bridge が既に設定されており、サイト管理者によって管理されていることを前提としています。

注:

  • Bridge を使用すると、パブリッシュされたデータ ソース、つまりワークブックとは別にパブリッシュされたデータ ソースのみのデータを最新の状態に保つことができます。Bridge は、ワークブックに埋め込まれたデータ ソースのデータを最新の状態に保つことはできません。
  • ライブ接続を使用するプライベート クラウドベースのデータ ソースをパブリッシュするには、プライベート クラウド データに Bridge を使用するを参照してください。
  • ライブ接続を使用して仮想接続をパブリッシュするには、「仮想接続の作成」を参照してください。

データ ソースをパブリッシュする

以下の手順は、ライブ接続を使用するデータ ソースをパブリッシュする方法を示しています。プライベート ネットワーク データに接続するデータ ソースへのライブ接続をサポートするために、Bridge はライブ クエリと呼ばれる機能を使用します。データ ソースを最新の状態に保つために、Bridge はデータベースに直接クエリを実行し、データ ソースで使用するクエリ結果を返します。

  1. Tableau Desktop でデータ ソースを作成します。

  2. [サーバー] > [データ ソースのパブリッシュ] を選択して、パブリッシュ プロセスを開始します。Tableau Cloud にまだサインインしていない場合は、サインインを求めるメッセージが表示されます。
  3. [Tableau Cloud へのデータ ソースのパブリッシュ] ダイアログ ボックスで、データ ソースのさまざまなオプションを構成してから、次の手順を実行します。

    • [認証] で、[編集] をクリックし、表示されるオプションに応じて、[埋め込みパスワード] または [サーバーの実行アカウント] を選択します。
    • データ ソースが接続されているデータやデータ ソースの構成方法に応じて、ダイアログは既定でライブ接続をパブリッシュする状態になるか、ライブ接続または抽出をパブリッシュするオプションを提供します。オプションが表示された場合は、[ライブ接続を維持する] を選択します。
  4. [パブリッシュ] ボタンをクリックします。これにより、ブラウザー ウィンドウが Tableau Cloud に開きます。

  5. [パブリッシュの完了] ダイアログ ボックスで、[完了] をクリックします。

ありがとうございます!