Tableau で空間ファイルを結合する

この記事は、例を使って Tableau で空間ファイルを結合する方法を説明します。

次の種類の空間データ ファイルに接続できます。シェープファイル、MapInfo 表、KML (Keyhole Markup Language) ファイル、および GeoJSON ファイルです。2 つの空間ファイルを結合するか、空間計算を使用して 1 つの空間ファイルを緯度および経度フィールドを含む非空間データと結合することができます。詳細については、空間関数を参照してください。

重要な注意事項: Tableau は 2 つの空間データを、その空間機能 (地形または形状) を使用して結合することに対応しています。作成できるのは、多角形の間の結合のみです。

空間ファイルの結合

  1. Tableau を開き、1 番目の空間データ ソースに接続します。Tableau で接続可能な空間ファイルのタイプの詳細や、そのファイルへの接続方法については、空間ファイルのコネクタの例を参照してください。

  2. [データ ソース] ページの左上の [接続] で [追加] をクリックします。

  3. 表示される [データ ソースの追加] メニューで、2 番目のデータ ソースに接続します。

    2 つのデータ ソースがキャンバスに追加されます。

  4. [結合] アイコンをクリックします。

  5. 表示される [結合] ダイアログ ボックスで、次のように実行します。

    • 結合タイプを選択します。

      こうした各タイプの詳細については、データの結合を参照してください。

    • [データ ソース] より、結合する空間フィールドを選択します(Geometry (ジオメトリ)" が空間ファイル ソースの既定のフィールド名であることに注意してください)。空間フィールドの隣には地球儀アイコンがあります。

    • 2 番目のデータ ソースでは別の空間フィールドを選択します。2 番目のデータ ソースが空間ファイルではなく、緯度および経度フィールドが含まれる場合は、データを空間結合で使用できるように結合句として [結合計算の作成] を選択します。詳細については、空間関数を参照してください。

    • = 記号をクリックしてから、[交点] をドロップダウンメニューから選択します。結合できるのは 2 つの空間フィールドだけです。

  6. 終了したら、[結合] ダイアログ ボックスを閉じます。

    これで空間データの分析を開始する準備ができました。

    空間データは地図、または Tableau のその他のチャートタイプの作成に使用できます。異なるチャートタイプの構築の詳細については、グラフの構築とデータの分析を参照してください。

     

空間結合のトラブルシューティング

SQL Server エラー: 形状が地形に合わない

SQL Server は地形および形状データ型両方に対応していますが、 Tableau は以下の地形からの SQL Server の地形データ型にしか対応していません: EPSG:WGS84 = 4326、EPSG:NAD83 = 4269、EPSG:ETRS89=4258。異なる地形を追加、または SQL Server からの形状フィールドを分析に追加しようとすると、エラーを受信します。

Vertex オーダー

異なる形状システムは、交点を異なってオーダーしている場合があります。2 つの空間ファイルが、2 つの異なる交点オーダーを含んでいる場合、分析に問題が生じます。Tableau は仕様のオーダーを、空間データ ソースのオーダーに準じて解釈します。

次も参照してください。

空間ファイル

データの結合

空間ファイルから Tableau マップを作成する

Tableau での二重軸 (レイヤー) マップの作成

 

ありがとうございます!