Tableau では、空間データを使用してマップやその他のタイプのチャートを作成することができます。空間データ ソースが 2 つある場合、それらの空間機能 (地形または形状) を使用して結合することができます。2 つの空間ファイルを結合するか空間計算を使用すると、空間ファイルを緯度と経度のフィールドを含む非空間データと結合することができます。

Tableau は、次の空間データ ソースへの接続をサポートしています。

  • シェープファイル
  • MapInfo テーブル
  • キーホール マークアップ言語 (KML) ファイル
  • GeoJSON ファイル
  • TopoJSON ファイル
  • Esri ファイル Geodatabases

CSV または Excel ファイルに WKT (既知のテキスト) がある場合は、データをインポートしてから、[データ ソース] ページで空間データに変換できます。MAKEPOINT を使用して、緯度と経度の座標を持つデータを空間データに変換することもできます。「MAKEPOINT を使用した空間データ ソースの作成」を参照してください。

Tableau で接続可能な空間ファイルのタイプの詳細や、そのファイルへの接続方法については、「空間ファイル」のコネクタの例を参照してください。

重要な注意: Tableau 2021.3 以降では、ポイントとポリゴン、ポリゴンとライン、ポリゴンとポリゴン、ラインとポリゴンの機能間で空間結合を作成できます。Tableau 2021.2 以前のバージョンでは、ポイントとポリゴンの間にのみ空間結合を作成できます。

空間ファイルの結合

ヒント: 空間結合を作成、編集、表示するには、関係キャンバスで論理テーブル (データ ソースを初めて最初開くか作成する際に表示される領域) をまず開き、結合キャンバスにアクセスする必要があります。

  1. Tableau を開き、1 番目の空間データ ソースに接続します。

  2. キャンバス上のテーブルをダブルクリックしてデータ ソースの結合キャンバスを開き、結合キャンバス (物理層) を開きます。

  3. [データ ソース] ページの左上の [接続] で [追加] をクリックします。

  4. 表示される [接続の追加] メニューで、2 番目のデータ ソースに接続します。2 番目のデータ ソースを結合キャンバスにドラッグします。

  1. [結合] アイコンをクリックします。

  2. 表示される [結合] ダイアログ ボックスで、次のように実行します。

    • 結合タイプを選択します。

      こうした各タイプの詳細については、データの結合を参照してください。

    • [データ ソース] で、結合の基準となる空間フィールドを選択します。

      注: ジオメトリは、ユーザーがフィールド名を作成する SQL サーバーの場合を除き、空間ファイル ソースのデフォルトのフィールド名になります。空間フィールドは、隣に地球のアイコン があります。

    • 2 番目のデータ ソースでは別の空間フィールドを選択します。2 番目のデータ ソースが空間ファイルではなく、緯度と経度のフィールドが含まれる場合は、結合句として [結合計算の作成] を選択し、データを空間結合で使用できるようにします。詳細については、空間関数を参照してください。

    • = 記号をクリックしてから、[交点] をドロップダウンメニューから選択します。結合できるのは 2 つの空間フィールドだけです。

  3. 終了したら、[結合] ダイアログ ボックスを閉じます。

    マップが更新され、各流域での水鳥の目撃数が表示されます。これで、空間データの分析を開始する準備が整いました。

    異なるチャートタイプの構築の詳細については、グラフの構築とデータの分析を参照してください。

空間結合のトラブルシューティング

SQL Server エラー: 形状が地形に合わない

SQL Server は地形および形状データ型両方に対応していますが、 Tableau は以下の地形からの SQL Server の地形データ型にしか対応していません: EPSG:WGS84 = 4326、EPSG:NAD83 = 4269、EPSG:ETRS89=4258。異なる地形を追加、または SQL Server からの形状フィールドを分析に追加しようとすると、エラーを受信します。

Vertex オーダー

異なる形状システムは、交点を異なってオーダーしている場合があります。2 つの空間ファイルが、2 つの異なる交点オーダーを含んでいる場合、分析に問題が生じます。Tableau は仕様のオーダーを、空間データ ソースのオーダーに準じて解釈します。

詳細については、「シェープファイルまたは GeoJSON からインポートされた KML または SQL 空間データを使用するとき、空間結合が遅く、反転した結果を返す」および Tableau ナレッジベースの「Tableau で線とポリゴンのエッジが変更され、高度な空間分析を参照してください。サポート」を参照してください。

 

次も参照してください。

空間ファイル

データの結合

空間ファイルから Tableau マップを作成する

Tableau での二重軸 (レイヤー) マップの作成

 

ありがとうございます!