この例では、2 つの小さなサンプル データ ソースを使用して、Tableau で地理データをブレンドする方法について示します。地理データを定義するファイルの作成方法、2 つのデータ ソースのブレンド方法、2 つのデータ ソースを使用して下のマップ ビューを構築する方法については、このトピックの手順に従います。

以下の埋め込みビューは、世界各地の有名な劇場を示しており、別のデータ ソースとの地理的データをブレンドすることによって作成されました。各劇場の情報を表示するには、ビュー内のマークの上にマウスを移動します。このトピックの手順に従って進むには、以下のビューの [ダウンロード] をクリックし、[Tableau ワークブック] を選択します。これにより、Tableau Desktop でビューが開きます。

ステップ 1: 地理データを定義するファイルを作成します

Tableau で自動的にジオコードが作成され地理情報を含むデータ ソースがある場合、最初の手順としては、その情報の緯度と経度の値を定義する 2 番目のデータ ソースを作成します。後で Tableau Desktop 内のこのファイルに接続し、元のデータ ソースとブレンドします。

次の情報を持つ 2 番目のデータ ソースを作成します。

  • [地名] 列: この列は、マップ ビューにプロットするあらゆる地理情報を含み、通常は元のデータ内の地理に関する列名と一致します。たとえば、元のデータ ソースに [番地] という列がある場合、2 つ目のデータ ソースにも [番地] 列が必要です。この列のデータは、マップ ビューにプロットする番地をすべて含みます。

    列が元のデータ ソース内の地理に関する列名と一致しない場合、Tableau Desktop 内の 2 つのデータ ソース間の関係を編集する必要があります。詳細については、ステップ 3 を参照してください。

    最後に、この列はすでに Tableau 内にある [郡][市外局番]、または [CBSA/MSA] などの地理的役割の名前のいずれとも異なる必要があります。

    注: これらの列のデータは、文字列または数値にすることができます。ただし、場所が番号、特に先行ゼロを持つ番号の場合 (例、00501)、Tableau 内でフィールドのデータ型が [文字列] に設定されていることを確認してください。詳細については、データ型(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

  • [緯度および経度] 列: これらの列の値は 10 進角にする必要があります (例: 47.651808、-122.356881)。

以下は、地理的な場所が含まれる元のデータ ソースと、それらの地理的な場所を定義する 2 番目のデータ ソースの例です。

元のデータ ソース 2 番目のデータ ソース

ステップ 2: データ ソースに接続する

  1. 元のデータ ソースに接続します。

  2. 地理的データを定義するデータ ソースへ接続します。

ステップ 3: リレーションシップの編集

(オプション) 2 つのデータ ソースに同じ列名を共有している場合、フィールドをビューに追加するとデータは自動的にブレンドされます。ただし、地理データを定義するために作成したファイルの列名が、元のデータ ソースの地理データと異なる場合、[リレーションシップの編集] オプションを使用してこれらの 2 つのフィールドのリレーションシップを作成する必要があります。リレーションシップの編集方法の詳細については、データのブレンドを参照してください。

ステップ 4: データをマップ ビュー上にプロットする

  1. [データ] ペインで、地理的データを定義する 2 番目のデータ ソースを選択します。[メジャー] で、[緯度] フィールドに [緯度] の地理的役割を、[経度] フィールドに [経度] の地理的役割を割り当てます。詳細については、「地理的役割の割り当て(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

  2. [データ] ペインで元のデータ ソースを選択し、地図上にプロットするフィールドを [マーク] カードの [詳細] にドラッグします。

    注: このフィールドは、データ型が文字列でディメンションのデータが入ります。フィールドのデータ型の変更方法の詳細については、データ型(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

  3. [データ] ペインで 2 番目のデータ ソースを選択し、[緯度] [経度] をダブルクリックしてからそれらを [列] および [行] シェルフに追加します。

    リンク アイコンは、[番地] フィールドが、元のデータ ソースの [番地] フィールドとブレンドされたことを示します。壊れたリンクのアイコンは、[番地] フィールドが、元のデータ ソースの [番地] フィールドとブレンドされていないことを示します。

ビューが完全になりました。各マークは、元のデータ ソースからの住所を表します。

 

関連項目

データ ブレンドとカスタム ジオコーディング(新しいウィンドウでリンクが開く)

ありがとうございます!