この記事では、Tableau を Snowflake データ ウェアハウスに接続し、データ ソースを設定する方法について説明します。

はじめる前に

開始する前に、次の接続情報を収集します。

  • 接続するサーバーの名前
  • 認証方法:
    • OAuth: IDP からフェデレーションを有効にする場合は、この方法を使用します。
    • SAML IDP: 接続に IDP 認証資格情報を埋め込む場合は、この方法を使用します。
    • ユーザー名とパスワード: ユーザーの認証資格情報を Snowflake に保存する場合は、この方法を使用します。
  • サインインするための認証資格情報は、選択する認証方式によって異なります。
  • (オプション) Tableau が接続するたびに初期 SQL ステートメントを実行する

必要なドライバー

このコネクタにはデータベースとやり取りするためのドライバーが必要です。お使いのコンピューターにはすでに必要なドライバーがインストールされています。ドライバーがコンピューターにインストールされていない場合、Tableau によって「ドライバー ダウンロード」(新しいウィンドウでリンクが開く)ページへのリンクを含むメッセージが接続ダイアログ ボックスに表示されます。このページで、ドライバーのリンクとインストール手順を確認できます。

注: Snowflake で OAuth の使用をサポートするには、最新の ODBC ドライバーを Snowflake からインストールする必要があります (現行バージョン 2.25.4)。

接続してデータ ソースを設定する

接続先として Snowflake を選択すると、3 つのタブからなるポップアップ メニューが表示されます。[一般] タブは、認証に使用します。[初期 SQL] を使用すると、すべての接続の初めに SQL コマンドを実行することもできます。詳細については、「初期 SQL の実行」を参照してください。[詳細] タブを使用すると、パラメーターを使用して顧客接続を追加できます。

Tableau のデータへの接続

  1. Tableau を起動し、[接続] の下で [Snowflake] を選択します。
  2. 接続するサーバーの名前を入力します。
  3. 認証メソッドを、[ユーザー名とパスワード][Okta のユーザー名とパスワード]、または [OAuth を使用したサインイン] から選択します。
  4. 1 つの認証メソッドを選択し、ログイン手順を実施します。
    Okta のユーザー名とパスワード:
    1. [ユーザー名][パスワード] を入力します。
    2. [Okta] フィールドに、Okta サーバーの URL を入力します。
    OAuth を使用したサインイン
    1. (オプション) すべての接続の初めに SQL コマンドを実行する場合、[初期 SQL] を選択します。詳細については、初期 SQL の実行を参照してください。
    2. [サインイン] を選択します。
    3. 開いた Web ページで、[ユーザー名][パスワード] を入力して [ログイン] を選択し、Snowflake にログインします。または、Snowflake が SSO をサポートするように構成されている場合は [シングル サインオン] を選択します。
    4. [OK] をクリックし、Snowflake データにアクセスするための許可を確認します。
    5. ブラウザー画面と Tableau を閉じます。
    6. 次のセクション「データ ソースの設定」に進みます。
  5. [サインイン] を選択します。
  6. Tableau が接続できない場合は、認証資格情報が正しいことを確認します。引き続き接続に失敗する場合は、コンピューターにおけるサーバーの検出に問題があります。ネットワーク管理者またはデータベース管理者に連絡してください。

ドライバー パラメーターを使用した接続のカスタマイズ

Snowflake コネクタで作成した接続を変更することもできます。接続を変更するには、[詳細] タブの接続文字列にドライバー パラメーターを追加します。

注: Tableau が生成するドライバー パラメーターは変更できません。パラメーターの追加のみを行えます。

たとえば、次の構文では、no_proxy の値が満たされない場合に使用するプロキシ サーバーと、プロキシ サーバーをバイパスできるホスト名を指定します。

Proxy=http://proxyserver.company:80;no_proxy=.trustedserver.com;

その他のカスタム ドライバー パラメーターの例については、「Snowflake にプロキシを使用するを参照してください。

 

注: データ ソースに埋め込まずにカスタマイズする場合は、Windows のレジストリでパラメーターを構成できます (「構成パラメーター」としてマークされているパラメーターのみが使用可能です)。ドライバー パラメーターについての詳細は、Snowflake のウェブサイトの「ODBC 構成と接続パラメーター」を参照してください。

データ ソースの設定

データ ソース ページで次の手順を行います。

  1. (任意) ページ上部にある既定のデータ ソース名を選択し、Tableau で使用する一意のデータ ソース名を入力します。たとえば、データの他のユーザーが、どのデータ ソースに接続するか推測するのに役立つ命名規則を使用します。

  2. [ウェアハウス] ドロップダウン リストからウェアハウスを選択するか、テキスト ボックスを使用して名前でウェアハウスを検索します。

    注: 空白のままにしてウェアハウスを選択しない場合、Tableau はデフォルトの Snowflake 仮想ウェアハウスを使用します。

    詳細については、「Snowflake のデフォルト仮想ウェアハウス」を参照してください。

  3. [データベース] ドロップダウン リストからデータベースを選択するか、テキスト ボックスを使用して名前でデータベースを検索します。
  4. [スキーマ] ドロップダウン リストから、スキーマを選択するかテキスト ボックスを使用して、名前でスキーマを検索します。
  5. [表] で、表を選択するかテキスト ボックスを使用して、名前で表を検索します。
  6. 表をキャンバスにドラッグしてから、シート タブを選択して分析を開始します。カスタム SQL を使用して、データ ソース全体ではなく、特定のクエリに接続します。詳細については、カスタム SQL クエリへの接続を参照してください。

Mac でのサインイン

Mac で Tableau Desktop を使用する場合、サーバー名を入力して接続するときに、mydb または mydb.test などの相対ドメイン名の代わりに mydb.test.ourdomain.lan などの完全修飾ドメイン名を使用します。

また、Mac コンピューターの [検索ドメイン] リストにドメインを追加し、接続する際には、サーバー名のみを提供する必要があります。[検索ドメイン] リストを更新するには、[システム環境設定] > [ネットワーク] > [詳細] に移動し、[DNS] タブを開きます。

Snowflake のデフォルト仮想ウェアハウス

Snowflake データ ソースを作成するとき、Snowflake ウェアハウス (計算リソース用) と Snowflake データベース (データ リソース用) の両方を作成しています。ウェアハウスとデータベースの両方に、アクセスするためのパーミッションが必要です。各ウェアハウスとデータベースに対する権限がある場合は、必要な計算能力に応じて、異なるウェアハウスを使用して同じデータベースにアクセスできます。

データ ソースを作成するときに、ドロップダウン リストからウェアハウスを選択するオプションがあります。空白のままにしてウェアハウスを選択しない場合、Tableau はデフォルトの Snowflake 仮想ウェアハウスを使用します。その後、そのデータ ソースまたはワークブックをパブリッシュすると、ユーザーが接続したとき、Tableau はそのユーザーのデフォルトの Snowflake 仮想ウェアハウスを使用します。

Tableau がデフォルトのウェアハウスを使用して Snowflake データ ソースからワークブックを開くことができるように、各ユーザーにデフォルトのウェアハウスを割り当てる必要があります。

Snowflake サーバー サポートでの OAuth の構成

Tableau と Snowflake の間の接続に OAuth を構成する方法については、「Snowflake 接続の OAuth の構成(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

Snowflake にプロキシを使用する

プロキシを介して Tableau から Snowflake に接続できます。バージョン 2019.4 以降の Tableau を使用している場合、コネクタ ダイアログで [詳細] タブに必要なパラメーターを入力することによって設定できます。

例:

proxy=http://proxyserver.company:80

使用する必要があるパラメーターの詳細については、Snowflake のドキュメント(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

注: Tableau では Snowflake への接続に DSN が使用されないため、Snowflake のドキュメントで DSN の使用方法を説明する部分は無視できます。

バージョン 2019.4 より前の Tableau を使用している場合、TDC ファイルで odbc-extras を使用してパラメーターを入力することによって設定できます。

例:

<connection-customization class='snowflake' enabled='true' version='19.1'>
<vendor name='snowflake' />
<driver name='snowflake' />
<customizations>
<customization name='odbc-connect-string-extras' value='proxy=http://proxyserver.company:80' />
</customizations>
</connection-customization>

詳細については、「Customize the Connection String for a Native Connector」(新しいウィンドウでリンクが開く)の記事を参照してください。

よくある質問

一般的ないくつかの問題と解決手順のリストを次に示します。

「このフィールド XXX は存在しません」というエラーが表示されています。どうすればよいですか?

このエラーは、計算フィールドを再作成してワークシートに追加し、データ ソースを Snowflake データ (CustomSQL) に置き換えると表示されます。

[Replace Field References (フィールドの参照を置換する)] 機能を使用して、エラーを解決します。詳細については、「フィールドの参照の置換」を参照してください。

 

関連項目

ありがとうございます!