Google スプレッドシート

この記事では、Tableau を Google スプレッドシートに接続し、データ ソースを設定する方法について説明します。

はじめる前に

開始する前に、次の接続情報を収集します。

  • Google の電子メール アドレスとパスワード

    : Google スプレッドシート コネクターは、Google Team Drive のアカウントをサポートしません。

接続してデータ ソースを設定する

  1. Tableau を起動し、[接続] の下で [Google スプレッドシート] を選択します。データ接続の完全なリストについては、[サーバーへ][詳細] を選択します。既定のブラウザのタブで Tableau を開き、以下を実行します。

    1. お使いのメールアドレスまたは電話番号で Google スプレッドシートにサインインし、[次へ] を選択してパスワードを入力します。複数のアカウントが表示される場合は、アクセスする Google スプレッドシート データを保持しているアカウントを選択し、まだサインインしていない場合はパスワードを入力します。

    2. [許可] を選択して Tableau Desktop が Google スプレッドシート データにアクセスできるようにします。

    3. 通知されたらブラウザ ウィンドウを閉じます。

    4. リストから Google スプレッドシートを選択するか、テキスト ボックスを使用して名前または URL で Google スプレッドシートを検索し、[接続] をクリックします。

  2. データ ソース ページで次の手順を行います。

    1. (任意) ページ上部にある既定のデータソース名を選択し、Tableau で使用する一意のデータソース名を入力します。たとえば、データの他のユーザーが、どのデータ ソースに接続するか推測するのに役立つ命名規則を使用します。

    2. Google スプレッドシート ファイルに表が 1 つある場合は、シート タブを選択して分析を開始します。

注: Tableau は Google スプレッドシートでのピボット テーブルをサポートしていません。

[Google スプレッドシートの選択] ダイアログ ボックスの機能

[Google スプレッドシートの選択] ダイアログ ボックスには、次の機能が含まれます。

  • 選択できるシートのリストには、自分の非公開シート、自分と共有されているシート、自分が過去にアクセスした公開シートが含まれます。

  • URL を指定して検索したときに、その URL が存在しないか、その URL に対するアクセス権がない場合は、エラーが表示されます。

  • [名前] および [最終閲覧 (自分)] 列名を選択すると、Google スプレッドシートを並べ替えることができます。また、シートを選択すると、右ペインにプレビューが表示されます。[所有者] で並べ替えることはできません。

Google スプレッドシート データ ソースの例

Google スプレッドシート データ ソースの例:

その他のデータに接続

結合を使用して、1 つ以上の表を接続できます。詳細については、データの結合を参照してください。

ワークシートに接続する場合と同様に、この名前付き範囲に接続することもできます。Tableau では、名前付き範囲は表のように機能します。

Google スプレッドシートで名前付き範囲を作成するには、セルの範囲をハイライトし、[データ] > [名前付き範囲] を選択します。Tableau で名前付き範囲に接続すると、以下に示すように、[データ ソース] タブでシートの隣にアイコンが表示されます。

.ttde ファイルおよび .hhyper ファイルについて

コンピューターのディレクトリを移動していると、.ttde または .hhyper ファイルに気づくかもしれません。お使いのデータに接続する Tableau データ ソースを作成すると、Tableau は .ttde または .hhyper ファイルを作成します。このファイルはシャドー抽出としても知られ、Tableau Desktop でデータ ソースの読み込み速度を向上させるのに使用されます。シャドー抽出には参照元データや標準的な Tableau 抽出に似た他の情報が含まれますが、シャドー抽出は別の形式で保存されているため、データの復元には使用できません。

特定の状況では、コンピューターからシャドー抽出を削除する必要がある場合があります。詳細については、Tableau ナレッジ ベースの「TTDE ファイルによるディスクの容量の低下」を参照してください。

Google スプレッドシートに関する問題のトラブルシューティング

Google Drive のデータ制限

Google Drive では、Google スプレッドシートで作成されたスプレッドシート、または Google スプレッドシートに変換されたスプレッドシートのセル数が数百万個に制限されています。詳細については、Google Drive ヘルプの「Google Drive に保管可能なファイル」を参照してください。

エラー メッセージ: 内部エラー - 予期しないエラーが発生し、操作を完了できません。

Google スプレッドシートにエラーがある場合 (#DIV/0! や #N/A など)、Tableau は抽出を作成できず、エラー メッセージが表示されます。この問題を解決するには、関数を iferror() で囲み、空白または適切な値を返すようにします。

たとえば、次のシートには #DIV/0! エラーが含まれています。

ソリューションは、計算を iferror() 計算で囲むことです。

 

関連項目

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください