Tableau での計算の開始

この記事は、例を使って Tableau で計算フィールドを作成し使用するかを説明します。

Tableau の計算のコンセプトと、計算フィールドの作成および編集方法を学びます。また、計算エディターでの作業方法、ビューでの計算フィールドの使用方法も学習します。

Tableau での計算の経験が浅い方、または計算フィールドを作成したことのない方には、ここから始めることをお勧めします。

計算フィールドを使用する理由

計算フィールドを使うと、データ ソースに既に存在するデータから新しいデータを作成できます。計算フィールドを作成するとき、基本的にはお使いのデータ ソース内に新しいフィールド (または列) を作成し、その値または計算によって割り出されるメンバーを制御します。この新しい計算フィールドは Tableau でお使いのデータ ソースに保存され、さらに強力なビジュアライゼーションを作成するために使用できます。ただし、元のデータには影響を与えないので、ご心配はいりません。

計算フィールドは多くの用途に使用できます。次にいくつか例を挙げます。

  • データのセグメント化
  • 文字列を日付に変換するなど、フィールドのデータ タイプを変換する
  • データの集計
  • 結果のフィルタリング
  • 比率を計算する

計算の種類

計算フィールドは、計算を使用して作成します。Tableau で計算フィールド作成に使用できる主な計算の種類は 3 つあります。

  • 基本計算 - 基本計算では、データ ソースレベルの詳細 (列レベルの計算) またはビジュアライゼーション レベルの詳細 (集計) 値またはメンバーを変換できます。

  • 詳細レベル (LOD) の式 - 基本計算と同様、LOD 計算はデータ ソースレベルまたはビジュアライゼーション レベルで値を変換できるようにします。ただし、LOD 計算は計算したい粒度のレベルをさらにコントロール可能です。視覚化の粒度に関しては、粒度のより細かいレベル (INCLUDE)、それよりも粒度の大きなレベル (EXCLUDE)、またはまったく個別のレベル (FIXED) で計算を行えます。

    詳細については、Tableau での詳細レベルの式の作成(Link opens in a new window)を参照してください。

  • 表計算 - 表計算では、ビジュアライゼーションの詳細レベルでのみ値を変換できます。詳細については、表計算での値の変換(Link opens in a new window)を参照してください。

選択する計算の種別は分析の必要性と、答えたい質問によって異なります。

計算フィールドの作成

使用したい計算の種別が判明したら、次は計算フィールドを作ってみましょう。この例では、基本計算を使用します。

: この記事での例は、Tableau Desktop に付属する Sample-Superstore データ ソースを使用しています。この記事の手順に沿って従うため、 Sample-Superstore 保存済みデータ ソースに接続し、シート 1 に移動します。

  1. Tableauで [分析] > [計算フィールドの作成] を選択します。

  2. 開かれた計算 エディターで、次の手順を行います。

    • 計算ビューの名前を入力します。この例では、フィールドはDiscount Ratio (割引率) と呼ばれています。

    • 式を入力します。この例では次の式を使用します。

      IIF([Sales] !=0, [Discount]/[Sales],0)

      この式は売上がゼロと等しいかどうかを確認します。true の場合、式は割引率 (割引/売上) の結果を戻します。false の場合、式は 0 を戻します。

      ヒント:

      利用可能な関数のリストを表示するには、計算エディターの右側にある三角形のアイコンをクリックします。

      各関数には構文、説明そして参考例が含まれます。

      リストで関数をダブルクリックして、式に追加します。

      他のヒントについては、Tableau で計算フィールドを使って作業するためのヒントを参照してください。

  3. 終了したら、[OK] をクリックします。

    新しい計算フィールドは数値を返すため、[Measures in the Data (データ内のメジャー)] ペインに追加されます。等号 (=) がデータ種別アイコンの隣に現れます。[データ] ペインでは、すべてのフィールドの隣に等号が表示されます。

ビュー内での計算フィールドの使用

ステップ 1: ビューの作成

  1. [ディメンション] から、[列] シェルフに [Region (地域)] をドラッグします。

  2. [ディメンション] から、[行] シェルフに [Category (カテゴリー)] をドラッグします。

  3. [行] シェルフで、[Category (カテゴリー)] フィールド上のプラス (+) アイコンをクリックし、[Subcategory (サブカテゴリー)] にドリルダウンします。

    ビューが更新されて次のような表示になります。

ステップ 2: ビューに計算フィールドを追加する

  1. [メジャー] ペインから、[マーク] カードの [色][Discount Ratio (割引率)] をドラッグします。

    ビューが更新され、テーブルがハイライトされます。

    Binders (バインダー) が Central (中央) 地域で大きく割り引かれていることが分かります。このように、Discount Ratio (割引率) が自動的に合計として集計されます。

  2. [列] シェルフ上で、[SUM(Discount Ratio)(合計 (割引率))] を右クリックして [Measure (Sum)(メジャー (合計))] > [Average (平均)] の順に選択します。

    ビューが更新され、割引率の平均が表示されます。

計算フィールドの編集

計算を変更する必要がある場合は、いつでも計算フィールドを編集が可能で、編集後はワークブック全体が更新されます。

計算フィールドを編集するには:

  1. [データ] ペインで計算フィールドを右クリックして、[編集] を選択します。

  2. 開かれた計算 エディターで、次の手順が実行可能です。

    • 計算フィールドの名前編集。

    • 式を更新します。

      この例では、式は 2000 USD を超える売上のオーダーの割引率を戻すように変更されました。

      IIF([Sales] > 2000, [Discount]/[Sales],0)

  3. [OK] をクリックします。

    ビューが更新され、自動的に変更を反映します。更新された計算フィールドをビューに再度追加する必要はありません

関連項目

Tableau での計算を理解する(Link opens in a new window)

Tableau での計算の書式設定(Link opens in a new window)

Tableau で使用する関数(Link opens in a new window)

Tableau での詳細レベルの式の作成(Link opens in a new window)

表計算での値の変換(Link opens in a new window)

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください