Tableau での計算を理解する

このシリーズでは、Tableau における計算の基本について説明します。このトピックでは、計算を使用する理由と状況について学習します。

計算を使用する理由

計算によって、データ ソースに既に存在するデータから新しいデータを作成することができます。また、データに対して計算を実行することもできます。これにより、複雑な分析を行ったり、独自のデータ ソースにすばやくフィールドを追加したりできるようになります。

計算を使用する状況

Tableau で計算について学習する際の最初のハードルは、実際に計算を使用する必要が発生する状況について認識することです。計算は多くの用途に使用できます。次にいくつか例を挙げます。

  • データのセグメント化
  • 文字列を日付に変換するなど、フィールドのデータ タイプを変換する
  • データの集計
  • 結果のフィルタリング
  • 比率を計算する

次のような一般的なシナリオがあります。

  • 分析に必要なデータがデータ ソースにない。

    たとえば、データ ソースに "Sales (販売)" フィールドと "Profit (収益)" フィールドがあり、コストの計算をする必要がある場合は、次のような式を使用して "Cost (コスト)" フィールドを作成します。

    [Sales] - [Profit]

  • ビジュアライゼーションで値を変換したい。

    たとえば、年毎の収益の差を計算する必要があるとします。簡易表計算を使用してビジュアライゼーションに収益の差を表示します。

  • データをすばやく分類したい。

    たとえば、ビジュアライゼーションで収益の高いデータと低いデータを簡単に色分けする必要があるとします。以下のような計算を使用して計算フィールドを作成し、[マーク] カードの [色] に追加できます。

    IF SUM([Profit]) > 0
    THEN "Profitable"
    ELSE "Nonprofitable"
    END


このセクションの他の記事

ありがとうございます!