セット アクション

セット アクションを使用すると、オーディエンスは直接 Viz またはダッシュボードを操作し、分析の側面を制御することができます。ユーザーがビューでマークを選択する際、セット アクションによりセット内の値を変更することができます。セット アクションの使用方法の例については、セット アクションの例を参照してください。

ビデオを視聴する: Tableau での関連する概念について説明した 7 分間の無料トレーニング ビデオ「セット アクション (英語)」(新しいウィンドウでリンクが開く)をご覧ください。お使いの tableau.com(新しいウィンドウでリンクが開く) アカウントを使用してサインインします。


セット アクションを使用するダッシュボードを示す画像。ダッシュボードのある部分でマークを選択して、ダッシュボードの別の部分に表示される値を制御しています。

セット アクションには既存セットがあり、そのセットに含まれる値は Viz でのユーザー アクションに基づいて更新されます。セット アクションは、次を含むように定義できます。

  • ソース シートまたはその適用先のシート。
  • アクション (ポイント、選択、メニュー) を実行するユーザーの行動。
  • ターゲット セット (データ ソースおよび使用するセット)。
  • 選択がクリアされた場合の動作。

ビジュアライゼーションを変更したり、これに影響を与えたりするには、アクションで参照されているセットを何かの方法でビジュアライゼーション内で使用する必要があります。これにはいくつかの方法がありますが、たとえば、計算フィールドでセットを使用し、それを使用して Viz を構築するか、またはセットをビューまたは [マーク] カード プロパティに配置します。

セット アクションは Tableau Desktop、Tableau Online、および Tableau Server で作成できます。

セット アクションの一般的な手順

  1. セットを 1 つ以上作成します。作成するセットは、現在選択されているデータ ソースと関連付けられます。セットの作成の詳細については、セットの作成を参照してください。

  2. 作成したセットのいずれかを使用するセット アクションを作成します。目的が異なる場合には複数のセット アクションを作成することができます。

  3. ユーザーが分析に使用できるようにする動作によっては、セットを使用する計算フィールドの作成が必要になる場合があります。計算フィールドの作成の詳細については、計算フィールドの作成を参照してください。

  4. セット アクションにより参照されるセットを使用するビジュアライゼーションを構築します。たとえば、セットを使用する計算フィールドを作成する場合は、その計算フィールドを使用してビューを構築します。または、セットを [マーク] カードの [色] にドラッグします。

  5. セット アクションをテストして必要に応じて設定を調整し、オーディエンスが必要とする動作が得られるようにします。

開始する: 設定操作を作成するために必要な内容の概要については、「Data Viz linds」(新しいウィンドウでリンクが開く)ブログの「位置について、設定し、開始する。設定操作で開始するために必要なすべてのこと」(新しいウィンドウでリンクが開く)を 参照してください。

セット アクションの作成

  1. ワークシートで [ワークシート] > [アクション] を選択します。ダッシュボードで [ダッシュボード] > [アクション] を選択します。

  2. [アクション] ダイアログ ボックスで、[アクションの追加] をクリックして、[設定値の変更] を選択します。

    セット アクションを作成するために、[アクションの追加] ボタンがクリックされ、[設定値の変更] アクションが選択された [アクション] ダイアログ ボックス。

  3. [セット アクションの追加] または [セット アクションの編集] ダイアログ ボックスで、アクションに意味のある名前を指定します。

  4. ソース シートまたはデータ ソースを選択します。既定では現在のシートが選択されています。データ ソースまたはダッシュボードを選択する場合、それに含まれる個々のシートを選択できます。

    セット アクションのさまざまな設定を表示する [セット アクションの追加または編集] ダイアログボックス。

  5. ユーザによるアクションの実行方法を選択します。

    • ポイント - ユーザーがマウスのカーソルをビュー内のマークに合わせる場合に実行します。

    • 選択 - ユーザーがビュー内のマークをクリックする場合に実行します。このオプションは、セット アクションに対して有効に機能します。

    • メニュー - ユーザーがビュー内の選択したマークを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) して、コンテキスト メニューのオプションを選択する場合に実行します。

  6. ターゲット セットを指定します。まずはデータ ソースを選択し、次にセットを選択します。

    ターゲット セット リストで利用可能なセットは、ユーザーが選択するデータ ソース、およびそのデータ ソースに関連付けられているワークブックで作成したセットによって決まります。

    セット アクションのさまざまな設定を表示する [セット アクションの追加または編集] ダイアログボックス。

    この例のターゲット セットでは、データ ソースとして [Global Superstore 2016 (グローバル スーパーストア 2016)] を、セットとして [High Shipping Cost Orders(出荷コストの高い注文)] を使用しています。

  7. ビュー内のアクションが実行された場合の動作を指定します。

    • [Assign values to set (設定する値を割り当てる)] - セット内のすべての値を選択した値に置き換えます。

    • [設定する値を追加する] - 選択した値をセットへ個別に追加します。

    • [セットから値を削除する] - 選択した値をセットから個別に削除します。

  8. 注: [セット アクション] ダイアログで [設定する値を追加する][セットから値を削除する] を選択すると、セットの定義の [全般] タブで選択した値が [Assign values to set (設定する値を割り当てる)] で実行されるように変更されます。これは、ツールヒントにあるセットのコンテキスト メニューを経由する作成モードでのみ使用可能な [追加先][Remove from (削除元)] 機能とは異なります。[追加先] と [Remove from (削除元)] 機能は、指定された条件が適用された後でセットに値をユニオンするか、セットから値を削除します。

  9. ビュー内の選択がクリアされた場合の動作を指定します。

    • 設定値の保持 - セットの現在の値がセットに残ります。

    • 設定へのすべての値の追加 - 可能性のあるすべての値をセットに追加します。

    • 設定からのすべての値の削除 - 以前選択した値をセットから削除します。

  10. [OK] をクリックして変更内容を保存し、ビューに戻ります。

  11. ビジュアライゼーションを操作してセット アクションをテストします。アクションの一部の設定を調整し、必要に応じて選択動作を調整します。

セット アクションの例

以下の例では、セット アクションの使用方法をいくつかのみ示しています。手順に従うには、セットおよび計算フィールドの作成と使用に精通している必要があります。詳細については、セットの作成および計算フィールドの作成を参照してください。

プロポーショナル ブラッシング

セット アクションの従来の使用事例はプロポーショナル ブラッシングですが、Tableau ブログの(新しいウィンドウでリンクが開く)「セット アクションを使用してプロポーショナル ハイライトを実行する方法 (英語)」(新しいウィンドウでリンクが開く)および Information Lab ブログ(新しいウィンドウでリンクが開く)「Tableau のセット アクション (英語)」(新しいウィンドウでリンクが開く)で (他の例とともに) 説明されています。

プロポーショナル ブラッシングをダッシュボードに表示するセット アクションの例。表示されている棒をクリックすると、他の棒グラフの値の比率が表示されます。

プロポーショナル ブラッシングの例の詳細

この例では、"Sample - Superstore (サンプル - スーパーストア)" データ ソースを使用します。このセット アクションは、セットに含まれるマークまたはセットに含まれないマークの割合に基づき、ビュー内の既存のマークの色を変更します。

  1. Tableau Desktop で "Sample - Superstore (サンプル - スーパーストア)" データに接続します。

  2. 新しいシートで、[Sales (売上)] メジャーを [列] に、[Segment (セグメント)] ディメンションを [行] にドラッグします。

    [セグメント別売上] のビジュアライゼーションの作成に使用するフィールド。

  3. 別の空のシートで、[Sales (売上)] メジャーを [列] に、[Sub-Category (サブカテゴリー)] ディメンションを [行] にドラッグします。

    [サブカテゴリ別売上] のビジュアライゼーションの作成に使用するフィールド。

  4. "Segment (セグメント)" ディメンションに対して "Segment Set (セグメント セット)" という名前のセットを作成します。.

    [セグメント] フィールドを右クリックし、[作成] を選択して、[設定] を選択します。

  5. "Sub-Category (サブカテゴリー)" 別に "Sales (売上)" が表示されているシートで、"Segment Set (セグメント セット)" を [マーク] カードの [色] にドラッグします。

    [マーク] カードの [色] プロパティに配置されたセグメント セット。

    セットのマーク IN または OUT を表示するために使用する色を入れ替えます。

  6. 新しいダッシュボードを作成します。両方のシートをダッシュボードにドラッグします。

    [ダッシュボード] メニューで、[アクション] を選択します。[アクションの追加] をクリックし、[設定値の変更] を選択します。

    [ダッシュボード] メニューから [アクション] ダイアログ ボックスを開きます。

  7. 以下の図に示されているのと同じ設定でアクションを構成します。

    [プロポーショナル ブラッシング] セット アクションに名前を付け、ダッシュボードと両方のシートを選択し、[選択] でアクションを実行し、[ターゲット セット] をスーパーストア データベースと [セグメント] セットに設定し、選択をクリアして [設定するすべての値を追加] するように設定します。

  8. [OK] をクリックして変更内容を保存し、ビューに戻ります。

  9. 各セグメントのマークをクリックしてセット アクションをテストします。

 

非対称のドリルダウン

セット アクションは複数のセットに対して使用し、さらに複雑な操作を行うこともできます。データ セットに "Category (カテゴリー)"、"Sub-Category (サブカテゴリー)"、"Manufacturer (製造業者)" などの階層情報がある場合、通常は、階層をドリルダウンすると、所定のレベルですべての値が展開します。とはいえ、非対称のドリルダウンに対してセット アクションを使用すると、選択した値に対応する次の階層レベルのみを開くことができます。

セット アクションの例。

非対称のドリルダウンに関する例の詳細

この例では、"Sample - Superstore (サンプル - スーパーストア)" データ ソースを使用します。

非対称のドリルダウン エクスペリエンスが得られるように、ここではセット アクションを 2 つの計算フィールドと組み合わせて使用しています。

  1. [Category (カテゴリー)] フィールドに対して "Category set (カテゴリー セット)" という名前のセットを作成します。

    そのセットのメンバーになるカテゴリーを選択します。このメンバーシップは一時的なもので、セット アクションにより上書きされます。

  2. "Asymmetric Sub-Category (非対称のサブカテゴリー)" という名前の計算フィールドを作成します。

    [データ] ペインのサブカテゴリーフィールドを右クリックして、[計算フィールドの作成] を選択します。

    次の計算を入力します。

    IF [Category set] THEN [Sub-Category] ELSE [Category] END

    計算を表示する計算ウィンドウ。

    ビュー内のマークのカテゴリーが "Category set (カテゴリー セット)" に含まれる場合は、計算により、その "Category (カテゴリー)" の "Sub-categories (サブカテゴリー)" が返されます。そうでない場合は、"Category (カテゴリー)" が再度返されます。

    セットはビュー内でまだ使用されておらず、それに関連付けられているアクションがないため、現在のところは静的です。

  3. [Category (カテゴリー)] フィールド、[Asymmetric Sub-Category 非対称のサブカテゴリー)] フィールド、を [行] に (この順で) ドラッグしてビューを構築します。次に、[Sales (売上)] を [マーク] カードの [テキスト] にドラッグします。

    セット アクションの例。

  4. セット アクションの作成。

    [ワークシート] メニューで、[アクション] を選択します。[アクションの追加] をクリックし、[設定値の変更] を選択します。

    アクションに "Asymmetric Drill to Sub-Category (サブカテゴリーへの非対称ドリル)" という名前を付けます。

    設定を含む [セット アクションの追加] ダイアログボックス。

    次のオプションを選択します。

    • ソース シート: 現在のシートのみが選択されていることを確認します。
    • アクションの実行対象: [選択] を選択します。ユーザーがビュー内のマークを選択する際に、アクションが適用されます。
    • ターゲット セット: 最初のドロップダウン リストから現在のデータ ソースを、2 番目のドロップダウン リストから "Category set (カテゴリー セット)" を選択します。
    • 選択項目をクリアした結果: [設定からのすべての値の削除] を選択します。

    [OK] をクリックして変更を保存します。

  5. セット アクションをテストします。

    ビュー内のヘッダーまたはマークをクリックすると、次のレベルに展開されます。カテゴリー バーをクリックすると、そのサブカテゴリーが展開されます。

カラー スケール

Viz 内の色の値は、外れ値のために不正確になる可能性があります。ある国で別の国よりも値が顕著に大きい場合、極値でないそれらの値の差のニュアンスは失われる可能性があります。

セット アクションは、Viz での選択内容に基づいて "Country set (国セット)" の値を更新することができます。その後、このセットは、関連メジャーの値をそのセットに含まれる国に関してのみ計算する計算フィールドで使用され、この計算フィールドは [色] に配置されます。ここで国をマップで選択すると、カラー パレットはそれらの国のみに基づくようになり、それらの値に関し、さらに優れた視覚的な差が表示されます。

世界地図のマークのサブセットの選択を示す例。色の値の範囲は、選択内容によって異なります。

カラー スケールの例の詳細

この例では、"Global Superstore (グローバル スーパーストア)" データ ソースを使用します。

  1. [Country (国)] フィールドに対して "Country set (国セット)" という名前のセットを作成します。.そのセットのメンバーになる国を選択します。このメンバーシップは一時的なもので、セット アクションにより上書きされます。

  2. "Country Shipping Cost (国出荷コスト)" という名前の計算フィールドを作成します。

    [データ] ペインを右クリックして、[計算フィールドの作成] を選択します。

    次の計算を入力します。

    IF [Country set] THEN ([Shipping Cost]) END

    計算を表示する計算ウィンドウ。

    ビュー内のマークの国が "Country set (国セット)" に含まれる場合は、計算により、"Shipping Cost (出荷コスト)" が返されます。そうでない場合は、何も起こりません。

    計算フィールドはセットをビューに結び付けます。

  3. "Country (国)" ディメンションをダブルクリックすると、マップが自動的に作成されます。

  4. [マーク] カードの [色] に "Country Shipping Cost (国出荷コスト)" をドラッグします。マップが自動的に色塗りマップに更新されます。

    色に [国の送料] がある世界地図。

  5. セット アクションである "Country color scaling (国のカラー スケール)" を作成します。

    [ワークシート] メニューで、[アクション] を選択します。[アクションの追加] をクリックし、[設定値の変更] を選択します。

    アクションに "Country color scaling (国のカラー スケール)" という名前を付けます。

    [セット アクションの編集] ダイアログ ボックス。

    次のオプションを選択します。

    • ソース シート: 現在のシートのみを選択します。
    • アクションの実行対象: [選択] を選択します。ユーザーがビュー内のマークを選択する際に、アクションが適用されます。
    • ターゲット セット: 最初のドロップダウン リストから現在のデータ ソースを、2 番目のドロップダウン リストから "Category set (カテゴリー セット)" を選択します。
    • 選択項目をクリアした結果: [設定へのすべての値の追加] を選択します。
  6. [OK] をクリックして変更を保存します。

  7. セット アクションをテストします。

    ビュー内でマークまたはマークのグループを選択すると、データ セット全体ではなく、それらのマークの値を代表することによりカラー パレットが対応します。

 

関連する日付

このダッシュボードの例には、関連する日付の計算が複数含まれています。ターゲットの日付に基づき、ダッシュボードには前日からの差、前年の同月からのパーセント変化、今年度の累計売上高、前年度の累計売上高が表示されます。

このダッシュボードに含まれるセット アクションは、タイムライン上でマークをクリックしているユーザーに対応し、ターゲットの日付および関連する日付計算を更新します。

タイムラインの日付をクリックすると、ダッシュボードの他の部分がどのように更新されるかを示す例。

関連する日付の例の詳細

この例では、"Global Superstore (グローバル スーパーストア)" データ ソースを使用します。

この例のセット アクションはダッシュボードの "Timeline (タイムライン)" シートに適用され、このシートを使用してダッシュボードの動作を駆動します。ユーザーがタイムライン ビュー内のマークを選択すると、セット アクションにより単一の日付値を含む "Selected Date set (選択した日付セット)" が更新されます。

この例では、次のようになります。

  • "Selected Date set (選択した日付セット)" が [Order Date (注文日)] フィールド上に構築されます。

  • "Update Target Date (ターゲットの日付の更新)" セット アクションにより "Selected Date set (選択した日付セット)" が更新されるため、ビューで選択されたマークの日付値がセットに含まれる唯一の値になります。

  • [Target Date (ターゲットの日付)] 計算フィールドは "Selected Date set (選択した日付セット)" の日付値をキャプチャし、その計算フィールドは Viz に含まれる他の関連する日付計算により参照されます。

  • ダッシュボードの各シートは、表示される値を更新するために計算フィールドを使用します。

: この例はさらに複雑なため、以下では、具体的な詳細ではなく、関連する主要なステップと設定の概要を説明しています。

"Timeline (タイムライン)" シートの設定

"Sales (売上)" が [行] の上にあります。"Target Date (ターゲットの日付)" という名前の計算フィールドは、リファレンス ラインで利用できるように [詳細] に配置されています。

[行] シェルフに配置された [売上高] フィールド。[詳細] に配置された [ターゲットの日付] 計算フィールド。

Tableau 2020.2 以降: 上記の画像は、最新のユーザー インターフェイスを反映していません。[データ] ペインの各テーブルやフォルダで、ディメンション (行の上部) とメジャー (行の下部) が灰色の線で区切られます。[ディメンション] ラベルと [メジャー] ラベルは、[データ] ペインで使用されなくなりました。

"Order Date (注文日)" が [正確な日付] として [列] の上にあります。

[列] シェルフに配置された [注文日]。ビューの [注文日] フィールドを右クリックして、日付タイプを [正確な日付] に設定します。

リファレンス ラインは [Order Date (注文日)] フィールドに適用され、"Minimum of Target Date (最小のターゲットの日付)" になるように設定されます。

[注文日] フィールドに適用されたリファレンス ライン。リファレンス ラインは [ターゲットの日付] の最小値に設定されています。

セット アクションは、ビューで選択されているマークに基づき、"Selected Date set (選択した日付セット)" を更新するこのシートに適用されます。

選択したマークに基づいて設定された [選択した日付] に作用するセット アクション。

 

ありがとうございます!