アクション

アクションを使用してコンテキストとインタラクティブ性をデータに追加します。ユーザーはマークを選択したり、カーソルを合わせたり、メニューをクリックしたりすることでビジュアライゼーションを操作し、設定したアクションは移動やビュー内の変更に対応できます。

たとえば、地域別の住宅販売個数を示すダッシュボードでアクションを使用すると、選択した地域の関連情報を表示できます。あるビューで地域を選択すると、マップ ビューで関連住宅をハイライトするアクションがトリガーされ、販売された住宅のリストがフィルターされ、地域の人口調査データを示す外部 Web ページが開きます。関連情報と例については、Tableau Public ブログの「ダッシュボード アクションに関する大まかなガイド (英語)」を参照してください。

ビデオを視聴する: Tableau での関連する概念について説明した無料のトレーニング ビデオ「アクションを使用したダッシュボードのインタラクティブ性」(5 分 43 秒) をご覧ください。お使いの tableau.com アカウントを使用してサインインします。

次に、さまざまなタイプのアクションを使用する方法を示します。

  • フィルター。あるビューのデータを使用して別のビューのデータをフィルターし、分析のガイドに役立てることができます。

  • ハイライト。特定のマークに色を付け、他のすべてのマークを薄く表示して、興味のあるマークに注意を喚起します。

  • URL に移動。Web ページ、ファイル、別の Tableau ワークシートなどの外部リソースへのハイパーリンクを作成します。

  • シートに移動。他のワークシート、ダッシュボード、またはストーリーへの移動を簡素化します。

  • パラメーターの変更。ユーザーは Viz 上でマークを直接操作することで、パラメーター値を変更することができます。

  • 設定値の変更。ユーザーは Viz 上でマークを直接操作することで、セットに含まれる値を変更することができます。

このセクションの他の記事

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください