凡例のハイライト

凡例のハイライトを使用して、ビュー内の特定のマークにユーザーの注意を集めることができます。凡例のハイライトをオンにすると、凡例項目に関連付けられたマークがハイライトされ、その他のマークは薄く表示されます。

1 方向または双方向ハイライトのいずれかを使用して、ビュー内のマークをハイライトできます。凡例の上部のアイコンは、使用中のモードを示しています。

  • 一方向ハイライトでは、凡例内の値を使用してマークをハイライトできます。

  • 双方向ハイライトでは、凡例またはビューのいずれかを使用してマークをハイライトすることができます。これは既定です。ビューのマークをハイライトすると、凡例の一致するメンバーもハイライトされます。

また、ワークブックやシートのハイライトは、ツール バーから無効にすることもできます。この操作は、凡例上のハイライトアイコンを非表示にします。ツール バーのハイライト オプションの使用の詳細については、[ハイライト] ツールバー ボタンを参照してください。

この例では、次のビューにはいくつかの製品の注文数と利益の関係が示されています。左のビューには色の凡例の標準の機能が使用され、すべてのマークは出荷モードに基づいて色分けされています。右のビューには、セカンド クラスで出荷済みの製品をコールアウトする凡例のハイライトが使用されています。

通常の色の凡例   ハイライトが有効な色の凡例
 

凡例のハイライト モードと標準モードは、[凡例] カード メニューを使用すると簡単に切り替えることができます。色の凡例の場合、ビューのハイライトされている状態が適切な場合は、ハイライト色をカラー パレットに割り当てることができます。元の色はハイライト色に置き換えられます。

凡例のハイライトをオンにする

  1. 凡例の上部にある [ハイライト] ボタン をクリックします。

    Tableau Desktop を使用している場合は、凡例カード メニューの [選択したアイテムをハイライト] を選択して凡例のハイライトをオンにすることもできます。

    この例は、色の凡例を使用してハイライトを示します。色の凡例は既定でオンになっています。

  2. 色の凡例でアイテムを選択します。

    凡例のハイライトをオンにすると、色の凡例で別のアイテムを選択して、ビューの特定のデータにすばやく注目することができます。凡例のハイライトをオンにすると、ハイライト アクションが作成され、[アクション] ダイアログ ボックスで変更できます。

凡例のハイライトをオフにする

凡例の上部にある [ハイライト] ボタン をクリックします。これによりハイライトを一方向に変更し、凡例を使用してビュー内の一致するマークをハイライトできます。

Tableau Desktop での凡例のハイライト

Tableau Desktop を使用している場合は、凡例カード メニューの [選択したアイテムをハイライト] を選択して凡例のハイライトをオフにすることもできます。ハイライターの凡例のハイライトをオフにすると、[アクション] ダイアログ ボックスからアクションが削除されます。

ビューのハイライトされている状態が適切なため、凡例のハイライト モードをオフにしても特定のメンバーをハイライトしたままにするには、ハイライト色を既存のカラー パレットに割り当てます。元の色の凡例は破棄され、ハイライト色がその凡例の新しいカラー パレットになります。

ハイライト色をカラー パレットに割り当てるには、[色の凡例] カード メニューの [ハイライト色をパレットに割り当てる] を選択します。

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 フィードバックの送信時にエラーが発生しました。もう一度実行するか、メッセージを送信してください