ユーザーのインポート

ユーザー情報を含む CSV ファイルを作成し、そのファイルをインポートすることによって、サイトへのユーザーの追加プロセスを自動化することができます。CSV ファイルをインポートする場合、ユーザーの認証タイプも指定します。

サイト管理者は、特定のサイトにユーザーをインポートできます。サーバー管理者 (Tableau Server のみ) は、サーバー レベルでユーザーをインポートし、後で複数のサイトに追加できます。

注: このトピックでは、既に CSV ファイルが作成済みであることを前提として、インポートの手順を説明します。まだファイルを作成していない場合は、CSV インポート ファイルのガイドラインでファイルの書式の要件とインポート オプションの一覧を参照してください。

CSV ファイルからのユーザーの追加

  1. Tableau Online サイトにサインインし、[ユーザー] を選択します。

  2. [ユーザーの追加] をクリックしてから、[ファイルからインポート] をクリックします。

    [ユーザーのインポート] ダイアログ ボックスのオプションは、サイトへのユーザーのサインイン方法によって変わります。

  3. Google または SAML 認証がサイトで有効でない場合は、次の手順に進みます。

    Google または SAML 認証がサイトで有効になっている場合は、新しいユーザーの認証タイプを選択できます。

    • サイトで Google または SAML 認証を有効にして、インポートしたユーザーが外部の ID プロバイダーを通じてTableau Online にサインインできるようにするには、[Google 認証用にユーザーを追加] を選択します。

    • 既定の電子メール アドレスとパスワードによる認証をユーザーが行うようにするには、[Tableau 認証用にユーザーを追加] を選択します。

  4. [ファイル名][参照] をクリックし、CSV ファイルに移動して、[開く] をクリックします。

  5. 個々のアカウントの内容を見るには、[詳細を表示する] を選択します。

    先へ進むには、[ユーザーのインポート] をクリックし、最後のダイアログ ボックスで [終了] をクリックします。

    ユーザーが既に Tableau Online サイトに存在し、インポート ファイルによりユーザーで異なるサイト ロールが定義されている場合、新しいサイト ロールの制限が現在のサイト ロールより厳しい場合でも、CSV ファイルの定義に従って新しいサイト ロールになります。これには既存のサイト管理者が含まれます。

ありがとうございます!