CSV インポート ファイルのガイドライン

ユーザー情報を格納したコンマ区切りの値 (CSV) ファイルを作成し、インポートすることによってユーザーの追加を自動化できます。CSV ファイルには、ライセンス レベルやパブリッシュ アクセスなど、インポートと同時にユーザーに適用する属性を含めることができます。

ユーザーをインポートするには、サイト管理ページ、または tabcmd ユーティリティを使用できます。tabcmd を使用すると、CSV ファイルに含まれるすべてのユーザーにサイト ロールを割り当てるオプションが提供されます。詳細については、ユーザーのインポートまたは createsiteusers filename.csv を参照してください。

CSV ファイル形式の要件

ユーザーのインポート用の CSV ファイルを作成する場合は、ファイルが必ず次の書式要件を満たすようにします。

  • ァイルには、列の見出しが含まれません。Tableau Onlineファイル内の各行を 1 人のユーザーと見なします。

  • ファイルは、UTF-8 形式であり、バイト オーダー マーク (BOM) が含まれています。

  • BIG-5 などのエンコードは UTF-8 に変換されています。この操作を行うには、テキスト エディターでファイルを開き、[名前を付けて保存] コマンドを使用します。

  • ユーザー名に "@" やそれを示す文字が含まれている場合 (ドメイン セパレーターを除く)、16 進形式で記号を参照する必要があります。\0x40

    たとえば、user@fremont@mycompany.comuser\0x40fremont@mycompany.com にする必要があります

CSV ファイルの必須の列

次の値は各ユーザーに必須です。

  • ユーザー名:ユーザーの電子メール アドレス

追加の CSV 列オプション

各ユーザーについて、CSV ファイルに次のフィールドを含めることができます。指定がある場合、Tableau Online はフィールドを使用しませんが、ファイル内で説明する必要があります。

  • ユーザー名。ユーザーの電子メール アドレス。この列のみが必須です。

  • パスワード。Tableau Online ではこのフィールドを使用しませんが、各行内で後続のフィールドが正しく配置されるように区切る必要があります。

  • 表示名。Tableau Online ではこのフィールドを使用しませんが、各行内で後続のフィールドが正しく配置されるように区切る必要があります。

  • ライセンス レベル。これは CreatorExplorerViewer (ビューアー)、またはライセンスなしである場合があります。

  • 管理者レベル。Site または None を使用できます。

  • パブリッシュ機能利用可能な値は Yes/True/1 または No/False/0 です。

CSV ファイル サンプル入力

以下の例は Explorer サイトロールを許諾されるが、サイト管理者ではなく、適切なコンテンツパーミッションを持っているプロジェクトに対してパブリッシュ可能なユーザーを示しています。

user1@domain.com,,,Explorer,None,true

管理者レベル列を変更することで、次のユーザーをサイト管理者 Explorer サイト ロールのあるサイト管理者としてインポートできます。

adminuser@domain.com,,,Explorer,Site,true

  • CSV ファイルにユーザー名の値 (メールアドレス) のみが含まれる場合 、そのユーザーはメールでサイトへの招待状を受け取ります。ユーザーはサイトを結合してアカウントを作成できますが、管理者がアカウント (表示名、ライセンス レベル、その他) を構成するまでアカウントはライセンスなしのままとなります。

  • パスワード (2 番目の値) および表示名 (3 番目の値) フィールドは、Tableau Online では使用されません。これらのフィールドに対して指定された値はすべて無視されます。

    ただし、ユーザーにライセンスやパブリッシュのアクセス権を設定したい場合は、前述の例に示されているように、ファイルにこれらのフィールド用の区切り文字を含める必要があります。

  • 新規ユーザーは、Tableau Online へ初めてサインインする際にパスワードと表示名を選択する必要があります。ユーザーが Tableau コミュニティー フォーラムなど、Tableau アカウントを既に持っている場合、既にパスワードを持っています。

  • CSV ファイルには、認証タイプ (Tableau、Google、または SAML) を設定するフィールドが含まれていません。これは、ファイルをインポートする際に Tableau Online で指定します。設定はすべてのインポートされたユーザーに適用され、個々のユーザーの認証タイプを変更できます。

    注: 代わりに、tabcmd を使用してユーザーをインポートし、すべてのユーザーに適用される認証タイプおよびサイト ロールを csv ファイル で設定できます。詳細については、「createsiteusers filename.csv」を参照してください。

CSV 設定とサイト ロール

ユーザーのライセンスレベル、管理者、およびパブリッシュ設定が、ユーザーのサイトロールがインポート プロセス中にどのように設定されるかを決定します。次の表は、設定がサイト ロールに変換される方法を示しています。

CSV の設定 サイト ロール

License level=(any)

Administrator=System

Publisher=true

サーバー管理者。この設定は Tableau Server のみに適用され、サーバー管理中にユーザーをインポートする (つまり、特定サイトにサインインしていない) 場合にのみ有効です。

License level=Creator or Explorer

Administrator=Site

Publisher=true

サイト管理者 Creator またはサイト管理者 Explorer。この設定は、特定のサイトへのサインイン中にユーザーをインポートする場合にのみ有効です。

License level=Creator

Administrator=None

Publisher=true

Creator

License level=Explorer

Administrator=None

Publisher=true

Explorer (パブリッシュ可能)

License level=Explorer

Administrator=None

Publisher=false

Explorer

License level=Viewer

Administrator=None

Publisher=false

Viewer (ビューアー)

License level=Unlicensed

Administrator=None

Publisher=false

ライセンスなし

ありがとうございます!