商品別の売上高と収益を数年にわたって確認できる、優れたビューを作りました。さらに、南部の商品売上高と収益性を調べた後、その地域のトレンドやパターンを探すことを決定します。

地理的データ (地域フィールドなど) には、マップ ビューを構築するオプションを使用できます。マップ ビューは、このような情報の表示や分析に優れています。外観も優れています。

この例では、Tableau は既に、"Country (国)"、"State (州)"、"市区町村" および "Postal Code (郵便番号)" フィールドに適切な地理的役割を割り当てています。これらの各フィールドに地理的データが含まれていると認識したためです。今すぐマップ ビューを作成して、作業に取り掛かることができます。

詳細: 地理的役割について紹介します

Tableau では、州や市区町村名などの一般的な地理的データを多く認識します。Tableau はこれらのデータ型を認識すると、自動的に適切な地理的役割を割り当てるため、それらは地理的フィールドになります。

[データ] ペインの地理的フィールドの隣には、地球儀アイコン 地理データ フィールドを識別する地球儀アイコン があります。フィールドに地理的役割が割り当てられている場合、[マーク] カードの [詳細] にフィールドを追加すると、Tableau が自動的にマップ ビューを作成するように検出します。詳細については、後で説明します。

Tableau がデータを地理的データとして認識しない場合、各関連フィールドに手動で地理的役割を割り当てることができます。

さまざまな地理的役割を選択できます。

  • 空港
  • 市外局番
  • CBSA/MSA
  • 市区町村
  • 下院議員選挙区
  • 国/地域
  • NUTS ヨーロッパ
  • 都道府県/州
  • 郵便番号

これを確認するには、以下の動画をご覧ください。

画像をクリックして再生する

マップ ビューの作成

新しいワークシートで最初から始めます。

  1. ワークスペース下部の [新しいワークシート] アイコンをクリックします。

  2. 新しいワークシート アイコンの強調表示

    Tableau では前のワークシートを保持し、新しいワークシートを作成します。そのため、作業内容を失わずにデータの探索を続けることができます。

  3. [データ] ペインで、"State (州)" をダブルクリックし、[マーク] カードの [詳細] に追加します。

  4. マップ ビューが表示されました。

    画像をクリックして再生する

    詳細: ダブルクリックして地理的フィールドを追加します

    フィールドをダブルクリックすると、それらをビューにすばやく追加できます。地理的フィールドをダブルクリックすると、それらは [マーク] カードの [詳細] に自動的に追加され、フィールドにリストされている各場所に対してマークの付いたマップ ビューが作成されます。

    Tableau は州名が地理的データであると既に認識しており、"州" ディメンションには "州" の地理的役割が割り当てられているため、Tableau はマップ ビューを自動的に作成します。

    データ ソースにある 48 の近接した州には、それぞれマークがあります。(データ ソースにはアラスカとハワイは含まれていないため、マッピングされません。)

    ビューに "Country (国)" フィールドも追加されました。これは、"Sample - Superstore (サンプル - スーパーストア)" の地理的フィールドが階層の一部であるために発生します。階層の各レベルは、詳細レベルとして追加されます。

    さらに、緯度および経度フィールドが [列] および [行] シェルフに追加されます。これらは X および Y フィールドのようなものです。データ内の場所にはそれぞれ緯度と経度の値が割り当てられているため、これらはマップ ビューを作成する際には常に重要です。Tableau によって緯度および経度フィールドが生成される場合があります。また、それらを手動でデータに含めなければならない場合もあります。これについての詳細を知るためのリソースは、ラーニング ライブラリで見つけることができます。

    これで、外観の良いマップで 48 の州に焦点を当てましたが、確認する必要があるのは南部で何が起こっているのか、ということです。

  5. "Region (地域)"[フィルター] シェルフにドラッグしてから、フィルターで "South (南部)" のみに絞り込みます。マップ ビューは "South (南部)" 地域にズームし、そこには各州 (合計 11) のマークがあります。

  6. 次に、この地域のデータの詳細を確認します。まず、他のフィールドを [マーク] カードにドラッグします。

  7. [マーク] カードの [色] "Sales (売上高)" メジャーをドラッグします。

    画像をクリックして再生する

  8. ビューが自動的に更新されて塗りつぶしマップに変わります。各州の色は、合計売上高に基づいています。製品の売上の調査をしているので、売上を米ドルで表示する必要があります。[列] シェルフの[SUM(売上)] フィールドをクリックして、[Format (書式設定)] を選択します。数値には、[通貨] を選択します。

    正の値 ("Sales (売上高)" など) を含む連続メジャーを [マーク] カードの [色] に追加すると、塗りつぶしマップは緑色になります。負の値には、オレンジ色が割り当てられます。

    マップを青色にすることが必要な場合もあります。緑を希望する場合や、データが青で表すべきでない場合 (山火事や交通渋滞など) もあります。非常にわかりにくくなります。

    カラー パレットは以前行ったように変更できます。

  9. [マーク] カードで [色] をクリックし、[色の編集] を選択します。

  10. この例では、どの州の売上高が多く、どの州の売上高が少ないかを確認します。

  11. [パレット] ボックスで [赤/緑分岐] を選択し、[OK] をクリックします。これにより、パフォーマンスが高い項目と低い項目をすばやく確認できます。

  12. ビューが更新されて、次のように表示されます。

    州の総売上高に基づいた赤/緑分岐のマップ

    お待ちください。すべてが赤色になりました。何が起こりましたか?

    データは正確であり、業績の低いものと高いものを技術的に比較することは可能ですが、本当にそれだけで良いのでしょうか。

    一部の州の売上が非常に低くなっているのでしょうか、それともフロリダではより多くの人が製品を購入しているのでしょうか? おそらく、州のうち小規模の店舗や店舗数が少ないところが赤色になっていることがわかります。または、緑色に表示されている州の人口密度が高く、購入する人が多い可能性もあります。

    いずれにしても、データが有用なストーリーを伝えているという確信が持てないため、上司にこのビューを見せることはできません。

  13. ツール バーで、[元に戻す] アイコン をクリックし、青のビューに戻します。

  14. まだ色の問題が残っています。すべてが素晴らしく見えます。そこが問題です。

    一見、"Florida (フロリダ)" の実績が最も良いようです。このマークをポイントすると売上高の合計が 89,474 ドルであることがわかります。一方、サウス カロライナでは売上高はたった 8,482 ドルです。ただし、南部のいずれかの州で利益を上げたところはありますか?

  15. この質問の答えが出るか確認するには、[マーク] カードの [色] "Profit (収益)" をドラッグします。

  16. 州の総利益に基づいた青/オレンジ分岐のマップ

    さらに良くなりました。利益には正の値と負の値の両方が含まれていることが多いため、Tableau はオレンジ/青分岐カラー パレットを自動的に選択して、利益が黒字の州と赤字の州をすばやく表示します。

"Tennessee (テネシー)"、"North Carolina (ノース カロライナ)"、"Florida (フロリダ)" の売上高は問題ないように見えますが、収益がマイナスであることは明らかです。でもなぜでしょうか? この回答は次のステップで得られます。

作業を確認します。動画「マップ ビューの作成」をご覧ください

画像をクリックして再生する

ステップ 5: ドリルダウンによる詳細表示に続きます。

ありがとうございます!