Tableau のユースケースとデータソース

初期ユースケースを把握するには、プロジェクトチームがまず『Tableau Blueprint プランナー』の「Tableau のデータと分析の調査」を使って、それぞれの部門/チームから情報を集め、関与しているビジネスチームに対して最もインパクトがあるデータソースを見出して最優先にします。その後、「ユースケースとデータソース」ワークシートに記入してください。Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュして認証するデータソースに優先度を付けるときは、クイックウィンを実現するために、複雑ではなくインパクトの高いものから始めましょう。データソースはパブリッシュして認証し、ビジネス上の質問に答えを出すワークブックを作成してください。新しいデータソースが見出された場合は、随時追加することができます。これが、初期ユースケースの後、導入が進むに従って新しいデータソースを追加していく繰り返し可能なプロセスとなります。

ユースケース

IT 部門が主導する従来のトップダウン型の BI アプローチから移行しようとしている場合や、管理されたセルフサービスへと責任を段階的に委任することを希望している場合、IT 部門や一元管理している BI チームは、認証済みデータソースやダッシュボードなどを含め、全部門にわたって初期ユースケースを作成するといいでしょう。

時とともに、分析スキルが向上しユーザーは自分の質問に自分で答えを出すよう促されていくと、利用可能な信頼できるコンテンツの範囲は自然に広がり、セルフサービスのための分析コンテンツが多彩になっていきます。

初期ユースケースからセルフサービスへ

 

初期ユースケースのアイデア

他にも Tableau は、コンテンツ作成を加速するために、一般的な事業部門アプリケーション向けの Dashboard Starters を用意しています。コンテンツ利用者は分析スキルを強化しながら、初期ユースケースを表示して操作することができます。コンテンツ利用者がトレーニングを終えた後は、初期ユースケースを出発点として新しいコンテンツを作成することもできます。部門別の一般的な初期ユースケースの例をいくつか挙げます。 

  • IT — ハードウェア/ソフトウェア資産目録、ヘルプデスクのコール数/解決時間、リソースの割り当て、セキュリティパッチの適用状況 
  • 財務 — 予算計画と支出、買掛金、出張費 
  • マーケティング — キャンペーンのエンゲージメント、Web エンゲージメント、リード 
  • 人事 — 離職率、欠員数、新入社員の定着状況、従業員満足度 
  • 営業 — 売上/売上目標の追跡、パイプラインのカバー状況、平均案件規模、成約/不成約率 
  • 設備運用 — 物理的な場所、コールセンターのコール数/ワークロードの分配、作業依頼数/解決時間 

 

業界や部門の他のソリューションについて詳しくは、「Tableau の使用事例」をご覧ください。

 

 

ありがとうございます!