分析戦略

組織は分析環境への投資で成功を収めるために、導入に対して明確なビジョンを持つ必要があります。  データドリブンな意思決定を推進するための短期的、長期的な目標を理解するには、組織全体の人々の意見が欠かせません。戦略では、人、プロセス、変革管理を取り上げる必要があり、これにはビジネスですぐに発生するユースケースの特定、役割と責任の定義、成功指標とインパクトを評価する頻度の設定が含まれます。

組織全体から集まった価値ある意見は、役割、責任、アーキテクチャ、プロセス、さらには進捗状況を理解するための成功指標など、分析の導入環境や未来像を形作るのに役立ちます。『Tableau Blueprint プランナー』を完成させると、データ利用に対するビジョンの策定、戦略的な取り組みと KPI の見極め、Tableau 利用によるビジネス目標の設定、リスクと課題の文書化が行われ、分析戦略で向かっている方向をより深く把握できるようになります。

発見のプロセス

発見のプロセスでは、役割と責任、エンタープライズアーキテクチャ、ビジネスチーム内のデータと分析の利用について、スポンサーや複数の関係者から情報と意見を収集するための、系統的なアプローチの概要が示されます。各セクションには、記入する責任を持つチームや役割が記載されています。発見のプロセスは、スポンサーや関係者から情報を収集し、分析に対する組織のビジョンを形作るために欠かせません。

Tableau Blueprint プランナー』には、Tableau を広く展開する前に答えを出しておくべき質問が記載されています。記入した答えは、Tableau Blueprint (データドリブンな組織を実現するためのガイドライン) にある、あらゆる段階とワークストリームのアクティビティを左右することになります。プランナーで取り上げられているのは次のカテゴリーです。

  • 分析戦略
  • 役割と責任
  • エンタープライズアーキテクチャの調査 (Tableau Server または Tableau Online)
  • データと分析の調査
  • ユースケースとデータソース
  • データとコンテンツのガバナンス
  • 教育の役割の割り当て
  • ユーザー
  • コミュニティ
  • アップグレードの計画とチェックリスト

拡張する場合は、データの新しいユースケースや、新しい部門とチームのユーザーを把握するために、プランナーで「Tableau のデータと分析の調査」、「Tableau のユースケースとデータソース」、「Tableau ユーザー」の各セクションを見直してください。

このセクションの他の記事

ありがとうございます!