1 対 1 のサポートとは、ユーザーが Tableau の知識を他のユーザーと共有し移転することを促すものです。これにより、ユーザーコミュニティは組織全体の知識を活用できるようになります。1 対 1 のサポートプログラムは、組織内での人材の育成と共有の奨励に役立ちます。1 対 1 のサポートプログラムで迅速に知識を共有し技術スキルを活用すると、ユーザー間でも、そしてユーザーの能力を高めるためのこのプログラムや Tableau 製品に対しても信頼が構築されます。また、関わりのあるトピックや例を使った社会的学習の場となるうえ、コラボレーション、全体への貢献、組織内の問題解決も促されます。1 対 1 のサポートを導入している組織では継続的な学習が促進されるほか、データカルチャーへの取り組みが見られ、中心的なプロジェクトチームへの依存度が抑えられ、IT 部門へのサポートチケットの数も減らせます。

このセクションでは、メンタリング、ディスカッションフォーラムとチャット、Tableau Data Doctor を取り上げます。

メンタリング

メンタリングとは、経験豊富な Tableau ユーザーが他のユーザーと知識を共有することです。チャンピオンは所属しているチームや部門のオンボーディングで中心的な役割を担い、新しい Tableau ユーザーのメンタリング、利用できるデータソースの紹介、気軽な声がけを通じてチームメンバーの分析スキルを伸ばします。「Tableau のユーザーエンゲージメントとユーザー利用の評価」のデータを使うと、チャンピオンは Server 管理者やサイト管理者と協力して、コンテンツの作成ユーザーと利用ユーザーの把握や、働きかけが必要と思われるユーザーの見極めを行うことができます。

Tableau のディスカッションフォーラムとチャット

ディスカッションフォーラムや、チャットによる他のコミュニケーション手段を活用すると、ユーザーにリアルタイムで情報を提供できるようになります。チャットのアーカイブは将来ユーザーが抱く疑問に答えを提供できるため、こうした手段はナレッジベースにもなります。Tableau のディスカッションフォーラム、チャットルーム、チャネル (Slack、Yammer、HipChat など) を立ち上げて、Tableau の全ユーザーに参加するよう呼びかけましょう。

Tableau Data Doctor

Tableau Data Doctor を活用すると、組織内の Tableau エキスパートが、Tableau の使い方で質問を抱えるユーザーやサポートが必要なユーザーに対応して、積極的な利用の促進と能力アップを図ることができます。Data Doctor 担当者は「症状」に耳を傾け、解決策を調査、検証することにより、他のユーザーに対して Tableau の使い方を教え、チャットチャネルやマンツーマンのライブセッションを通じて世界各地のユーザーに 1 対 1 や 1 対多のサポートを行います。あらゆる規模の Data Doctor プログラムに欠かせない存在であり、専任の担当者でもパートタイムのボランティアでもかまいません。

プログラム開始前の準備

Data Doctor プログラムを立ち上げる前に、以下の基盤を調えておくことをお勧めします。

スポンサー: 組織で Data Doctor を支えて広めるとともに有志募集の支援を行う、強力な支持者になってくれるスポンサーを見つけます。スポンサーの支援を得ると、テクノロジーへの投資を行いたい場合も有志への見返りのためのインセンティブを確保したい場合も、予算の承認が得やすくなります。

スポンサーまたは経営陣と連携して、従業員が抱える Tableau の技術的な質問に回答するのに、Data Doctor が組織にとって適切な解決策であることを確認しましょう。またイネーブルメントプログラムが、組織のビジネス上のニーズ、目標、指標と合致していることも確認してください。たとえば、組織の数多くの個人が Tableau を利用できるにもかかわらず実際には利用していない場合や、行き詰まったときにユーザーがたいていストレスを感じる場合、データドリブンな以下のような目標をビジネスケースで取り上げる必要があります。

  • Data Doctor プログラムを活用して、組織内の Tableau 利用率を 10% 向上させる
  • 組織内の専門知識を利用して、Tableau 製品に関係する IT サポートチケットの数を 15% 減らす

Tableau Day やランチ勉強会など、社内の Tableau アクティビティにスポンサーを招待して、現場担当者全員の活動や取り組みに対し、見返りを与え、感謝し、評価してもらいましょう。

教育: 組織内のデータコミュニティは、ユーザーが可能性を最大限に引き出し、Tableau に関する基本的な「ハウツー」の質問をしなくても済むようにするために、Tableau のスキルと知識を身につける必要があります。組織のトレーニングとスキル向上の方法について詳しくは、「Tableau の教育」と「Tableau 教育計画の策定」をご覧ください。

組織ですでにイネーブルメント計画が導入されている場合、個々のチームで行われる質問に回答している可能性があるあらゆる個人に、再度協力を仰ぐ必要があるかもしれません。Tableau 製品に関するすべての質問は単一のプラットフォーム (チャット、オフィスアワー、予約) で行うべきであり、行っていないチームメンバーは、個々のあらゆる質問を適切なプラットフォーム/チャネルで行うように教育する必要があります。

また、Tableau に関する質問を単一のチャネルに集約すると、特定の Data Doctor 担当者への依存を減らし、効果的に知識共有を行えるようにもなります。どのような段階であってもプログラムは定期的に評価して、変更、改善、規模拡大の機会を見出しましょう。

人材発掘: Tableau に関する技術的な質問に回答するために、少なくとも 1 人の Tableau エキスパートを指名または雇用する必要があります。その役割、資格、かける必要がある時間、具体的な業務の目標で何が求められるかを適切に設定してください。

たとえば、Data Doctor 担当者が Tableau Desktop Certified Associate 認定資格をすでに持っており、週に 2 時間の担当を申し出るかもしれません。担当者の成功を追跡するには、ライセンス使用状況と作成された IT サポートチケットの数の変化を前月と比較して分析します。

Data Doctor のメリット

組織に Data Doctor プログラムを導入すると、さまざまなメリットを得られます。

1 対 1 の問題解決: Tableau チャンピオンやエキスパートの専門知識を活用し、チャット、オフィスアワー、予約、実習/クリニックを通じてユーザーを支援します。

知識格差やスキル格差の把握: チーム、部門、組織でスキル評価テストを行って、組織内の問題点、トレーニング、知識格差を評価し、それに対処します。

データカルチャーの育成: 組織のユーザーが自身のデータを維持、管理し、見て理解することができるのがデータカルチャーであり、Data Doctor はそのデータカルチャーを支えます。

IT サポートチケット数の削減: 自己解決能力を高め、IT リソースに依存するのではなく組織内の Tableau ユーザーが他のユーザーを支援できるようになります。

Data Doctor ツールキットの概要

Data Doctor ツールキットには、独自の Data Doctor プログラムを企画、運営するためのリソースがまとめられています。 以下のオプションについて、具体的な情報が得られます。

オプション 説明 主な特徴
チャットチャネル 組織内の Tableau ユーザーが交流、質問するための場として、チャットチャネルを設けます。チャットチャネルの全参加者は、エキスパートでもビギナーでも他の参加者と助け合うことができます。
  • 少ない労力で済む
  • メンテナンスが少なくて済む
  • 最低限 1 人の Data Doctor 担当者が必要
オフィスアワーと予約 組織内の Tableau コミュニティで Tableau 製品の利用を増やし、作成される IT サポートチケットの数を減らし、1 対 1 の交流でつながるように働きかけます。
  • 中程度の労力
  • 毎週のメンテナンス
  • 最低限 2 人の Data Doctor 担当者が必要
独自の取り組み 年に数回実施して、意識を高め、関心を生み出し、組織内の Tableau ユーザーコミュニティと交流します。
  • 多くの労力が必要
  • 計画と実施に時間をかける必要あり
  • 最低限 10 人の Data Doctor 担当者が必要
ありがとうございます!