Tableau の教育

分析によるインサイトが持つ可能性を最大限に引き出せる人は、データを使って大きな成果を出すことができます。しかし、Tableau のようなプラットフォームを導入し、データにアクセスできるだけでは不十分です。組織は、従業員がツールを自由かつ効果的に利用できるようにしなければなりません。また、企業はアカウンタビリティのシステムを導入して、テクノロジーが普及し利用されている状態を確保する必要もあります。

スキルや背景が非常に多様な従業員をうまくトレーニングして能力を高められる、誰にでも合う万能のモデルというものはありません。組織には、Tableau 導入環境のあらゆる側面をサポートするユーザーをトレーニングして能力を高めるための、スケーラブルで周到な計画が必要です。そのような計画がなければ、規模にかかわらず分析プログラムは失敗する危険性があります。

データの重要性の認識から、提示や配布、複雑さに関するモダン分析の標準への対応まで、プロジェクトチームのメンバーは、部門やチームの全体で「分析の IQ」を高めるための教育計画を策定しなければなりません。Tableau 固有のスキルの他にも、ユーザーはデータ利用に関する会社固有のプロセスを理解し、データ関連スキルの習得に役立つテクノロジーに慣れる必要があります。

このトピックでは、Tableau でデータの価値を最大限に引き出すための、社内全体の人々に対する教育とイネーブルメントへの推奨アプローチを説明します。

このセクションの他の記事

ありがとうございます!