サーバー プロセスのトラブルシューティング

: この記事の情報は、Tableau Server ステータス ページについて言及しています。Tableau Server ステータス ページと TSM ステータス ページの詳細については、サーバー プロセス ステータスの表示を参照してください。

Tableau Server が正常に機能している場合、プロセスは [アクティブ]、[ビジー] または [パッシブ] (リポジトリ) として表示されます: 追加情報がある場合、ステータス アイコンの下にメッセージが表示されます。

可能性があるステータス インジケーター:

複数の [状態: ダウン] メッセージが表示される場合は、実行サービス アカウントのパスワードが期限切れでないことを確認します。 パスワードの有効期限が切れている場合は、Tableau Server でパスワードを更新する必要があります 実行サービス アカウントパスワードの更新を参照してください。 実行サービス アカウントに関連するパーミッションの変更により、複数のサービス エラーが発生する可能性もあります フォルダー パーミッションの検証を参照してください。

次のセクションでは、表示される可能性のあるステータス メッセージに対するトラブルシューティングの推奨事項を提供します。

クラスタ コントローラ

このメッセージは、2 ノードより多い場合にのみ表示されます。

ステータス:ダウンメッセージ: "ノードが低下しています"

次のうち 1 つ以上に当てはまります。

  • ノード上のリポジトリが停止しました。
  • ノードはクラスタ内の他の場所のフェールオーバーに応答できません。
  • Tableau Server が高可用性に設定されており、これがアクティブなリポジトリの場合、2 番目のリポジトリへのフェールオーバーが発生します。
  • このノード上のリポジトリまたはファイル ストアで利用可能なステータスがありません。

クラスタ コントローラが定期的または長時間にわたって停止しない限り、操作は必要ありません。

これが発生した場合、問題が解決するまで、次の操作を順に実行します。

  1. ディスク容量を確認する。ディスク空き容量が制限されている場合は、サポートが必要な場合に備えてログ ファイルを保存し (tsm maintenance ziplogs を使用)、不要なファイルを削除します。
  2. Tableau Server を再起動します。
  3. クラスタ コントローラが引き続きダウンしている場合、ログ ファイル (tsm maintenance ziplogs) を保存してからサポートに連絡します。

ファイル ストア

ファイル ストアのステータスは、ページが読み込まれているファイル ストアの状態のみを反映します。

メッセージなしのアクティブ ステータス () は、ページが読み込まれたときに抽出が同期されなかったことを示します。反復して "catch-all" ジョブが実行し、抽出を同期している可能性があります。

ステータス: ビジーメッセージ: "同期中"

"同期中" は通常、ページが読み込まれたときにファイル ストア ノード全体で抽出が同期されていたことを示します。

ただし、"同期中" メッセージは、次のインストール (シングルノードとマルチノードの両方) でも返されます。Tableau の初期化後、ステータスは 15 分または 20 分以内に消えます。

ステータス: ダウン"データ抽出は使用できません"

シングルノード インストールの場合: "データ抽出は使用できません" は、既存の抽出を利用可能な場合がありますが、パブリッシュ/更新に失敗することを示します。マルチノード インストールの場合、このメッセージはこのノードで抽出の同期が失敗することを示します。

ファイル ストアが定期的または長時間にわたって停止しない限り、操作は必要ありません。

これが発生した場合、問題が解決するまで、次の操作を順に実行します。

  1. ディスク容量を確認する。ディスク空き容量が制限されている場合は、サポートが必要な場合に備えてログ ファイルを保存し (tsm maintenance ziplogs を使用)、不要なファイルを削除します。
  2. Tableau Server を再起動します。
  3. クラスタ コントローラが引き続きダウンしている場合、ログ ファイル (tsm maintenance ziplogs) を保存してからサポートに連絡します。

ステータス: ビジー"コミッション解除"

このメッセージは、このファイル ストアが読み取り専用モードであり、このノードの 1 つ以上の一意のファイルが他のファイル ストア ノードへのレプリケートに失敗したことを示します。

このノードを削除するには、ステータス メッセージが「削除準備完了」に変更されるまで待機します。

ステータス: アクティブ"削除準備完了"

このメッセージは、ファイル ストアが読み取り専用モードであることを示します。

クラスタを安全に停止 (tsm stop) してファイル ストア プロセスを削除するか、ノード全体を削除できます。

ステータス: アクティブ"コミッション解除失敗"

このメッセージは、ファイル ストアが読み取り専用モードであり、1 つ以上の一意のファイルが他のファイル ストア ノードへのレプリケートに失敗したことを示します。

コミッション解除の失敗を解決するには:

  1. tsm topology filestore decommission コマンドを再度実行します。
  2. 他のファイル ストア ノード上のディスク容量を確認します。別のファイル ストア ノードに、すべての抽出を保存するのに十分な容量がない場合、コミッションの解除に失敗します。
  3. 最初のノードと追加ノード上の tsm.log ファイルにエラーがないか確認します。
  4. Tableau Server を停止 (tsm stop) してから、tsm topology filestore decommission コマンドを再度実行します。
  5. ファイル ストア ノードをもう一度読み取り/書き込みモード (tsm topology filestore recommission) に戻し、ログを収集してからサポートに連絡します。
  6. サポートを使用: このファイル ストアから別のファイル ストア ノード上の同じディレクトリへ extracts ディレクトリをコピーしてマージします。

リポジトリ

ステータス: ビジーメッセージ: "設定中"

"設定中" メッセージは次のステータスの 1 つ以上を示します。

  • パッシブ リポジトリはアクティブなリポジトリと同期されます。
  • リポジトリはフェールオーバーに対応する準備が整っていません。
  • リポジトリはアクティブなリポジトリから 2 分を超えて遅れており、再度セットアップされている可能性があります (同期を待機するより短時間で完了する)。
  • フェールオーバーが発生し、アクティブであったリポジトリはクラスタに再結合されます。

リポジトリのステータス メッセージが「パッシブ" ではなくなるまで待機します。.

このメッセージが表示されない、または時間がかかりすぎる場合:

  1. ディスク容量を確認し、可能であれば空き容量を増やします。
  2. クラスタ コントローラのログにエラーがないことを確認します。
  3. ノードを再起動します。

ステータス: ビジーメッセージ: "同期中"

リポジトリは、フェールオーバー後などに同期されます。

ステータス: ダウンメッセージ: n/a

リポジトリがダウン ステータスを示し、メッセージがない場合、リポジトリは次のいずれかのステータスになります。

  • インストールが高可用性用に設定されている場合、リポジトリのフェールオーバーが発生します。
  • プロセスは、フェールオーバー後、更新されたデータベース接続構成で再起動します。
  • 別のアクティブなリポジトリを利用できない場合、Tableau Server が停止しています。

手順により問題が解決するまで、これらの操作を順に実行します。

  1. クラスタ コントローラが再起動を試みるのを数分間待機します。
  2. Tableau Server を再起動します (tsm restart)。
  3. ディスク容量を確認する。ディスク空き容量が制限されている場合は、サポートが必要な場合に備えてログ ファイルを保存し (tsm maintenance ziplogs を使用)、不要なファイルを削除します。
  4. Tableau Server を再起動します。
  5. リポジトリが引き続きダウンしている場合、ログ ファイル (tsm maintenance ziplogs) を保存してからサポートに連絡します。

ステータス: パッシブメッセージ: n/a

メッセージなしのパッシブ ステータスは、ノードが意図したとおりに動作しており、必要に応じてフェールオーバーの準備が整っていることを示します。

VizQL Server

ステータス: ライセンスなしメッセージ: n/a

VizQL Server プロセスのライセンスなしステータスの詳細については、ライセンスのないサーバー プロセスの処理 を参照してください。

ありがとうございます!