Tableau Server のバージョン 2022.3 以降では、新しい tsm コマンドを使用すると、Tableau Server 展開の構成とトポロジのコピーを作成し、それを使用して元の展開の正確なレプリカを作成できます。コマンド tsm settings clone は、「クローン ペイロード」と呼ぶ一連のファイルを作成します。これには、設定、シークレット、構成、トポロジ (使用ポートを含む)、および外部サービスに関する情報が含まれます。

セキュリティに関する考慮事項

tsm settings clone コマンドで生成される「クローン ペイロード」と呼ぶ一連のファイルには、構成の際にサーバー管理者が提供したキーペアと証明書を含むキーストアなどの情報だけでなく、Tableau Server によって生成されたすべてのシークレットも含まれます。クローン ペイロードとその出力場所を安全に保つことは、セキュリティ上非常に重要です。これを容易にするために、以下が行われます。

  • 出力ディレクトリが存在しない場合、tsm settings clone コマンドを実行しているユーザーにアクセスが制限されたディレクトリが tsm によって作成されます。
  • コマンド実行時に出力ディレクトリが存在する場合、コマンドを実行しているユーザーがそのディレクトリを所有していること、およびアクセス許可がそのユーザーのみに制限されていることを tsm が確認します。ディレクトリに必要な権限がない場合は、次のメッセージが表示されます。

    The output directory '<path/to/directory>' exists, but must be restricted to owner only.

クローン ペイロードの制約

  • 複製される Tableau Server のバージョンは、作成されたバージョンと一致する必要があります。古いバージョンのクローン ペイロードを使用して、新しいバージョンのサーバーをインストールすることはできません。

clone コマンドを使用して Tableau Server のコピーを作成する

Tableau Server の複製を作成するプロセスは複数の手順からなりますが、基本的な手順は次の 2 つです。

  1. 複製する Tableau Server インストールからクローン ペイロードを作成します。
  2. クローン ペイロードを使用して、 Tableau Server のデプロイメントをもう一つインストールします。2 つのインストールは、トポロジを一致させ、元のデプロイメントと一致するようにノードを追加する必要があります。

クローン ペイロードを作成する

tsm settings clone コマンドを使用して、Tableau Server の構成とトポロジの設定を含む一連のファイル (クローン ペイロード) を生成します。このコマンドが取る引数は 1 つであり、一連のファイルを保存する出力ディレクトリです。

tsm settings clone --output-directory <output_directory>

作成したクローン ペイロードを使用すると、Tableau Server の新しいインスタンスを元のインストールと同じ構成とトポロジでインストールできます。

クローン ペイロードを使用して Tableau Server のコピーを作成する

Windows に Tableau Server をインストールする場合、サーバー管理者は次の手順を実行する必要があります。

  1. CLONE_ARTIFACT_DIR 環境変数がクローン ペイロードの場所を指すように設定します。
  2. Tableau Server セットアップ プログラムを管理者として実行します。

    トポロジに追加のノードが含まれている場合は、Tableau Server を初期化しないでください。Tableau Server を初期化するプロセスは、それらのノードを追加した後で実行する必要があります。

  3. オプション: ワーカー ノードを追加する

    TSM が初期化された後 (ただし、Tableau Server を初期化する前)、元のトポロジに複数のノードがある場合、管理者はノードを追加する必要があります。

    これは、新しいノードを追加するための標準プロセスに従って行う必要があります。つまり、bootstrap ファイルを生成し、bootstrap ファイルを提供するワーカー ノードで initialize-tsm スクリプトを実行します。

    詳細については、「追加のノードのインストールと構成」を参照してください。

  4. TSM Web インターフェイスまたはコマンド ライン インターフェイスを使用して Tableau Server を初期化します。

    tsm initialize

  5. すべてのノードで Tableau Server が初期化されるまで待ちます。

ありがとうございます!