「データの説明を見る」へのアクセスは、サイト ロールととコンテンツ パーミッションによって異なります。Tableau Desktop の作成者は、いつでも「データの説明を見る」を使用できます。適切なパーミッションを持つ作成者は、Tableau Online および Tableau Server の編集モードで「データの説明を見る」を実行できます。

また、作成者は、公開されたワークブックの表示モードで「データの説明を見る」を表示するかどうか、および「データの説明を見る」ペインにどの説明タイプを表示するかを制御できます。

「データの説明を見る」では、ビューに表示されていないデータソースのディメンションとメジャーから値を表示することもできます。作成者は、「データの説明を見る」を実行し、結果として表示される説明を確認して、公開されたワークブックに機密データが公開されていないことをチェックする必要があります。

「データの説明を見る」にアクセスできるユーザー

デフォルトでは、「データの説明を見る」はサイト レベルで有効になっています。サーバー管理者 (Tableau Server) とサイト管理者 (Tableau Online) は、サイトで「データの説明を見る」を使用できるかどうかを制御できます。詳細については、サイトに対する「データの説明を見る」の無効化または有効化を参照してください。

モード アクセスできるユーザー

表示モード

作成者が、公開されたワークブックの表示モードで「データの説明を見る」を使用できるようにすると、Tableau の ViewerExplorerCreator ([Run Explain Data (「データの説明を見る」を実行)] パーミッション機能を持つ) は、「データの説明を見る」の説明を表示モードで実行および探索できます。

編集モード

 

Tableau の Creator は、Tableau Desktop、Tableau Online、Tableau Server でビューを編集するときに「データの説明を見る」を実行できます。[Run Explain Data (「データの説明を見る」を実行)] パーミッション機能と編集権限を持つ Explorer は、Tableau Online または Tableau Server でワークブックを編集するときに「データの説明を見る」を実行できます。

Creator と 編集権限を持つ Explorer は、新しいワークシートを開いてさらに分析することができます。

また、「データの説明を見る」の設定を使用して、「データの説明を見る」を使用できるユーザーと表示内容を制御することもできます。

「データの説明を見る」を使用できるユーザーとユーザーが表示できる内容の制御

Tableau Online および Tableau Server の編集モードと表示モードで「データの説明を見る」を使用できるようにするには、設定の組み合わせを有効にする必要があります。

編集モード

作成者が編集モードで「データの説明を見る」を実行したり、「データの説明を見る」の設定を編集したりするための要件は次のとおりです。

  • サイト設定: [「データの説明を見る」の可用性][有効] に設定されている。デフォルトで有効に設定されています。
  • サイト ロール: Creator または Explorer (パブリッシュ可能)。
  • パーミッション: [Run Explain Data (「データの説明を見る」を実行)][許可] に設定されている。既定で許可されています。

注: Creator または Explorer (パブリッシュ可能) の [すべてのデータのダウンロード] 機能は、極値の説明の [フル データの表示] オプションを表示するかどうかを制御します。Viewer の場合、[すべてのデータのダウンロード] 機能が常に拒否されます。ただし、「データの説明を見る」の設定で極値の説明のタイプが有効になっている場合は、すべてのユーザーがレコードレベルの詳細を表示できます。

表示モード

すべてのユーザーが「データの説明を見る」を表示モードで実行するための要件は次のとおりです。

  • サイト設定: [「データの説明を見る」の可用性][有効] に設定されている。デフォルトで有効に設定されています。
  • サイト ロール: Creator、Explorer、または Viewer。
  • パーミッション: [Run Explain Data (「データの説明を見る」を実行)][許可] に設定されている。既定で許可されています。
  • ワークブック設定: [「データの説明を見る」の設定] ダイアログ ボックスで [オンラインで表示するときに、このワークブックで「データの説明を見る」を使用することを許可する] が選択されている。既定では許可されません。

重要: すべてのユーザー (Viewer サイト ロールを含む) が表示モードで「データの説明を見る」を実行できるようにするには、ワークブックの作成者が、[「データの説明を見る」の設定] ダイアログ ボックスで [オンラインで表示するときに、このワークブックで「データの説明を見る」を使用することを許可する] オプションを選択する必要があります。詳細については、公開されたワークブックとダッシュボードの表示モードで「データの説明を見る」を有効にするを参照してください。

編集権限と [Run Explain Data (「データの説明を見る」を実行)] パーミッション機能を持つ Creator と Explorer は、以下を制御するためのオプションを提供する [「データの説明を見る」の設定] にアクセスできます。

これらのオプションはワークブック全体に対する設定であり、[「データの説明を見る」の説明] ダイアログ ボックスでのみ設定できます。

「データの説明を見る」の説明のダイアログ ボックスを開く

  1. [データ] メニューから [データソース名] > [「データの説明を見る」の説明] を選択します。例:



    または、[データの説明を見る] ペインで、設定のアイコン (右下) をクリックします。


公開されたワークブックとダッシュボードの表示モードで「データの説明を見る」を有効にする

デフォルトでは、「データの説明を見る」は表示モードで使用できません。「データの説明を見る」を表示モードで使用できるようにするには、作成者は次のことを行う必要があります。

  1. [「データの説明を見る」の設定] ダイアログ ボックスで、[説明のタイプ] タブをクリックします。
  2. [オンラインで表示するときに、このワークブックで「データの説明を見る」を使用することを許可する] を選択します。



    「データの説明を見る」を表示モードで使用できないようにするには、このオプションをオフにしてデフォルト設定に戻します。編集権限と [Run Explain Data (「データの説明を見る」を実行)] パーミッション機能を持つ Creator と Explorer は、引き続き、ワークブックを編集するときに「データの説明を見る」を実行できます。

  3. [OK] をクリックします。

公開されたワークブックを保存して閉じ、ワークブックから表示モードでビューを開くことにより、設定をテストします。マークを選択して「データの説明を見る」を実行し、説明の結果を確認します。

「データの説明を見る」の表示に説明タイプを含めるか除外する

Creator と 編集権限を持つ Explorer は、すべてのワークブック ユーザーに表示する説明タイプを、除外するか含めるか選択できます。

  1. [「データの説明を見る」の設定] ダイアログ ボックスで、[説明のタイプ] タブをクリックします。



  2. 説明タイプのリストで、説明タイプを選択またはクリアします。
  3. [OK] をクリックします。

公開されたワークブックを保存して閉じ、ワークブックから表示モードでビューを開くことにより、設定をテストします。通常、極値の説明があるマークを選択し、「データの説明を見る」を実行して説明の結果を確認します。

統計分析に使用するフィールドを含めるか除外する

Creator と 編集権限を持つ Explorer は、分析の対象とするフィールドを、除外するか含めるか選択できます。

  1. [データの説明を見る] ペイン (右下) で、設定のアイコンをクリックします。または、[分析フィールド ビュー][編集] ボタンをクリックします。



  2. [「データの説明を見る」の設定] ダイアログ ボックスで、[フィールド] タブをクリックします。
  3. [含める] の下のフィールドのリストで、ドロップダウン矢印をクリックして [自動] を選択し、そのワークブックで「データの説明を見る」が実行されるたびに適格なフィールドが含まれるようにします。

    分析に含めるには、フィールドの一意の値が 500 個未満である必要があります。



    特定のフィールドを明示的に除外するには、[含めない] を選択します。
    フィールドを考慮せずにデータの統計分析を実行するには、[含めるものがない]を選択します。
    デフォルト設定に戻すには、[リセット]を選択します。

  4. [OK] をクリックします。

公開されたワークブックを保存して設定をテストします。マークを選択して「データの説明を見る」を実行し、説明の結果を確認します。

ありがとうございます!