「データの説明を見る」によって、データに新しいウィンドウが提供されます。これを使用して、データを作成、検索、および分析する際に、Viz 内のマークについて調査して新しい点を見つけ、詳しく調べることができます。ビューの編集中にマークを選択して「データの説明を見る」を実行すると、統計モデルが構築され、選択したマークに関して可能性のある説明が提示されます。これには、現在のビューで使用されていないデータ ソースから関連の可能性があるデータが含まれます。

「データの説明を見る」の実行と説明の探索については、「データの説明を見る」を使い始めるを参照してください。

: このトピックでは、Tableau 2021.2 以降のバージョンで「データの説明を見る」がどのように機能するかについて説明します。以前のバージョンの Tableau を使用している場合は、「データの説明を見る」のヘルプのバージョン 2021.1 (新しいウィンドウでリンクが開く) でこのトピックをお読みください。

ユーザーがマップでマークを選択し、「データの説明を見る」を実行して、マーク値の説明を確認する短いビデオ クリップ。

マークを選択してから、ツールヒント メニューで「データの説明を見る」を選択します。[「データの説明を見る」] ペインが開き、考えられる説明が表示されます

さまざまなビューを構築するときに「データの説明を見る」を出発点として使用すると、データをさらに深く検索してより良い質問をするのに役立ちます。詳細については、「データの説明を見る」を使用して分析を強化する参照してください。「データの説明を見る」で使用するデータ ソースをより興味深くするための特性については、「データの説明を見る」を使用する場合の要件と考慮事項を参照してください。

「データの説明を見る」へのアクセス

デフォルトでは、「データの説明を見る」はサイト レベルで有効になっています。サーバー管理者 (Tableau Server) とサイト管理者 (Tableau Online) は、サイトで「データの説明を見る」を使用できるかどうかを制御できます。詳細については、サイトに対する「データの説明を見る」の無効化または有効化を参照してください。

ワークブックを編集でき、ワークブックの「データの説明を見る」の実行権限を持っている作成者は、編集モードで「データの説明を見る」を実行できます。

作成者は「データの説明を見る」の設定を使用して、パブリッシュされたワークブックで「データの説明を見る」を表示モードで表示するかどうか、および「データの説明を見る」ペインにどの説明タイプを表示するかを制御できます。

パブリッシュされたワークブックの作成者が「データの説明を見る」を有効にすると、「データの説明を見る」の実行権限を持っているすべてのユーザーがマーク上で「データの説明を見る」を表示モードで実行できます。

「データの説明を見る」、説明タイプ、およびフィールドへのアクセスの制御については、「データの説明を見る」へのアクセスの制御を参照してください。

「データの説明を見る」を使用して分析を強化する

「データの説明を見る」は、データ内の関係を明らかにし、説明するツールです。関係の原因やデータの解釈方法は教えてくれません。あなたこそがデータのエキスパートです。ドメインに関する知識や直感を持つことで、さまざまなビューを使用しながらさらに深く探索できる興味深い特性を決定することができます。関連情報については、「データの説明を見る」のしくみ および 「データの説明を見る」を使用する場合の要件と考慮事項 を参照してください。

「データの説明を見る」のしくみと、分析を強化するために「データの説明を見る」を使用する方法に関する詳細情報については、Tableau Conference のプレゼンテーションを参照してください。

ありがとうございます!