新しいワークブックを作成し、Web 上でビューを構築してデータを分析する前に、データに接続する必要があります。Tableau では、Tableau Desktop からパブリッシュされた Web 上のデータ ソースへの接続や、Tableau Online、Tableau Server、Tableau public からデータへの直接接続がサポートされています。

2019.3 以降、Tableau Catalog は、Tableau Server と Tableau Online に対する Data Management アドオンで使用できます。Tableau Catalog がお使いの環境で有効な場合は、[Explore (探索)] からデータに移動および接続するだけでなく、Tableau Catalog から、データベースやテーブルなどのさまざまなタイプのデータに移動して接続することもできます。Tableau Catalog についての詳細は、Tableau Server または Tableau Online ヘルプの「Tableau Catalog について」を参照してください。2021.4 以降、Data Management Add-on には、データへの中央アクセス ポイントである仮想接続が含まれています。詳細については、Tableau Server(新しいウィンドウでリンクが開く) または Tableau Online(新しいウィンドウでリンクが開く) ヘルプの「仮想接続とデータ ポリシーについて」を参照してください。

注: Tableau Server または Tableau Online で作成されるデータ接続はライブ接続のみです。Web 作成の抽出を使用する必要がある場合は、Tableau Desktop からデータ ソースをパブリッシュできます。Tableau Desktop からのパブリッシュについては、「データ ソースとワークブックのパブリッシュ」を参照してください。ただし、Tableau Public でのデータ接続は抽出のみであり、データ ソースをパブリッシュすることはできません。

[データに接続] ページを開く

Web では接続するデータにアクセスするのに [データに接続] ページを使用します。Tableau Server または Tableau Online にサインインした後、次の 2 つの方法でこのページを開くことができます。

  • [ホーム] > [新規作成] > [ワークブック]
  • [探索] > [新規作成] > [ワークブック]

Tableau Public を使用している場合は、作成者プロフィールからこのページを開くことができます。

  • [マイ プロフィール] > [Viz の作成]

[接続の種類] と [認証済み] でフィルターを適用するフィルター アイコンを選択します。

データ ソースへの接続に加えて、Data Management Add-on がある場合は、仮想接続を使用してデータに接続できます。Tableau Catalog を有効にすると、データベース、ファイル、およびテーブルにも接続できます。

  • データは、[データ ソース][仮想接続][データベースとファイル]、または [テーブル] から検索できます。
  • [コンテンツ タイプ] ドロップダウン メニューのオプションを表示する

  • [データベースとファイル] または [テーブル] を選択すると、データ品質警告 : [すべての資産]、[警告なし資産]、[警告付き資産] で資産をフィルター処理できます。


[データに接続] ページに表示されるタブは、使用している製品によって異なります。

Tableau Server では、[このサイト上]、[ファイル]、[コネクタ] のタブから選択してデータへの接続を行います。

[このサイト上] のデータへの接続

  1. [このサイト上] は、パブリッシュされたデータ ソースの参照や検索を行う場合に選択します。
  2. [名前] よりデータ ソースを選択し、[接続] ボタンをクリックします。

注: データ ソースへの接続に加えて、Data Management Add-on がある場合は、[このサイト上] を選択し、仮想接続を使用してデータに接続できます。Tableau Catalog を有効にすると、データベース、ファイル、およびテーブルにも接続できます。

ファイルへの接続

Tableau は、Excel、テキストベースのデータ ソース (.xlsx、.csv、.tsv)、およびブラウザーで直接 1 つのファイル (.kml、.geojson、.topojson、.json、.zip にパッケージ化された Esri シェープファイルおよび Esri File Geodatabases) のみを必要とする空間ファイル形式のアップロードをサポートしています。[データに接続] ウィンドウの [ファイル] タブで、ファイルをフィールドにドラッグ アンド ドロップして接続するか、[コンピューターからアップロード] をクリックします。

コネクタの使用

[コネクタ] タブより、クラウド データベースやエンタープライズのサーバーに格納されているデータに接続できます。作成する各データ接続に接続情報を入力する必要があります。たとえば、ほとんどのデータ接続では、サーバー名とサインイン情報を提供する必要があります。

「サポートされるコネクタ」には、Tableau をこれらの各コネクタ タイプに接続してデータ ソースを設定する方法についての情報が記載されています。[コネクタ] タブに必要なコネクタが表示されない場合、Tableau Desktop からデータに接続し、Web 作成用に Tableau Online や Tableau Server にデータ ソースをパブリッシュできます。Tableau Desktop で「データ ソースをパブリッシュする」方法の詳細をご覧ください。

Tableau でデータへの接続に成功すると [データ ソース] ページが開かれ、分析用データの準備を行ったり、ビューの構築を開始できます。詳細については、「Creators: Web 上のデータの準備」を参照してください。

Tableau Server コネクタ

Actian Matrix*

Alibaba AnalyticDB for MySQL‡

Alibaba Data Lake Analytics‡

Alibaba MaxCompute‡

Amazon Athena‡

Amazon Aurora for MySQL‡

Amazon Redshift‡

Apache Drill

Aster Database*

Box

Cloudera Hadoop

Databricks

Denodo‡

Dropbox

Exasol‡

Google BigQuery**‡

Google Cloud SQL‡

Google Drive

Impala‡

Kognito*

Kyvos

Hortonworks Hadoop Hive

IBM BigInsights

IBM DB2

IBM PDA (Netezza)*

MapR Hadoop Hive

MariaDB‡

MarkLogic*

Microsoft Azure SQL データベース‡

Microsoft Azure Synapse Analytics‡

Microsoft SQL Server‡

MonetDB*

MongoDB BI Connector‡

MySQL‡

OData

OneDrive

Oracle‡

Pivotal Greenplum Database‡

PostgreSQL‡

Progress OpenEdge*

Presto‡

Qubole Presto

SAP HANA (仮想接続のみ)‡

SAP Sybase ASE*

SAP Sybase IQ*

Salesforce

SharePoint リスト

SingleStore (旧 MemSQL)‡

Snowflake‡

Spark SQL

Teradata***‡

Vertica‡

* Linux サーバーでは利用できません。

**Google BigQuery では、Web からデータ ソースを作成するときに OAuth が必要です。サーバー管理者が Google 用に OAuth を設定する(新しいウィンドウでリンクが開く)方法の詳細をご覧ください。

Teradata Web 作成では、現在クエリ バンディング機能はサポートされていません。詳細については、「Teradata」を参照してください。

‡Data Management Add-On がある場合は、仮想接続がサポートされます。詳細については、Tableau Server ヘルプの「仮想接続とデータ ポリシーについて(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

Tableau Catalog サポートされるコネクタ

Tableau Catalog は、Tableau Server がサポートする一部のデータ コネクタとの接続をサポートしています。データ ソース、データベース、ファイル、または表がグレー表示されている場合は、Tableau Server から接続することができません。ただし、適切なパーミッションがある場合は、Tableau Desktop の [接続] ペインから接続することができます。

Tableau Online では、[このサイト上]、[ファイル]、[コネクタ]、[ダッシュボード スターター] のタブから選択してデータへの接続を行います。

[このサイト上] のデータへの接続

  1. [このサイト上] は、パブリッシュされたデータ ソースの参照や検索を行う場合に選択します。
  2. [名前] よりデータ ソースを選択し、[接続] ボタンをクリックします。

注: データ ソースへの接続に加えて、Data Management Add-on がある場合は、[このサイト上] を選択し、仮想接続を使用してデータに接続できます。Tableau Catalog を有効にすると、データベース、ファイル、およびテーブルにも接続できます。

ファイルへの接続

Tableau はブラウザーからの Excel またはテキストベースのデータ ソース (.xlsx、.csv、.tsv) の直接アップロードをサポートしています。[データに接続] ウィンドウの [ファイル] タブで、Excel またはテキスト ファイルをフィールドにドラッグ アンド ドロップして接続するか、[コンピューターからアップロード] をクリックします。

コネクタの使用

[コネクタ] タブより、クラウド データベースやエンタープライズのサーバーに格納されているデータに接続できます。作成する各データ接続に接続情報を入力する必要があります。たとえば、ほとんどのデータ接続では、サーバー名とサインイン情報を提供する必要があります。

「サポートされるコネクタ」には、コネクタを使用してデータを Tableau に接続する方法についての情報が記載されています。[コネクタ] タブに必要なコネクタが表示されない場合、Tableau Desktop からデータに接続し、Web 作成用に Tableau Online や Tableau Server にデータ ソースをパブリッシュできます。Tableau Desktop で「データ ソースをパブリッシュする」方法の詳細をご覧ください。

: Tableau Online のデータに接続できない場合、データベースが公にアクセス可能かどうかを確認してください。Tableau Online はパブリック インターネットからアクセス可能なデータにのみ接続できます。データがプライベート ネットワークの背後にある場合、Tableau Bridge を使用して接続可能です。詳細については、「パブリッシャー: Tableau Bridge を使用して Tableau Online のデータを最新の状態に維持する」を参照してください。

Tableau Online コネクタ

Alibaba AnalyticsDB for MySQL‡

Alibaba Data Lake Analytics‡

Amazon Athena‡

Amazon Aurora for MySQL‡

Amazon EMR Hadoop Hive

Amazon Redshift‡

Box

Cloudera Hadoop

Databricks

Denodo‡

Dropbox*

Exasol‡

Google BigQuery*‡

Google Cloud SQL‡

Google Drive

Hortonworks Hadoop Hive

Impala‡

MapR Hadoop Hive

Microsoft Azure SQL データベース‡

Microsoft Azure Synapse Analytics‡

Microsoft SQL Server‡

MongoDB BI Connector‡

MySQL‡

OData

OneDrive*

Oracle‡

PostgreSQL‡

Presto‡

SAP HANA (仮想接続のみ)‡

SharePoint リスト

SingleStore (旧 MemSQL)‡

Snowflake‡

Spark SQL

Teradata**‡

Vertica‡

*Tableau Online で Google BigQuery、OneDrive、Dropbox 接続に OAuth 2.0 標準を使用する方法の詳細については、「OAuth 接続」を参照してください。

**Teradata Web 作成では、現在クエリ バンディング機能はサポートされていません。詳細については、「Teradata」を参照してください。

‡Data Management Add-On がある場合は、仮想接続がサポートされます。詳細については、Tableau Online ヘルプの「仮想接続とデータ ポリシーについて(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

Tableau Catalog サポートされるコネクタ

Tableau Catalog は、Tableau Online がサポートする一部のデータ コネクタとの接続をサポートしています。データ ソース、データベース、ファイル、または表がグレー表示されている場合は、Tableau Online から接続することができません。ただし、適切なパーミッションがある場合は、Tableau Desktop の [接続] ペインから接続することができます。

ダッシュボード スターターを使用する

Tableau Online で [ダッシュボード スターター] を使用して LinkedIn Sales Navigator、Oracle Eloqua、Salesforce、ServiceNow ITSM、QuickBooks Online のデータを作成および分析することができます。[ダッシュボード スターター] タブの事前作成されたデザインのリストよりオプションを選択し、[ダッシュボードを使用] をクリックします。詳細については、「クラウドベースのデータ ソースのダッシュボード スターター」を参照してください。

Tableau Public では、サポートされているファイルをアップロードしてデータに接続できます。

ファイルへの接続

Tableau はブラウザーからの Excel またはテキストベースのデータ ソース (.xlsx、.csv、.tsv) の直接アップロードをサポートしています。[データに接続] ウィンドウの [ファイル] タブで、Excel またはテキスト ファイルをフィールドにドラッグ アンド ドロップして接続するか、[コンピューターからアップロード] をクリックします。データセットがない場合は、Tableau Public Web サイトで、無料のサンプル データセットを確認してください。

コネクタの使用

[コネクタ] タブから、クラウド データベースに格納されているデータに接続できます。作成する各データ接続に接続情報を入力する必要があります。たとえば、ほとんどのデータ接続では、サインイン情報を入力する必要があります。

「サポートされるコネクタ」には、コネクタを使用してデータを Tableau に接続する方法についての情報が記載されています。[コネクタ] タブに必要なコネクタが表示されない場合は、Tableau Desktop からデータに接続し、抽出を作成できます。

: Tableau Public のデータに接続できない場合は、データベースが公にアクセス可能かどうかを確認してください。Tableau Public は、パブリック インターネットからアクセス可能なデータにのみ接続できます。

Tableau Public コネクタ

Google Drive

OData

接続後

Tableau でデータへの接続を行うと [データ ソース] ページが開かれ、分析用データの準備を行ったり、ビューの構築を開始できます。詳細については、「Creators: Web 上のデータの準備」を参照してください。

Web 作成でデータを最新に保つ

Tableau Online または Tableau Server のアップロード済みファイルを更新する: Web 作成用のファイル (Excel またはテキスト) を手動でアップロードする場合、Tableau ではそのファイルを自動的に更新できません。データを更新するには、[接続の編集] を選択して新しいバージョンのファイルをアップロードします。

Tableau Public で Vz に移動し、[更新の要求] をクリックします。Tableau Desktop Public Edition で [Keep this data in sync (このデータを同期)] を選択して、データを自動的に最新の状態に保つこともできます。

Tableau Online のファイルベースのパブリッシュ済みデータ ソースを更新する: ファイルベースのデータを使用するパブリッシュ済みのデータ ソース (Tableau Desktop よりパブリッシュ) が Tableau Online にある場合は、Tableau Bridge を使用して最新に保つことができます。詳細については、「Tableau Bridge を使用したデータの鮮度に関するオプションの拡張」を参照してください。

ありがとうございます!