Tableau Server の最小ハードウェア要件と推奨事項

次の最小ハードウェア要件は、物理ハードウェアおよび仮想マシン (VM) を含め、Tableau Server を実行中のすべてのコンピューターに適用されます。

  • テストやプロトタイピングの最小要件は、Tableau Server をインストールするために、コンピューターに装備されている必要がある最小限のハードウェアです。PC がこれらの要件を満たしていない場合は、セットアップ プログラムにより Tableau Server がインストールされません。これらの要件は、テストやプロトタイピングに適していますが、ほとんどの本番環境には適していません。

  • 本番環境の最小推奨事項は最小要件よりも高く、Tableau Server の本番環境のインストールに使用する最小ハードウェア構成を表します。コンピューターが最小要件を満たしているが推奨事項には満たない場合、セットアップ プログラムによって警告されますがインストールを継続できます。

さらに、データベースやアプリケーション サーバーなどノリソース集約的アプリケーションの実行する物理コンピューターや VM インスタンス上に Tableau Server をインストールすることはできません。

注: コンピューターが最小ハードウェア要件を満たしていながらコア数が 8 未満、システム メモリが 16 GB に満たないコンピューターに Tableau Server をインストールする場合、すべてのプロセスの既定数は設計により各プロセスの 1 つに減らされます。プロセスの詳細については、サーバー プロセスの制限を参照してください

テストやプロトタイピングの最小ハードウェア要件

Tableau Server をインストールまたはアップグレードするコンピューターは、最小ハードウェア要件を満たす必要があります。セットアップ プログラムにより、コンピューターが次の要件を満たしていないと判断された場合は、Tableau Server をインストールできません。

これらの最低要件は Tableau Server のプロトタイピングやテストに使用するコンピューターに最適です。これらは単一ノードのインストールと、分散型インストールの各コンピューターに適用されます。

最小ハードウェア要件

プロセッサ

CPU

RAM

空きディスク領域

注: これらの最小要件を本番環境で使用することは推奨されていません。本番環境の最小推奨事項については、最小ハードウェア推奨事項を参照してください。

  • 64 ビット
  • SSE4.2 および POPCNT 命令セットをサポートする必要があります
  • ARM ベースのプロセッサはサポートされていません

4 コア

16 GB

15 GB

  • 空きディスク容量は、Tableau Server セットアップ プログラムの解凍後に計算されます。セットアップ プログラムでは約 1 GB の容量を使用します。抽出を使用するかどうかなど、さまざまな要因に応じて、追加のディスク領域を割り当てる必要が生じる場合があります。

    Tableau Server の中核部分は、15 GB 以上の空きディスク領域があるディレクトリにインストールする必要があります。十分なスペースがないコンピューターに Tableau Server をインストールしようとすると、Tableau Server パッケージはインストールされますが、設定を続行することができません。既定のインストール場所は /opt ディレクトリです。RHEL ディストリビューションで Tableau Server のインストール パスを変更することができます。

    抽出を多用する場合は、追加のディスク領域の割り当てが必要になることがあります。インストール時にデータ (抽出) ストレージ用に異なるディレクトリを指定することができます。

  • コア数は "物理" コアに基づいています。物理コアは実際のサーバー ハードウェアまたは仮想マシン (VM) 上のコアを表す場合があります。コア数のカウントの目的でのハイパー スレッドは無視されます。

最小ハードウェア推奨事項

稼働環境において、Tableau Server をインストールまたはアップグレードするコンピューターは最小ハードウェア推奨事項を満たすか上回る必要があります。推奨事項は一般的なものです。Tableau Server インストールに必要な実際のシステム要件は、ユーザー数、抽出の数とサイズなど、多くの要因によって異なります。セットアップ プログラムにより、コンピューターが次の要件を満たしていないと判断された場合、警告が表示されますが、セットアップ プロセスは続行できます。ここに記載されている最小推奨事項は一般的なガイダンスとすることを目的としています。お使いの環境での推奨事項は異なる可能性があります。詳細については、「推奨されるベースライン構成」(Link opens in a new window)トピックの「ハードウェア推奨事項」(Link opens in a new window)セクションを参照してください。

インストールの種類

プロセッサ

CPU

RAM

空きディスク領域

シングル ノード

  • 64 ビット
  • SSE4.2 および POPCNT 命令セットをサポートする必要があります
  • ARM ベースのプロセッサはサポートされていません

8 コア、2.0 GHz 以上

32 GB

50 GB

Tableau Server インストールに Tableau Prep Conductor を追加する場合、2 番目のノードを追加し、これを Tableau Server Prep Conductor の実行専用にすることをお勧めします。このノードには最低 4 コア (8 vCPU)、RAM 16 GB が必要です。

マルチノードおよびエンタープライズ展開

技術的ガイダンスについては Tableau にお問い合わせください。

ノードは最小ハードウェア推奨事項を満たしているか、それを超える必要があります。ただし、次の場合は除きます。

  • バックグラウンダーを実行中のノード。4 コアは許容可能。

  • Tableau Prep Conductor の専用ノード: 最低 4 コア (8 vCPU)、RAM 16 GB。

重要:ディスク領域の要件は TSM を初期化するまでは確認できません。十分な領域がない場合、Tableau Server パッケージのインストールが終了するまでその旨を通知されません。

50 GB のディスク空き領域。少なくとも 15GB が /opt ディレクトリに割り当てられ、残りがデータ ストレージ用として /var ディレクトリに割り当てられます。

  • 空きディスク容量は、Tableau Server セットアップ プログラムの解凍後に計算されます。セットアップ プログラムでは約 1 GB の容量を使用します。抽出を使用するかどうかなど、さまざまな要因に応じて、追加のディスク領域を割り当てる必要が生じる場合があります。

    Tableau Server の中核部分は、15 GB 以上の空きディスク領域があるディレクトリにインストールする必要があります。十分なスペースがないコンピューターに Tableau Server をインストールしようとすると、Tableau Server パッケージはインストールされますが、設定を続行することができません。既定のインストール場所は /opt ディレクトリです。RHEL ディストリビューションで Tableau Server のインストール パスを変更することができます。

    抽出を頻繁に使用する予定がある場合は、追加のディスク領域を割り当てる必要が生じる可能性があります。インストール時に、データ (抽出) ストレージ用として異なるディレクトリを指定できます。

  • コア数は "物理" コアに基づいています。物理コアは実際のサーバー ハードウェアまたは仮想マシン (VM) 上のコアを表す場合があります。コア数のカウントの目的でのハイパー スレッドは無視されます。

  • 表示されている RAM はシングルノード インストールでの最小限の推奨です。たとえば、アクティビティ、ユーザー数、バックグラウンド ジョブによっては、RAM を増やすとインストールの機能が向上する場合があります。

ありがとうございます!