適切なフォントを選択することで、ビジュアライゼーションのレベルが「良い」から「素晴らしい」に変わります。フォントサイズ、配置、色、または方向を変更する場合でも、Tableau はテキストに合わせてカスタマイズした幅広いオプションを提供します。

このレベルで書式設定を変更した場合は、作業中のビューにのみ適用されます。ワークブックのビューのすべてのビューに適用される変更を行う方法ついては、「ワークブック レベルで書式設定」を参照してください。

ワークシート レベルの書式設定にアクセスするには、[書式設定] メニューを選択し、[フォント][枠線] など、書式設定するビューの部分を選択します。

フォントの書式設定

Tableau Server または Tableau Cloud で作業している場合、[書式設定] を選択し、書式設定する要素をメニューから選択します。個々のタイトルキャプション凡例フィルターとセットハイライターパラメーターなどの書式設定を選択できます。また、[書式設定] メニューの [Cear Worksheet Formatting (ワークシートの書式をクリアにする)] も使用できます。

Tableau Desktop で作業している場合は、[書式設定] > [フォント].を選択します。フォントの書式設定 コントロール ペインが開きます。このコントロール ペインで、ビューにあるテキストをカスタマイズできます。

ワークシート

フォントをワークシート レベルで編集すると、行った変更が、ヘッダーおよびツールヒント フィールドを除くすべてのテキストフィールドに適用されます。

:Tableau はワークシートの書式設定を新しい既定値として扱い、その他のフィールド(タイトル、ペイン、ヘッダーなど)への任意の変更はワークシートの書式設定を上書きします。

ペイン

ここでフォントを調整すると、Tableau がビジュアライゼーションの結果を表示するペイン ビューに影響を及ぼします。

ヘッダー

オプションを選択してビューのヘッダーのフォントを調整します。ヘッダーはビジュアライゼーションで使用sれるディメンションを表示します。

ツールヒント

ここのフォントを調整すると、ツールヒントのすべてのテキストに変更が適用されます。ツールヒントとはビューのマークにカーソルを合わせるとポップアップするフィールドのことです。ツールヒントのフィールドをさらに管理したい場合は、テキストをフォーマットを参照してください。

タイトル

書式設定オプションを選択してタイトルの外観を簡単に調整します。詳細については、テキストをフォーマット を参照してください。

合計ペイン

総計のフォントをペインレベルで調整すると、小計と総計両方が変更されます。合計の設定についての詳細は、ビジュアライゼーションでの合計の表示(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

合計ヘッダー

合計のフォントをヘッダーで調整すると、ビューでの 合計 および 総計 ラベルの外観が変更されます。

総計ペイン

このオプションを選択してビューの総計結果のフォントを調整します。

総計ヘッダー

このオプションを選択してビューの総計ラベルのフォントを調整します。

行および列のテキストの書式設定

行および列シェルフにディメンションがある場合、書式設定ペインの および タブからフォントを個別に書式設定できます。

ヘッダー、合計、総計の書式設定フォントのオプションは限られています。

テキストの配置の書式設定

Tableau はベスト プラクティスを使用してビュー内のテキストの配置を決定しますが、テキストの配置をカスタマイズすることもできます。たとえば、ヘッダー テキストの向きが縦 (上) ではなく横 (デフォルト) となるように変更できます。

テキストの配置を書式設定するには、書式設定 > 配置 を選択してテキストの配置ペインを開きます。


各テキスト エリアに対し、次の配置オプションを指定できます。

水平方向 - テキストを左揃え、右揃え、または中央揃えのいずれにするかを制御します。

垂直方向 - テキストを上詰め、中央揃え、または下詰めのいずれにするかを制御します。

方向 - テキストを回転させて、水平方向 (デフォルト)、上から下方向 (上)、または下から上方向 (下) に表示します。

ラップ - 長いヘッダーを次の行に折り返すか、省略するかを制御します。ビジュアライゼーションのテキストのマークは制御しません。

注: セルが、複数行のテキストを表示できるだけのサイズでない場合、ラップを有効にしても見た目は変わりません。このような場合は、両向き矢印が表示されるまでカーソルでセルをポイントし、クリックしてセルのサイズを下に広げるようにドラッグします。

Tableau は、改行の開始または終了を決定する際に地域標準に準拠します。

ツールヒントの書式設定

ツールヒントは、ビュー内の 1 つ以上のマークをポイントしたときに表示される詳細です。ツールヒントには、選択した項目のフィルターや削除、同じ値を持つマークの選択、参照元データの表示などを簡単に実行できる便利なツールも用意されています。静的テキストと動的テキストの両方を含めるようにツールヒントを編集できます。また、自動ツールヒントに含めるフィールドを変更することもできます。

ツールヒントを編集するには:

  1. [ワークシート] > [ツールヒント] を選択します。ツールヒントは、各シートに対して指定し、[ツールヒントの編集] ダイアログ ボックスの上部にあるツールを使用して書式設定できます。ダイアログ ボックスの上部にある [挿入] メニューを使用して、フィールド値、シート プロパティなどの動的テキストを追加します。

  2. [ツールヒントの編集] ダイアログ ボックスの上部にある書式設定ツールを使用します。

  3. (オプション) ダイアログ ボックスの上部にある [挿入] ドロップダウン リストを使用して、フィールド値、シート プロパティなどの動的テキストを追加します。

    [挿入] メニューの [すべてのフィールド] オプションは、ビューで使用されているすべてのフィールドの名前と値を追加します。[すべてのフィールド] パラメーターを挿入すると、ビューの変更に応じてツールヒントが更新されます。[すべてのフィールド] オプションを使用してフィールドを除外することもできます。

  4. (オプション) [コマンド ボタンを含める] オプションを選択し、ツールヒントでフィルター オプションおよびデータの表示オプションを表示します。たとえば、コマンド ボタンを含めると、ツールヒントの最下部に [選択したデータのみを保持][除外][データの表示] ボタンが追加されます。これらのコマンド ボタンは、Tableau Desktop、およびビューが Web にパブリッシュされた場合やモバイル デバイスに表示された場合に使用できます。

  5. (オプション) [カテゴリ別の選択を許可] チェック ボックスをオンにすると、ツールヒントで不連続フィールドをクリックすることによって、同じ値を持つビューにあるマークが選択されるようになります。詳細についてはツールヒントを参照してください。

ワークシート タイトル、キャプション、および凡例タイトルの編集

  1. 次のいずれかを実行します。

    • Tableau Server または Tableau Cloud で、変更する項目をダブルクリックします。

    • Tableau Desktop で、変更するアイテムを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[<item> の編集] (たとえば、[タイトルの編集]) を選択します。

    • ワークシートでタイトルをポイントして右側にあるドロップダウン矢印をクリックし、コンテキスト メニューから [タイトルの編集] または [キャプションの編集] を選択します。

  2. [編集] ダイアログ ボックスでテキストを変更し、フォント、サイズ、スタイル、色、および配置を書式設定します。[挿入] メニューを使用して、シート プロパティ、フィールド値などの動的テキストを追加します。[OK] をクリックします。

    タイトルを既定に戻すには、[リセット] をクリックします。

ありがとうございます!