Microsoft SQL Server

この記事では、Tableau を Microsoft SQL Server データベースに接続し、データ ソースを設定する方法について説明します。

注:Microsoft SQL Server Parallel Data Warehouse (PDW)、Microsoft Azure SQL Data Warehouse、または Microsoft Azure SQL Database に接続するには、Microsoft SQL Server コネクタを使用します。

はじめる前に

開始する前に、次の接続情報を収集します。

  • 接続するサーバーの名前

  • (オプション) 既定以外のポートに接続する場合はポート番号

  • (オプション) 含まれているデータベースに接続するには、データベース名

  • 認証方法: Windows 認証またはユーザー名とパスワード

  • SSL サーバーに接続している場合

  • コミットされていないデータを読み取れるようにデータベースの分離レベルを設定しますか。

  • (オプション) Tableau が接続するたびに初期 SQL ステートメントを実行する

必要なドライバー

このコネクターにはデータベースとやり取りするためのドライバーが必要です。お使いのコンピューターにはすでに必要なドライバーがインストールされています。ドライバーが PC にインストールされていない場合は、Tableau の接続ダイアログ ボックス内に「ドライバー ダウンロード」ページへのリンクを含むメッセージが表示されます。このページで、ドライバーのリンクとインストール手順を確認できます。

接続してデータ ソースを設定する

  1. Tableau を起動し、[接続] の下で [Microsoft SQL Server] を選択します。データ接続の完全なリストについては、[サーバーへ][詳細] を選択します。その後、次を実行します。

    1. 接続するサーバー名を入力します。

      既定以外のポートに接続するには、サーバー名を入力する際に <server name>, <port number> の形式を使用します。たとえば、ExampleServer, 8055

    2. (オプション) 含まれているデータベースに接続するには、データベース名を入力します。

    3. サーバーにサインインする方法を選択します。Windows 認証を使用するか、特定のユーザー名とパスワードを使用するかを指定します。サーバーがパスワードで保護されていて Kerberos 環境でない場合、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

      SSL サーバーに接続する場合は、[SSL が必須] チェック ボックスをオンにします。

    4. [コミットされていないデータの読み取り] を行うかどうかを指定します。このオプションによって、データベースの分離レベルが [コミットされていない読み取り] に設定されます。抽出更新など Tableau から長いクエリを実行すると、データベースがロックされ、トランザクションが遅延する場合があります。このオプションをオンにすると、他のトランザクションによって変更された行がコミットされていなくてもクエリで読み取ることができます。このオプションをオフにすると、Tableauによりデータベースで指定された既定の分離レベルが使用されます。

    5. (任意) ワークブックを開いたときや、抽出を更新、Tableau Server にサインイン、または Tableau Server にパブリッシュするときなど、毎回接続の始めに実行する初期 SQL コマンドを指定するには、[初期 SQL] を選択します。詳細については、初期 SQL の実行を参照してください。

    6. [サインイン] を選択します。

      Tableau が接続できない場合は、認証資格情報が正しいことを確認します。引き続き接続に失敗する場合は、コンピューターにおけるサーバーの検出に問題があります。ネットワーク管理者またはデータベース管理者に連絡してください。

  2. データ ソース ページで次の手順を行います。

    1. (任意) ページ上部にある既定のデータソース名を選択し、Tableau で使用する一意のデータソース名を入力します。たとえば、データの他のユーザーが、どのデータ ソースに接続するか推測するのに役立つ命名規則を使用します。

    2. [データベース] ドロップダウン リストからデータベースを選択するか、テキスト ボックスを使用して名前でデータベースを検索します。

    3. [表] で、表を選択するかテキスト ボックスを使用して、名前で表を検索します。

      データベース内のストアド プロシージャを指定することもできます。SQL Server データベース固有の制約の一覧など、ストアド プロシージャの詳細については、ストアド プロシージャの使用を参照してください。

      Tableau バージョン 2018.1 以降では、空間列に接続できます。詳細については、データベースの空間データへの接続を参照してください。

    4. キャンバスに表またはストアド プロシージャをドラッグし、シート タブを選択して分析を開始します。

      カスタム SQL を使用して、データ ソース全体ではなく、特定のクエリに接続します。詳細については、カスタム SQL クエリへの接続を参照してください。Tableau バージョン 2018.1 以降では、カスタム SQL を使用して、Microsoft SQL Server の空間列について高度な空間分析を行うことができます。詳細については、カスタム SQL および RAWSQL を使用した高度な空間分析の実行を参照してください。

注: Tableau Desktop では、Microsoft SQL Server の TIME データ型はサポートされていません。このデータ型のフィールドはインポートされておらず、Tableau Desktop に表示されません。ストアド プロシージャに含まれている場合、TIME データ型のフィールドは Tableau Desktop に表示されません。詳細については、ストアド プロシージャの使用を参照してください。

Microsoft SQL Server データ ソースの例

Microsoft SQL Server データ ソース (Windows コンピューターで Tableau Desktop を使用) の例を、次に示します。

Mac でのサインイン

Mac で Tableau Desktop を使用する場合、サーバー名を入力して接続するときに、mydb または mydb.test などの相対ドメイン名の代わりに mydb.test.ourdomain.lan などの完全修飾ドメイン名を使用します。

また、Mac コンピューターの [検索ドメイン] リストにドメインを追加し、接続する際には、サーバー名のみを提供する必要があります。[検索ドメイン] リストを更新するには、[システム環境設定] > [ネットワーク] > [詳細] に移動し、[DNS] タブを開きます。

「ワークシートを利用できません」エラー メッセージの解決

ワークブックを開くと、「ワークシートを利用できません」エラー メッセージが表示され、その後に [接続の編集] を選択すると、サインイン認証資格情報を提供するよう求められます。このエラーは、次の 2 つのうちいずれかの状況で表示されます。

  • ワークブック内で使用されているデータ接続へのアクセス権を持っていない場合。

  • 認証資格情報が無効な場合 (パスワードの期限が切れているなど)。

解決するには、サインイン認証資格情報が正しいことを確認します。その場合は、データ接続へのアクセスについて Tableau 管理者にお問い合わせください。

 

関連項目

データベースの空間データへの接続

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください