ダッシュボードの作成

1 つ以上のシートを作成すると、それらをダッシュボードで組み合わせて、インタラクティビティ追加などを行うことができます。

ヒント: すばやく開始して実行するには、「クラウドベース データ用のダッシュボード スターター」を参照してください。

ダッシュボードを作成し、シートの追加や置換を行う

ダッシュボードは、新しいワークシートとほぼ同じ方法で作成できます。

  1. ワークブックの下で、[新しいダッシュボード] アイコンをクリックします。

  2. 左側の [シート] リストから、右側のダッシュボードにビューをドラッグします。

  3. シートを置き換えるには、これを右側のダッシュボードで選択します。左側の [シート] リストで、置換用シートにカーソルを合わせ、[シートのスワップ] ボタンをクリックします。

    注: シートを置き換える際、Tableau はパディング、境界線、または背景色を保持します。ただし、コンテンツが大きく異なる場合は、シートのサイズの調整が必要になる場合があります。また、フィルターなど以前のシートに固有のダッシュボード アイテムを削除する必要がある場合もあり、これは空白になります。

双方向性の追加

双方向性をダッシュボードに追加すると、ユーザーのデータ インサイトを強化することができます。次の方法を試してみてください。

  • シートの上隅で [フィルターとして使用] オプションを有効にし、シート内で選択したマークをダッシュボード内の他のシートのフィルターとして使用します。

  • Tableau Desktop で作成する場合、アクションを追加して複数のシートをフィルターとして使用したり、あるシートから別のシートに移動したり、Web ページを表示したりすることができます。詳細については、「アクションとダッシュボード」を参照してください。

ダッシュボード オブジェクトの追加とオプション設定

シートだけでなく、魅力的で操作性を高めるダッシュボード オブジェクトを追加できます。各タイプのガイダンスは以下のとおりです。

  • 水平オブジェクトと垂直オブジェクトは、関連するオブジェクトを一緒にグループ化し、ユーザーの操作時にダッシュボードでサイズ変更を微調整できる、レイアウト コンテナを提供します。
  • テキスト オブジェクトでは、ヘッダー、説明、その他の情報を提供することができます。
  • 画像オブジェクトはダッシュボードに視覚的要素を加え、特定のターゲット URL にリンクすることもできます。Web ページ オブジェクトも画像に使用できますが、完全な Web ページの表示に適しています。画像オブジェクトは、画像特有の調整、リンク付け、代替テキストなどのオプションを提供します。
  • Web ページ オブジェクトはダッシュボードのコンテキストでターゲット ページを表示します。これらの Web セキュリティ オプションを確認するようにし、一部の Web ページは埋め込みを許可していないことに注意してください。Google がその一例です。

    注: セキュリティ上の理由から、Tableau 管理者が Web ページ オブジェクトと画像オブジェクトでターゲット URL を表示できないようにする場合があります。

  • 空白オブジェクトは、ダッシュボードの項目間の間隔調整に役立ちます。
  • ナビゲーション オブジェクトは、閲覧者があるダッシュボードから別のダッシュボードや他のシート、ストーリーに移動できるようにします。ユーザーに対してボタンのリンク先を示すテキストまたは画像を示したり、カスタムの境界線と背景色を指定したり、情報のヒントを表示したりできます。
  • ダウンロード オブジェクトは、閲覧者が PDF ファイル、PowerPoint スライド、ダッシュボード全体の PNG イメージ、または選択したシートのクロス集計をすばやく作成できるようにします。書式設定オプションは、ナビゲーション オブジェクトに似ています。

    注: クロス集計のダウンロードは、Tableau Online または Tableau Server にパブリッシュした後にのみ行うことができます。

  • 拡張機能 オブジェクトは、固有の機能をダッシュボードに追加したり、Tableau 以外のアプリケーションに統合したりできるようにします。
  • 「データに聞く」 オブジェクトは、作成者が営業、マーケティング、サポートスタッフなどの特定の対象者向けに最適化した特定のデータ ソース フィールドに対して、ユーザーが会話的なクエリを入力できるようにします。

オブジェクトの追加

左側の [オブジェクト] セクションから、右側のダッシュボードにアイテムをドラッグします。

オブジェクトのオプションの設定

オブジェクトをクリックして選択します。その後、上の隅にある矢印をクリックし、ショートカット メニューを開きます(メニュー オプションはオブジェクトによって異なります)。

画像オブジェクトの詳細オプション

画像オブジェクトを使用して、画像ファイルをダッシュボードに挿入するか、Web 上に掲載されている画像にリンクすることができます。いずれの場合も、クリックしたときに画像が開く URL を指定することにより、ダッシュボードに対話的な操作性を追加できます。

注: Web ベースの画像 URL には、セキュリティを向上させるために HTTPS プレフィックスが必要です。他のプレフィックスが付いた画像 URL の場合は、Web ページ オブジェクトを使用します。

  1. 左側の [オブジェクト] セクションから、右側のダッシュボードに画像オブジェクトをドラッグします。または、ダッシュボードの既存の画像オブジェクトで上隅のポップアップ メニューをクリックし、[画像の編集] を選択します。
  2. [画像ファイルの挿入] をクリックして画像ファイルをワークブックに埋め込むか、[画像にリンク] をクリックして Web ベースの画像にリンクします。

    次の場合は、Web ベースの画像へのリンクを検討してください。

    • 画像が非常に大きく、ダッシュボードの閲覧者はブラウザで画像を表示する (挿入された画像は、Web ベースの画像とは異なり、シートを開くたびにダウンロードする必要があるため、パフォーマンスが低下します)。
    • 画像はアニメーション GIF ファイルである (挿入された画像は、アニメーション GIF をサポートしていません)。
  3. 画像を挿入する場合は、[選択] をクリックしてファイルを選択します。画像にリンクする場合は、Web URL を入力します。
  4. 画像のフィッティング、URL リンク、代替テキストなどの残りのオプションを設定します。代替テキストを使用すると、アクセシビリティを向上させるための画面読み上げアプリケーションで画像を説明することもできます。

ナビゲーション オブジェクトおよびダウンロード オブジェクトの詳細オプション

ナビゲーション オブジェクトおよびダウンロード オブジェクトには、移動先またはファイル形式を視覚的に示すのに役立ついくつかの固有のオプションがあります。

ボタンのスタイルにテキストを使用しているナビゲーション ボタン

  1. オブジェクトの上隅でオブジェクト メニューをクリックし、[ボタンを編集] を選択します。

  2. 次のいずれかを実行します。
    • [移動先] メニューから、現在のダッシュボードの外側のシートを選択します。
    • [エクスポート先] メニューからファイル形式を選択します。
  3. [ボタンのスタイル] のイメージまたはテキストを選択し、表示するイメージまたはテキストを指定してから、関連する書式設定オプションを設定します。
  4. [Tooltip text (ツールヒント テキスト)] では、ビューアーがボタンにカーソルを合わせると表示される説明テキストを追加します。このテキストはオプションであり、通常はイメージ ボタンと共に使用するのが最適です(たとえば、ミニチュアの売上グラフを表示するナビゲーション ボタンの移動先を明確にするには、「Open Sales viz (売上の Viz)」と入力します。)

注: パブリッシュされたダッシュボードを表示すると、ボタンをクリックするだけで、移動やエクスポートができます。ただし、ダッシュボードを作成している場合は、Alt (Windows) または Option (macOS) を押しながらクリックする必要があります。

ボタンのクリックによるオブジェクトの表示と非表示

[表示/非表示] ボタンにより、ダッシュボードの閲覧者は、ダッシュボードのオブジェクトが必要なときにのみ表示されるように切り替えることができます。

非表示オブジェクトがレイアウトに与える影響

フローティング オブジェクトを非表示にすると、その下にあるオブジェクトが表示されます。[表示/非表示] ボタンを使用すると、フィルターのフローティング グループを一時的に非表示にして、多くの Viz を表示することができます。

タイル オブジェクトを非表示にすると、オブジェクトのレイアウト階層におけるレベルによって異なる結果が得られます。

  • 水平または垂直のレイアウト コンテナでは、非表示にしたオブジェクトのスペースは、コンテナ内の他のオブジェクトで埋めることができます。そのため、非表示にする予定のオブジェクトは、通常、水平または垂直のレイアウト コンテナに配置することをお勧めします。
  • 一方、レイアウト階層の最上部にあるタイル レイアウト コンテナでは、オブジェクトを非表示にすると空白のスペースが残ります。

表示/非表示ボタンの追加と構成

  1. ダッシュボードのオブジェクトを選択します。
  2. オブジェクトの上隅にあるポップアップ メニューから、[表示/非表示ボタンの追加] を選択します。

  3. ボタン メニューから [ボタンを編集] を選択します。

  4. 以下のオプションを設定します。
    • [表示/非表示にするダッシュボード項目] では、対象のオブジェクトを指定します。対象のオブジェクトを操作できる表示/非表示ボタンは一度に 1 つだけです。別の表示/非表示ボタンでコンテナを操作する場合は、[なし] を選択します。
    • [ボタンのスタイル] では、ボタンに画像とテキストのどちらを表示するかを指定します。
    • [ボタンの外観] では、項目が表示中および非表示のときにボタンがどのように表示されるかを指定します。[表示アイテム][非表示アイテム] をクリックして、各状態に対応する画像やテキストを選択します。
    • [ツールヒント テキスト] では、ボタンにカーソルを合わせたときに表示される説明テキストを指定します。たとえば、フィルター メニューのあるコンテナで、「フィルターの表示または非表示」などと入力できます。
  5. 必要に応じて、ボタンを別の場所にドラッグするか、レイアウトに合わせてサイズを変更します。

注: パブリッシュされたダッシュボードを表示している場合は、[表示/非表示] ボタンをクリックするだけでオブジェクトの表示が切り替わります。ただし、ダッシュボードを作成している場合は、Alt (Windows) または Option (macOS) を押しながらクリックする必要があります。

Web ページ オブジェクトのセキュリティ

ダッシュボードに Web ページ オブジェクトを含める場合は、次の手順を実行してセキュリティを最適化できます。

可能な場合は HTTPS プロトコルを使用します。

ベスト プラクティスとして、URL では HTTPS (https://) を使用します。これにより、ダッシュボードから Web ページへの接続が確実に暗号化されます。また、Tableau Server が HTTPS を実行中で、URL アクションで HTTP を使用した場合、ユーザーのブラウザーは URL アクションが提示する Web ページを表示できません。プロトコルを指定しない場合、HTTP が使用されます。

Web ページ オブジェクトのセキュリティ オプション (Tableau Desktop のみ)

[ヘルプ] > [設定とパフォーマンス] > [Set Dashboard Web View Security (ダッシュボード Web 表示セキュリティの設定)] を選択して、以下のオプションを設定します。(組織によっては、これらのオプションは Tableau 管理者によってすべてのマシンで制御されます)。

注: これらのセキュリティ オプションに加えた変更内容は、既存の Web ページ オブジェクトと新たに作成した Web ページ オブジェクトの両方に適用されます。

  • [JavaScript を有効にする] をオンにすると、Web ビューでの JavaScript サポートが許可されます。このオプションをオフにすると、JavaScript を必要とする一部の Web ページがダッシュボード内で正しく機能しなくなる可能性があります。
  • [プラグインを有効にする] をオンにすると、Adobe Flash や QuickTime プレーヤーなど、Web ページで使用するプラグインが有効になります。
  • [ポップアップをブロック] を選択すると、ポップアップがブロックされます。
  • [URL のホバーアクションを有効にする] をオンにすると、URL ポイント アクションが許可されます。詳細については、「URL アクション」を参照してください。
  • [Web ページ オブジェクトと Web 画像を有効にする] をオンにすると、Web ページ オブジェクトと画像オブジェクトにターゲット URL を表示できるようになります。このオプションの選択を解除すると、Web にリンクする Web ページ オブジェクトと画像オブジェクトはダッシュボードに残りますが、コンテンツは表示されません。
ありがとうございます!