折れ線グラフの作成

折れ線グラフは、データ ビュー内の個々のデータ ポイントを接続します。折れ線グラフは、一連の値を視覚化する簡単な方法であり、時間の経過に伴う傾向を把握する場合や、未来の値を予測する場合に役立ちます。線のマーク タイプの詳細については、線マークを参照してください。

: 線マーク タイプを使用するビューでは、[マーク] カード内の [パス] プロパティを使用して、線マークのタイプ (線形、ステップ、またはジャンプ) を変更したり、特定の描画順序を使用してマークを接続することでデータをエンコードしたりすることができます。詳細については、ビュー内のマークの表示を制限する「パスのプロパティ」を参照してください。

すべての年の売上高と収益のそれぞれの合計を表示し、その後、傾向を決定するために予測を使用するビューを作成するには、次の手順に従います。

  1. Sample - Superstore データ ソースに接続します。
  2. [列]"Order Date (発注日)" ディメンションをドラッグします。

    Tableau は年別に日付を集計し、列ヘッダーを作成します。

  3. [行]"Sales (売上高)" メジャーをドラッグします。

    Tableau は "Sales (売上高)" を合計として集計し、シンプルな折れ線グラフを表示します。

  4. [行]"Profit (収益)" メジャーをドラッグし、"Sales (売上高)" メジャーの右側にドロップします。

    "Sales (売上高)""Profit (収益)" の左余白に別々の軸が作成されます。

    2 つの軸のスケールが異なることがわかります。"Sales (売上高)" の軸は 0 ~ 700,000 ドルのスケールであるのに対し、"Profit (収益)" の軸は 0 ~ 100,000 ドルのスケールとなっています。これでは売上高の値が収益の値を超えることを確認するのが困難になる可能性があります。

    折れ線グラフに複数のメジャーを表示している場合、軸を調整またはマージして、ユーザーによる値の比較をより簡単にすることができます。

    軸の調整の詳細については、二重軸を使った 2 つのメジャーの比較を参照してください。

    複数メジャー間での 1 つの軸の強制については、複数のメジャーの軸を単一軸にブレンドしますを参照してください。

    これらのオプションのいずれかを使用すると、複合グラフを作成していずれかのメジャーのマーク タイプを変更できます。

    詳細については、複合グラフの作成(異なるマーク タイプをメジャーに追加)を参照してください。

  5. "SUM(Profit)" フィールドを [行] から "Sales (売上高)" 軸にドラッグして、ブレンドされた軸を作成します。2 本の淡緑色の並列棒は、マウスのボタンを放すと "Profit (収益)""Sales (売上高)" がブレンドされた軸を使用することを示しています。

    ビューが更新されて次のような表示になります。

    年間ベースで値の合計を見ているため、ビューはかなりまばらです。

  6. [列] シェルフの "Year(Order Date)" フィールドのドロップダウン矢印をクリックして、コンテンツ メニューの下部にある [月] を選択し、4 年間にわたる値の連続範囲の値を表示します。

    結果のビューは元のビューよりずっと詳細に表示されています。

    値が各年の終了間際にかなり高くなっていることがわかります。このようなパターンは季節性として知られています。ビューの予測機能をオンにする場合、季節的傾向が今後も明らかに続くことを予期する必要があるかどうかを確認できます。

  7. 予測を追加するには、[アナリティクス] ペインの [予測] モデルをビューまでドラッグし、[予測] にドロップします。

    この結果、Tableau の予測によると季節的傾向が将来も続くことがわかります。

作業を確認します。以下のステップ 1 ~ 7 をご覧ください。

注: Tableau 2020.2 以降では、[データ] ペインにラベルとして [ディメンション] と [メジャー] が表示されなくなりました。フィールドはテーブルやフォルダー別に一覧で表示されます。

ありがとうございます!