棒グラフの作成

カテゴリー間でデータを比較するには、棒グラフを使用してください。[行] シェルフにディメンションを、[列] シェルフにメジャーを配置するか、その逆を行うことによって、棒グラフを作成します。

棒グラフは、バー マーク タイプを使用します。以下に示す 2 つのフィールド構成のうちの 1 つにデータ ビューが一致した場合、Tableau はこのマーク タイプを選択します。これらのシェルフにフィールドを追加できます。

[バー] マーク タイプの詳細については、棒マークを参照してください。

: 手順の最後は、バーの最上部に合計を表示するための追加手順です。

縦棒の作成 横棒の作成

4 年間の売上高の合計を表示する棒グラフを作成するには、次の手順に従います。

ステップ 1:

"Sample - Superstore (サンプル - スーパーストア)" データ ソースに接続します。

注: Tableau 2020.2 以降では、[データ] ペインにラベルとして [ディメンション] と [メジャー] が表示されなくなりました。フィールドはテーブルやフォルダー別に一覧で表示されます。

ステップ 2:

[注文日] ディメンションを [列] にドラッグし、[売上高] メジャーを [行] にドラッグします。

データは年別に集計され、列ヘッダーが表示されることに注目してください。Sales (セールス)メジャーは合計として集計され、軸が作成され、列ヘッダーはビューの下部に移動します。日付ディメンションを追加したので、Tableau はマーク タイプにを使用します。

ステップ 3:

[マーク] カードで、ドロップダウン リストから [棒] を選択します。

ビューが棒グラフに変化します。

軸が垂直であるため、マーク (ここでは棒) は垂直になります。各マークの長さは、その年の売上高の合計を表します。サンプル データが時折変わるため、ここに表示される実際の数値が、見ている数値と一致しない場合があります。

ステップ 4:

[マーク] カードの [色][Ship Mode (出荷モード)] ディメンションをドラッグします。

ビューには、さまざまな出荷モードが一定の期間における総売上高に対してどのように貢献しているかが表示されます。比率は毎年一貫しているように見えます。

ステップ 5:

"Region (地域)" ディメンションを [行] にドラッグして、"Sales (売上高)" の左側にドロップし、地域ごとの売上高に対して複数の軸を作成します。

ステップ 6:

西部のデータのみ表示するには、他の地域を除外できます。これを行うには、データ ウィンドウの "Region (地域)" ディメンションを今度は [データ] ペインから [フィルター] シェルフに再びドラッグします。

ステップ 7:

[地域をフィルター] ダイアログ ボックスで、[中部][東部][南部] のチェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

このビューでは、たとえば西部で 4 年間のうちに出荷モードがどのように変化したかなど、データに関して深く理解することができます。

    作業を確認します。以下のステップ 1 ~ 10 をご覧ください。

    注: Tableau 2020.2 以降では、[データ] ペインにラベルとして [ディメンション] と [メジャー] が表示されなくなりました。フィールドはテーブルやフォルダー別に一覧で表示されます。

    残り 1 ステップ: スタック バーへ合計を追加する

    ツールバーの [マーク ラベルを表示] アイコンをクリックするだけで、グラフ内のバーの上部に合計を追加できます。ただし、バーが色やサイズによって分類されている場合は、バーの合計ではなく、各個別セグメントのラベルが表示されます。作成したばかりのビューのように棒グラフがさらに分割されていても、いくつかの手順を行うことで、各棒グラフの最上部に合計を追加できます。次の手順では、技術的にリファレンス ラインを追加します。ただし、その "ライン" を特定の方法で構成することにより、最終的に希望するラベルを表示できます。

    1. [アナリティクス] ペインから、[リファレンス ライン] をビューにドラッグし、[セル] にドロップします。

    2. [ライン、バンド、またはボックスの編集] ダイアログ ボックスで "SUM(Sales)" の集計を "Sum (合計)"[ラベル][値] に、[書式設定] の下の [ライン][なし] に設定します。

      次に、[OK] をクリックして [リファレンス ライン、リファレンス バンド、またはリファレンス ボックスの編集] ダイアログ ボックスを閉じます。

    ビューで、各バーの上部に通貨の合計が表示されるようになりました。

    ビューが正しく表示されるよう、調節が必要になる場合があります。棒が細すぎる場合は、数字が切り捨てられています。これを修正するには、キーボードで Ctrl + 右矢印を押して棒の幅を広くします。または、棒の上の合計を中央に配置する場合があります (既定では、左揃えになっています)。次を実行します。

    1. 棒グラフのいずれかの合計を右クリックし、[書式設定] を選択します。

    2. [書式設定] ウィンドウの [リファレンス ライン ラベル] エリアで、[配置] コントロールを開き、[水平方向] の配置で [中央] オプションを選択します。

    他のリソース

    「グループ バー チャートの作成」(新しいウィンドウでリンクが開く): 並列棒グラフとも呼ばれるグループ化された棒グラフの作成方法を説明するビデオが埋め込まれたナレッジ ベース記事

     

ありがとうございます!