複数行にわたる値の計算

: バージョン 2020.4.1 以降では、Tableau Server および Tableau Cloud でフローの作成と編集を行えるようになりました。このトピックの内容は、特に記載がない限り、すべてのプラットフォームに適用されます。Web 上でのフローの作成の詳細については、Tableau Server(新しいウィンドウでリンクが開く) および Tableau Cloud(新しいウィンドウでリンクが開く) ヘルプの「Web 上の Tableau Prep」を参照してください。

複数行の計算を使用すると、フロー内の複数行のデータ間で値を計算できます。Tableau の表計算と似ていますが、複数行の計算はフローの実行時にデータ セット全体に適用されます。他のタイプの計算を使用して結果をまとめることもできます。

Tableau では、表計算は Viz 内の値にのみ適用されます。結果を強化することはできますが、そのためには別の表計算を使用する必要があります。Tableau での表計算の使用に関する詳細については、Tableau ヘルプの「表計算での値の変換(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

データの準備中に表計算を実行すると、Tableau でデータを分析する際の柔軟性が高まります。ビューを構築するときに計算を簡単に再利用でき、基になる計算はフィルターの影響を受けません。クエリの実行後に表計算が再計算されないため、ワークブックへの大規模なデータ セットの読み込みが高速になります。

Tableau Prep は現在、次の複数行の計算をサポートしています。

  • [差]: 現在の行の値と別の値の差を計算します。
  • [差の割合]: 現在の行の値と別の値の差を割合として計算します。
  • [移動計算]: 柔軟な行セット内の数値フィールドの合計または平均を返します。
  • [フィルダウン計算]: 欠落しているデータを上の行から計算して埋めます。
  • [累積計算]: 列の値の累計または平均を計算します。

ビジュアル計算エディターを使用して計算を迅速に生成するか、計算エディターで独自のカスタム計算を記述します。

差の計算

Tableau Prep Builder バージョン 2023.2 以降、および Tableau Cloud の Web でサポートしています。この機能は、Tableau Server ではまだサポートされていません。

[差] 計算は、現在の値と、現在の行の N 行前/後の値との差を計算します。

ビジュアル計算エディター

リストからフィールドを選択すると、選択に応じて Tableau Prep が計算を作成します。新しいフィールドの結果のプレビューが左側のペインに表示され、ペインの右端で計算結果を確認できます。

  1. プロファイル カードまたは [結果] ペインで、[その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成] > [差] を選択します。

  2. [グループ化] セクションで、計算に使用する値が含まれたフィールドを選択します。これにより、計算を実行するときにテーブルが分割されます。テーブル内のすべての行に計算を適用するには、既定値 [Full table (フル テーブル)] を受け入れます。

    最初のフィールドを選択したら、プラス アイコンをクリックして、[グループ化] フィールドをパーティションに追加します。フィールドを順序変更または削除するには、右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択します。

  3. [並べ替え] セクションで、並べ替え順序として使用するフィールドを選択します。このフィールドを使用して、LOOKUP 関数がテーブル内の行を順序付けする方法を指定します。

    [計算フィールドの作成] > [差] メニュー オプションで選択したフィールドが日付または時刻のフィールドの場合、このフィールドは既定で追加されますが、変更することができます。

    プラス アイコンをクリックして、計算に [並べ替え] フィールドを追加します。並べ替えアイコン をクリックして、順序を昇順 (ASC) から降順 (DESC) に変更します。右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択し、フィールドを順序変更または削除することもできます。

  4. [次を使用して計算] セクションで、結果の計算に使用する値が含まれたフィールドを選択します。
  5. [差] セクションで、差の計算に使用する行を選択します。たとえば、[Previous Value (以前の値)]、[2] を選択すると、現在の値とその値の 2 行前の値の差が計算されます。注釈は、計算の実行に使用された行をハイライトします。

    既定では、計算プレビューには NULL 以外の最初の行が表示されます。ただし、結果テーブルの任意の行をクリックすると、選択した値の更新されたプレビューを表示できます。

    現在の設定で計算を実行できない場合、注釈 [Not enough values (値が不十分です)] が表示されます。この問題を解決するには、別の現在の値を選択するか、[差] セクションで設定を変更します。

  6. 左側のペインで、フィールド ヘッダーをダブルクリックし、計算の名前を入力します。
  7. [完了] をクリックして、新しい計算フィールドを追加します。[変更] ペインに、Tableau Prep によって生成された計算が表示されます。[編集] をクリックすると、ビジュアル計算エディターを開いて変更を加えることができます。

計算エディター

独自の計算を作成して、2 つの値の差を計算する場合は、計算エディターで LOOKUP 関数を使用します。

  1. [プロファイル] ペインのツールバーで [計算フィールドの作成] をクリックするか、プロファイル カードまたはデータ グリッドで [その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成][カスタム計算] の順に選択します。

  2. 計算エディターで式を入力します。たとえば、現在の売上と前日の売上の差を地域ごとに確認するには、次のような計算を作成します。

    {PARTITION [Region]:{ ORDERBY [Order Date]ASC:LOOKUP([Sales],0)}}
    -
    { PARTITION [Region]:{ ORDERBY [Order Date]ASC:LOOKUP([Sales],1)}}

  3. 計算の名前を入力し、[保存] をクリックします。

差の割合の計算

Tableau Prep Builder バージョン 2023.2 以降、および Tableau Cloud の Web でサポートしています。この機能は、Tableau Server ではまだサポートされていません。

[差の割合] 計算は、現在の値と、現在の行の N 行前/後の値との差を割合として計算します。例: Value1-Value2/Value2

ビジュアル計算エディター

リストからフィールドを選択すると、選択に応じて Tableau Prep が計算を作成します。新しいフィールドの結果のプレビューが左側のペインに表示され、ペインの右端で計算結果を確認できます。

  1. プロファイル カードまたは [結果] ペインで、[その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成] > [差の割合] を選択します。

  2. [グループ化] セクションで、計算に使用する値が含まれたフィールドを選択します。これにより、計算を実行するときにテーブルが分割されます。テーブル内のすべての行に計算を適用するには、既定値 [Full table (フル テーブル)] を受け入れます。

    最初のフィールドを選択したら、プラス アイコンをクリックして、[グループ化] フィールドをパーティションに追加します。フィールドを順序変更または削除するには、右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択します。

  3. [並べ替え] セクションで、並べ替え順序として使用するフィールドを選択します。このフィールドを使用して、LOOKUP 関数がテーブル内の行を順序付けする方法を指定します。

    [計算フィールドの作成] > [差の割合] メニュー オプションで選択したフィールドが日付または時刻のフィールドの場合、このフィールドは既定で追加されますが、変更することができます。

    プラス アイコンをクリックして、計算に [並べ替え] フィールドを追加します。並べ替えアイコン をクリックして、順序を昇順 (ASC) から降順 (DESC) に変更します。右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択し、フィールドを順序変更または削除することもできます。

  4. [次を使用して計算] セクションで、結果の計算に使用する値が含まれたフィールドを選択します。
  5. [差の割合] セクションで、結果の計算に使用する行を選択します。たとえば、[Previous Value (以前の値)]、[2] を選択すると、現在の値とその値の 2 行前の値の差の割合が計算されます。注釈は、計算の実行に使用された行をハイライトします。

    既定では、計算プレビューには NULL 以外の最初の行が表示されます。ただし、結果テーブルの任意の行をクリックすると、選択した値の更新されたプレビューを表示できます。

    現在の設定で計算を実行できない場合、注釈 [Not enough values (値が不十分です)] が表示されます。この問題を解決するには、別の現在の値を選択するか、[差の割合] セクションで設定を変更します。

  6. 左側のペインで、フィールド ヘッダーをダブルクリックし、計算の名前を入力します。
  7. [完了] をクリックして、新しい計算フィールドを追加します。[変更] ペインに、Tableau Prep によって生成された計算が表示されます。[編集] をクリックすると、ビジュアル計算エディターを開いて変更を加えることができます。

計算エディター

独自の計算を作成して、2 つの値の差の割合を計算する場合は、計算エディターで LOOKUP 関数を使用します。

  1. [プロファイル] ペインのツールバーで [計算フィールドの作成] をクリックするか、プロファイル カードまたはデータ グリッドで [その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成][カスタム計算] の順に選択します。

  2. 計算エディターで式を入力します。たとえば、現在の売上と前日の売上の差の割合を地域ごとに確認するには、次のような計算を作成します。

    { PARTITION [Region]:{ ORDERBY [Order Date]ASC:LOOKUP([Sales],0)}}
    -
    { PARTITION [Region]:{ ORDERBY [Order Date]ASC:LOOKUP([Sales],-1)}}
    /
    { PARTITION [Region]:{ ORDERBY [Order Date]ASC:LOOKUP([Sales],-1)}}

  3. 計算の名前を入力し、[保存] をクリックします。

移動平均または合計の計算

Tableau Prep Builder バージョン 2023.2 以降、および Tableau Cloud の Web でサポートしています。この機能は、Tableau Server でまだサポートされていません。

移動計算を作成すると、データの傾向をより深く理解して、全体的な変動を減らすことができます。Tableau Prep では、現在の値の前/後の指定した数の値にわたって移動平均または合計を計算できます。たとえば、地域ごとの売上の 3 か月間の移動平均を追跡します。

ビジュアル計算エディター

リストからフィールドを選択すると、選択に応じて Tableau Prep が計算を作成します。新しいフィールドの結果のプレビューが左側のペインに表示され、ペインの右端で計算結果を確認できます。

  1. プロファイル カードまたは [結果] ペインで、[その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成] > [移動計算] を選択します。

  2. [グループ化] セクションで、計算に使用する値が含まれたフィールドを選択します。これにより、計算を実行するときにテーブルが分割されます。テーブル内のすべての行に計算を適用するには、既定値 [Full table (フル テーブル)] を受け入れます。

    最初のフィールドを選択したら、プラス アイコンをクリックして、[グループ化] フィールドを計算に追加します。フィールドを順序変更または削除するには、右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択します。

  3. [並べ替え] セクションで、並べ替え順序として使用するフィールドを選択します。このフィールドを使用して、LOOKUP 関数がテーブル内の行を順序付けする方法を指定します。

    [計算フィールドの作成] > [移動計算] メニュー オプションで選択したフィールドが日付または時刻のフィールドの場合、このフィールドは既定で追加されますが、変更することができます。

    プラス アイコンをクリックして、計算に [並べ替え] フィールドを追加します。並べ替えアイコン をクリックして、順序を昇順 (ASC) から降順 (DESC) に変更します。右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択し、フィールドを順序変更または削除することもできます。

  4. [次を使用して計算] セクションで、結果の計算に使用する値が含まれたフィールドを選択します。
  5. [Results (結果)] セクションで、実行する集計 (合計または平均)、計算に含める行数、現在の行を含めるか除外するかを選択します。

    結果の設定を変更するには、[Values (値)] フィールドのドロップダウンをクリックします。たとえば、当月と過去 2 か月の売上の移動平均を計算するには、[前の値の数] を [2] に設定して、ダイアログを閉じます。

  6. 既定では、計算プレビューには NULL 以外の最初の行が表示されます。ただし、結果テーブルの任意の行をクリックすると、選択した値の更新されたプレビューを表示できます。注釈は、計算の実行に使用された行をハイライトします。

    現在の設定で計算を実行できない場合、注釈 [Not enough values (値が不十分です)] が表示されます。この問題を解決するには、[Values (値)] フィールドのドロップダウンをクリックして、[Results Settings (結果の設定)] の設定を変更します。

  7. 左側のペインで、フィールド ヘッダーをダブルクリックし、計算の名前を入力します。
  8. [完了] をクリックして、新しい計算フィールドを追加します。[変更] ペインに、Tableau Prep によって生成された計算が表示されます。[編集] をクリックすると、ビジュアル計算エディターを開いて変更を加えることができます。

計算エディター

独自の計算を作成して、移動平均または合計を計算する場合は、計算エディターで LOOKUP 関数を使用します。

  1. [プロファイル] ペインのツールバーで [計算フィールドの作成] をクリックするか、プロファイル カードまたはデータ グリッドで [その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成][カスタム計算] の順に選択します。

  2. 計算エディターで式を入力します。たとえば、地域ごとの売上の 3 か月間の移動平均を確認するには、次のような計算を作成します。

    : この例では、データ セットが正しい詳細レベル (月ごとに 1 行) であることを前提としています。データ セットが正しい詳細レベルでない場合は、計算を適用する前に、集計ステップを使用して詳細レベルを変更することを検討してください。

    { PARTITION [Region]:{ ORDERBY [Year of Sale]ASC,[Order Month]ASC:LOOKUP([Sales],-2)}}
    +
    { PARTITION [Region]:{ ORDERBY [Year of Sale]ASC,[Order Month]ASC:LOOKUP([Sales],-1)}}
    +
    { PARTITION [Region]:{ ORDERBY [Year of Sale]ASC,[Order Month]ASC:LOOKUP([Sales],-0)}}
    /
    3

  3. 計算の名前を入力し、[保存] をクリックします。

以前の値の取得

Tableau Prep Builder バージョン 2023.2 以降、および Tableau Cloud の Web でサポートしています。この機能は、Tableau Server でまだサポートされていません。

以前の行の値を使用してフィールドを作成する必要がある場合は、LOOKUP 関数を使用して、カスタム計算を作成できます。

  1. [プロファイル] ペインのツールバーで [計算フィールドの作成] をクリックするか、プロファイル カードまたはデータ グリッドで [その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成][カスタム計算] の順に選択します。

  2. 計算エディターで式を入力します。たとえば、以前の売上高をオーダー日ごとに確認するには、次のような計算を作成します。

    : この例では、データ セットが正しい詳細レベル (日ごとに 1 行) であることを前提としています。データ セットが正しい詳細レベルでない場合は、計算を適用する前に、集計ステップを使用して詳細レベルを変更することを検討してください。

    { ORDERBY [Order Date]ASC:LOOKUP([Sales],-1)}

  3. 計算の名前を入力し、[保存] をクリックします。

フィルダウン計算

Tableau Prep Builder バージョン 2023.3 以降、および Tableau Cloud の Web でサポートしています。この機能は、Tableau Server ではまだサポートされていません。

フィルダウン計算では、欠落しているデータを計算して埋めることで、Null 値を上の行の値に置き換えます。これにより、データを簡単に視覚化できるようになります。以下の例は、[学生] フィールドの NULL 値を上記の行に基づく値に置き換えた、フィルダウン計算の結果を示しています。

Prep ビジュアル計算エディター

  1. プロファイル カードまたは [結果] ペインで、[その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成][フィルダウン] の順に選択します。
  2. [グループ化] セクションでは、計算を実行するときにデータを分割するフィールドを選択できます。データを分割したくない場合は、デフォルト値の [完全なテーブル] を受け入れます。
  3. 最初のフィールドを選択した後、プラス アイコンをクリックして、分割に [グループ化] フィールドを追加できます。フィールドを順序変更または削除するには、右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択します。

  4. [並べ替え] セクションで、並べ替え順序に使用する 1 つまたは複数のフィールドを選択します。このフィールドを使用して、テーブル内の行の順序を指定します。

  5. テキスト、CSV、または Excel ファイルの入力ステップでソースの行番号を追加して、データ ソースの順序でデータを並べ替えることもできます。

  6. プラス アイコンをクリックして、計算に [並べ替え] フィールドを追加します。少なくとも 1 つのフィールドを選択する必要があります。並べ替えアイコン をクリックして、順序を昇順 (ASC) から降順 (DESC) に変更します。右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択し、フィールドを順序変更または削除することもできます。
  7. [次を使用して計算] セクションで、下に埋める値が含まれたフィールドを選択します。[結果] フィールドに、下に埋められた値が太字で表示されます。

  8. 左側のペインで、フィールド ヘッダーをダブルクリックし、計算の名前を入力します。
  9. [完了] をクリックして、新しい計算フィールドを追加します。[変更] ペインに、Tableau Prep によって生成された計算が表示されます。[編集] をクリックすると、ビジュアル計算エディターを開いて変更を加えることができます。

計算エディター

  1. [プロファイル] ペインのツールバーで [計算フィールドの作成] をクリックするか、プロファイル カードまたはデータ グリッドで [その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成][カスタム計算] の順に選択します。
  2. 計算エディターで式を入力します。
  3. 計算の名前を入力し、[保存] をクリックします。
  4. 分割を使用して下に埋める例: 次のデータに基づいて、LAST_VALUE 関数を使用して [センサー カテゴリ] フィールドの欠落値を下に埋めることができます。この例では、センサー ID を使用してデータを分割し、タイム スタンプを使用してデータを順序付けし、センサー カテゴリを使用してデータを計算しています。

    フィルダウンの結果が計算ペインで強調表示されています。

    分割を使用せずに下に埋める例: 次のデータに基づいて、[学生] フィールドの欠落値を下に埋めることができます。[ソース行番号] フィールドが入力ステップに追加され、ソースの順序でデータを並べ替えるのに使用されています。[学生] がデータの計算に使用されています。

    フィルダウンの結果が計算ペインで強調表示されています。

累積計算

Tableau Prep Builder バージョン 2023.3 以降、および Tableau Cloud の Web でサポートしています。この機能は、Tableau Server ではまだサポートされていません。

累積計算では、ある値とその列内の以前のすべての値の、累積的な合計または平均が計算されます。以下の例は、一定期間にわたる売上合計の累積計算の結果を示しています。

Prep ビジュアル計算エディター

  1. プロファイル カードまたは [結果] ペインで、[その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成][フィルダウン] の順に選択します。
  2. [グループ化] セクションでは、計算を実行するときにデータを分割するフィールドを選択できます。データを分割したくない場合は、デフォルト値の [完全なテーブル] を受け入れます。
  3. 最初のフィールドを選択した後、プラス アイコンをクリックして、分割に [グループ化] フィールドを追加できます。フィールドを順序変更または削除するには、右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択します。

  4. [並べ替え] セクションで、並べ替え順序に使用する 1 つまたは複数のフィールドを選択します。このフィールドを使用して、テーブル内の行の順序を指定します。

  5. テキスト、CSV、または Excel ファイルの入力ステップでソースの行番号を追加して、データ ソースの順序でデータを並べ替えることもできます。

  6. プラス アイコンをクリックして、計算に [並べ替え] フィールドを追加します。少なくとも 1 つのフィールドを選択する必要があります。並べ替えアイコン をクリックして、順序を昇順 (ASC) から降順 (DESC) に変更します。右クリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) して、メニューからアクションを選択し、フィールドを順序変更または削除することもできます。
  7. [結果] セクションで、累積合計または累積平均を計算する集計 (SUM または AVG) を選択します。
  8. 結果の表の行をクリックすると、選択した値の更新されたプレビューを表示できます。注釈では、計算の実行に使用された行をハイライトしています。

  9. 左側のペインで、フィールド ヘッダーをダブルクリックし、計算の名前を入力します。
  10. [完了] をクリックして、新しい計算フィールドを追加します。[変更] ペインに、Tableau Prep によって生成された計算が表示されます。[編集] をクリックすると、ビジュアル計算エディターを開いて変更を加えることができます。

計算エディター

  1. [プロファイル] ペインのツールバーで [計算フィールドの作成] をクリックするか、プロファイル カードまたはデータ グリッドで [その他のオプション] メニューをクリックし、[計算フィールドの作成][カスタム計算] の順に選択します。
  2. 計算エディターで式を入力します。たとえば、次のデータに基づいて、RUNNING_SUM 関数を使用して一定期間の売上の合計を計算できます。データは分割されておらず、完全なテーブルを使用してグループ化されています。[オーダー] フィールドは時系列で並べ替えるために使用され、[売上] はデータを計算するために使用されています。

  3. 計算の名前を入力し、[保存] をクリックします。

    累積合計の結果が計算ペインで強調表示されています。

フィードバックをありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!