ステップ 7: プレゼンテーション用ストーリーの構築

結果をより大きなチームと共有します。協力することで、ノース カロライナ州での機械類の販売を再評価できます。

チームが関心を持つ重要なインサイトを推測したり、PowerPoint プレゼンテーションに含める代わりに、Tableau でストーリー ポイントを作成します。この方法では、ビューアーにデータ検出プロセスを実行してもらうことができます。また、プレゼンテーション中に発生した質問に回答するため、データをインタラクティブに探索できます。

最初のストーリー ポイントの作成

プレゼンテーションについては、概要から開始します。

  1. [新しいストーリー] をクリックします。

  2. プレゼンテーションの空白ワークスペースには、「シートをここにドラッグ」と書かれています。ここで、最初のストーリー ポイントを作成します。

    空白のストーリーは空白のダッシュボードと似ています。ダッシュボードと同様に、ワークシートをドラッグしてプレゼンテーションに追加できます。また、ダッシュボードをドラッグして、ストーリーのプレゼンテーションに使用できます。

  3. 左の [ストーリー] ペインから "Sales in the South (南部の売上高)" ワークシートをビューにドラッグします。

  4. 「Sales and profit by year (年別の売上高と収益)」などのキャプションを追加します (ワークシート上の灰色のボックスでテキストを編集)。

  5. このストーリー ポイントは、ビューアーにデータを紹介するのに便利です。

今回は、ノースカロライナ州での機械類の販売についてのストーリーを伝えるため、その方向にストーリーを進めます。

機械類の売上高をハイライトする

機械類を登場させるため、"南部 (South)" 棒グラフの "Sales (売上高)" に含まれるサブカテゴリー フィルターを活用します。

  1. [ストーリー] ペインで、[複製] をクリックして 1 番目のキャプションを複製します。

    前回中止したところから作業を継続します。ただし、最初のストーリー ポイントは中止したもの全く同じとなることに注意してください。

  2. ストーリーが機械類についてのものだとわかっているため、サブカテゴリー フィルターで [すべて] のセクションをオフにしてから、"Machines (機械類)" を選択します。

    これで、ビューアーは機械類の売上高と収益を年ごとに素早く識別できるようになりました。

  3. キャプションを追加して、ビューアーに強調します (例:「Machine sales and profit by year (機械類の年別の売上高と収益)」)。

    これで、無事に焦点を機械類へと切り替えましたが、何かがおかしいことに気づきます。このビューでは、どの州が損益に関与しているか特定できません。

    これについては、次のストーリー ポイントでマップを導入することで解決します。

  4. [ストーリー] ペインで、[空白] を選択します。

    詳細:ストーリー ポイントのキャプションの下にあるこのミニ ツールバーは何でしょうか。

    ストーリー ツールバー は、1 番目のストーリー ポイントのキャプションをキャンバスにドラッグし、ナビゲーター エリアをポイントすると、ストーリー ポイントのキャプションの下または上に表示されます。このツールバーを使用して変更を元に戻したり、ストーリーポイントへの更新の適用やストーリーポイントの削除を行ったり、現在のカスタマイズされたストーリーポイントから新しいストーリーポイントを作成したりすることができます。ストーリー ポイントに変更を加えた後は、すべてのオプションを使用できます。それ以外の場合は、削除オプションのみを使用できます。

作業の確認。「最初のストーリー ポイントの作成」および "機械類の売上高をハイライトする」の実施を視聴してください。

画像をクリックして再生する

説得する

下の線は損失を生み出している "NC (ノース カロライナ州)" の機械類です。作成したダッシュボード内でそのことがわかります。年別の全体的な売上高と収益だけを見てこのポイントを示すことはできませんが、地域の収益を見れば示すことができます。

  1. ダッシュボード "Regional Sales and Profit (地域の売上高と収益)" をキャンバスにドラッグします。

    これにより、ビューアーにデータの新しい観点を提供します。赤字収益は目を引きます。

  2. キャプションを追加します (例:「Underperforming items in the South (南部の非採算項目)」)

結果をノースカロライナ州のみに絞り込むため、まずストーリー ポイントを複製します。

  1. [複製] をクリックし、"Regional Profit (地域の収益)" ダッシュボードで別のストーリー ポイントを作成します。

  2. マップ上で "North Carolina (ノース カロライナ州)" を選択すると、棒グラフが自動的に更新されることがわかります。

  3. "Year of Order Date (発注日の年)" フィルター カードで [すべて] を選択します。

  4. キャプションを追加します。例: "Profit in NC, 2014-2017 (ノース カロライナ州の収益、2014 - 2017 年)"。

これで、ノースカロライナ州の収益の変化を、年ごとにビューアーで確認できるようになりました。これを行うため、4 つのストーリー ポイントを作成します。

  1. [複製] をクリックし、"North Carolina (ノース カロライナ州)" に焦点を当てた "Regional Profit (地域別収益)" ダッシュボードを開始します。

  2. "Year of Order Date (注文日の年)" フィルターで右矢印ボタンをクリックすると、"2014" が表示されます。

  3. キャプションを追加します。例: "Profit in NC, 2014 (ノース カロライナ州の収益、2014 年)"。[複製] をクリックします。

  4. 2015、2016、および 2017 のそれぞれの年についてステップ 2 と 3 を繰り返します。

これで、ビューアーに対し、ノースカロライナ市場にどの商品がいつ導入され、その業績がいかに低いかを伝えることができます。

作業の確認。「説得する」の実施を視聴してください。

画像をクリックして再生する

仕上げ

2017 年のデータにフォーカスしたこのストーリー ポイントで、結果について説明します。キャプションだけでは説明にはなりません。

  1. 左側のペインで [ドラッグしてテキストを追加] を選択し、ビューにドラッグします。

  2. ノース カロライナ州における機械類の業績の低さを強調する説明をダッシュボードに入力します (例: "Introducing machines to the NC market in 2017 resulted in losing a significant amount of money. (2017 年にノースカロライナ州市場に機械類を導入することは、大きな損失につながります)" など)。

    劇的な効果を出すため、プレゼンテーション中に "Sales in the South (南部の売上高)" 棒グラフで "Machines (機械類)" をポイントし、損失が約 4,000 ドルであるという便利なツールヒントを表示します。

  3. さらに、最終スライドで、詳細にドリルダウンします。

  4. [ストーリー] ペインで、[空白] をクリックします。

  5. [ストーリー] ペインから "Negative Profit Bar Chart (赤字収益棒グラフ)" をビューにドラッグします。

  6. "Year of Order Date (注文日の年)" フィルター カードで、表示を 2017 のみに絞り込みます。

    これで、機械類の損益がノース カロライナ州バーリントンのみから生じていることが簡単にわかります。

  7. ビューで "Burlington (バーリントン)" マーク (棒) を右クリックし、[注釈をつける] > [マーク] を選択します。

  8. 表示された [注釈の編集] ダイアログ ボックスで、ダミー テキストを削除し、次を入力します。"Machines in Burlington lost nearly $4,000 in 2017 (2017 年のバーリントンにおける機械類の損失は約 $4,000)"。
  9. [OK] をクリックします。

  10. ビューで、注釈をクリックし、それをドラッグして表示場所を調整します。

  11. このストーリー ポイントにキャプションを付けます。"Where are we losing machine profits in NC?(機械類の損益を招いているのはノース カロライナ州のどこですか)"。

  12. "Story 1 (ストーリー 1)" タブをダブルクリックして、ストーリーの名前を "Improve Profits in the South (南部の収益向上)" に変更します。

  13. [ウィンドウ] > [プレゼンテーション モード] を選択してストーリーを確認します。

  14. 詳細:サイズを合わせる。

    プレゼンテーション モードでは、ダッシュボードのストーリー ポイントの右側と下側にあるスクロール バーは何を行っているのでしょうか。

    ダッシュボードがプレゼンテーションに対して大きすぎるようです。気になるものです。[Esc] キーを押してプレゼンテーションを終了し、ワークブックの下にある "Regional Profit" シートを選択します。

    ダッシュボードの下にある左側のペインで、[サイズ] ドロップダウン選択肢を [デスクトップ] から [Fit to Improve Profits in the South] (南の収益向上に合わせる) に変更します。これで最適なストーリー閲覧のために、ダッシュボードのサイズが自動的に合わせられます。

    Fit to Improve Profits in the South (南の収益向上に合わせる) を選択してから、再びプレゼンテーション モードに入ります。ダッシュボードがきれいに収まります。

作業の確認。「仕上げ」の実施を視聴してください。

画像をクリックして再生する

発表後

プレゼンテーションはうまくいきました。チームはノースカロライナ州バーリントンで収益を上げるためにやるべきことがあると確信します。さらに、なぜマシンが当初うまくいかなかったのか知りたいと思っています。上司は驚きます。マイナスの収益に対処する方法を識別しただけではなく、自分のデータについて質問するようチームを動かしました。

教訓を記憶に鮮明に残すため、上司は結果が書かれたワード文書をメールでチームに送るようにと言います。Tableau Server や Tableau Public を使って自分の視覚化を共有する方法を知っていてよかったです。

ステップ 8: 結果の共有に続きます。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください