ここまで、商品売上高のビューを作成し、カテゴリー別およびサブカテゴリー別に分類しました。ある程度のところまで進めましたが、まだ並べ替えるデータが多数あります。興味深いデータ ポイントを簡単に探し、特定の結果に焦点を当てる必要があります。Tableau には、そのための優れたオプションが多数あります。

フィルターと色を追加することで、興味深い詳細に焦点を当てることができます。データに焦点を追加した後、他の Tableau Desktop 機能の使用を開始してそのデータを操作できます。

フィルターをビューに適用する

フィルターを使用して、さまざまな値をビューに含めたり、ビューから除外することができます。この例では、ワークシートに 2 つのシンプルなフィルターを追加し、商品売上高を、特定の年のサブカテゴリー別に見やすくします。

  1. [データ] ペインで、[Order Date (注文日)] を右クリックし、[フィルターの表示] を選択します。

  2. サブカテゴリー フィールドで上記の手順を繰り返します。

    フィルターは、選択した順序でビューの右側に追加されます。フィルターは、カードのタイプです。フィルターをクリックし、ビューの別の場所までドラッグすることでキャンバス上を移動できます。フィルターをドラッグすると、線が表示され、フィルターを移動するためにドロップ可能な場所が示されます。

    : 「はじめに」チュートリアルでは、フィルター カードの既定の位置を使用します。

    フィルタリングの詳細については、ラーニング ライブラリ (トップ メニュー) を参照してください。

  3. サブカテゴリーと "Order Date (オーダー日)" のフィルターを含む棒グラフ

作業を確認します。動画「フィルターをビューに適用する」をご覧ください

画像をクリックして再生する

ビューに色を追加する

フィルターを追加すると、このデータ全体で並べ替えることはできますが、青ばかりになってしまいます。これを何とかしなくてはいけません。

この時点では、さまざまな商品の合計売上高が表示されています。ある製品は一貫して売上が低くく、ある製品は製品ラインの販売努力を減らすための良い候補であることがわかります。しかし、さまざまな製品の全体的な収益性はどうでしょうか? "Profit (利益)" を [色] にドラッグして結果を確認します。

[データ] ペインからマーク カードの [色][収益] をドラッグします。

"Profit (利益)"を [色] にドラッグすると、"Tables (テーブル)"、"Bookcases (本箱)"、"Machines (機械類)" の利益がマイナスになったことがわかります。新たなインサイトが明らかになりました。

[列] シェルフに "Order Date (オーダー日)"、カテゴリー、およびサブカテゴリー、[行] シェルフに "SUM(売上)"、[マーク] カードの [色] に "SUM(利益)" を示す棒グラフ

注: Tableau では、データには正の値と負の値の両方が含まれているため、色の凡例が自動的に追加され、分岐カラー パレットが割り当てられます。

詳細: 色の操作

色を追加することでビューを視覚的に強調し、興味深いデータが目立つようにすることができます。Tableau のビューでは既定のカラー パレットを使用して製品に色を割り当てていますが、カラー パレット以外も使用できます。好きな方を選択してください。

表示されている色以外を使用する場合は、色またはカラー パレットをいつでも変更できます。単純に [マーク] カードで [色] をクリックし、[色の編集] を選択します。開いた [色の編集] ダイアログ ボックスから別のカラー パレットを選択できます。

注: 「はじめに」チュートリアルでは、既定のカラー パレットを使用します。

ビュー内のデータによって、[色の編集] ダイアログ ボックスに分岐カラー パレットが表示される場合と、カテゴリー別カラー パレットが表示される場合があります。

分岐カラー パレットは、次の画像のようになります。分岐カラー パレットは一般的に、連続フィールドに割り当てられます。

[色の編集] メニューにリストされている分岐カラー パレット

凡例を使用している場合、次の画像のようになります。カテゴリー別カラー パレットは一般的に、不連続フィールドに割り当てられます。

[色の編集] メニューにリストされているカテゴリー カラー パレット

作業を確認します。動画「ビューに色を追加する」をご覧ください

画像をクリックして再生する

重要なインサイトを見つける

これまで学習したように、Tableau Desktop ではビューを構築しながらデータを探索できます。フィルターや色を追加することで、データをより効果的に視覚化し、問題を直ちに識別するのに役立ちます。

次の手順では、結論を導き出せるようにビューを操作します。

ビューを見ると、明らかにいくつかの不採算商品があることがわかります。次に、これらの製品が不採算であったかどうかを前年比で確認します。

次に、フィルターを使用してさらに詳しく調べます。

  1. ビューの "Sub-Category (サブカテゴリー)" フィルター カードで、"Bookcases (本箱)""Machines (機械類)"、および "Tables (テーブル)" 以外のすべてのチェック ボックスをオフにします。

    サブカテゴリーの利益と損失を示す分岐カラー パレットを使用した棒グラフ

    これで、"Bookcases (本箱)" と "Machines (機械類)" で実際に利益を上げた年もあったことがわかります。しかし、最近、機械類の採算性が悪くなりました。重要な発見があったとはいえ、上司にアクション項目を提案するには、さらに多くの情報を収集する必要があります。

    あなたは勘を頼りに、地域別にビューを分割することを決めます。

  2. "Sub-Category (サブカテゴリー)" フィルター カードで [すべて] を選択し、すべてのサブカテゴリーを再度表示します。

  3. [データ] ペインから [行] シェルフへ [Region (地域)] をドラッグして、[合計(売上)] の左に配置します。

    Tableau によって、地域別に分類された複数の軸が作成されます。

    分岐カラー パレットを使用して地域ごとの利益を示す棒グラフ

  4. これで、各地域の商品別の売上高と収益性がわかります。地域をビューに追加して "Machines (機械類)" のみのサブカテゴリ―をフィルターすると、"South (南部)" では他の地域に比べて機械類の総利益がマイナスになっていると報告されていることがわかります。隠れていたインサイトが見つかりました。

    各地域の機械サブカテゴリーの収益性を示す棒グラフ

    このビューは、これまでの作業を効果的に要約しています。"Sub-Category (サブカテゴリー)" フィルター カード (フィルターを変更した場合) で [すべて] を選択し、すべてのサブカテゴリーを再度表示してワークシートに名前を付け、タイトルを追加します。

  5. ワークスペースの左下で [シート 1] をダブルクリックしてから、「Sales by Product/Region」(商品/地域別売上高) と入力します。

    あなたは南部の分析に焦点を当てることにしましたが、作成したビューを失うことは望んでいません。Tableau Desktop でワークシートを複製し、中止したところから続行します。

  6. ワークブックで "Sales by Product/Region (商品/地域別売上高)" シートを右クリックし、[複製] を選択します。

  7. 複製したシートの名前を「Sales in the South (南部の売上高)」に変更します。

  8. 新しいワークシートで、[データ] ペインから [フィルター] シェルフへ [Region (地域)] をドラッグして、ビューにフィルターとして追加します。

  9. [地域をフィルター] ダイアログ ボックスで、"South (南部)" 以外のすべてのチェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

    ビューが更新されて、次の画像のようになります。

    南部のサブカテゴリーの収益性を示す棒グラフ

    これで、南部の売上高の収益に焦点を当てることができます。機械類の売上が 2018 年と 2021 年にマイナスになったことがすぐにわかります。これは間違いなく調査が必要です。

  1. [ファイル] > [名前を付けて保存] を選択して作業を保存します。ワークブックに「Regional Sales and Profits (地域別売上高と収益)」などの名前を付けます。

  2. 詳細: Tableau で保存済みワークブックを整理する方法

    Tableau をインストールすると、[ドキュメント] > [マイ ドキュメント] > [マイ Tableau リポジトリ] の下にフォルダー ディレクトリが自動的に作成されます。[マイ Tableau リポジトリ] にはデータ ソース用の複数のフォルダー、保存済みワークブック、地理的データなどが含まれます。

    ワークブックを別の Tableau ファイル タイプで保存する方法の詳細については、ラーニング ライブラリ (トップ メニュー) を参照してください。

 

作業を確認します。動画「重要なインサイトを見つける」をご覧ください

画像をクリックして再生する

ステップのサマリー

このステップでは、データを操作しやすくするよう、フィルターや色を使用しました。また、データに関する重要な質問に回答するため、Tableau が提供する多数の機能についても学習しました。以下の操作方法を学びました。

  • フィルターや色を適用し、最も関心を持っているデータのエリアに焦点を当てやすくする。

  • Tableau が提供するツールを使用してグラフを操作する。

  • ワークシートを複製して変更内容を保存し、作業内容を失わず別の方法でデータの探索を続行する。

Tableau Desktop でデータを探索することで、懸念となるエリアを特定しました。南部の売上高と収益が問題であることはわかっていますが、解決策はまだありません。これらの結果の原因となっている他の要因を調べる必要があります。次に、Tableau の別の主要な機能を活用し、地理的データを操作します。

ステップ 4: データを地理的に調査するに続きます。

ありがとうございます!