キャパシティプランニング

このコンテンツは、Tableau Blueprint の一部です。Tableau Blueprint は、組織がデータの活用方法を拡大および改善して、影響力を強化できるよう支援する成熟したフレームワークです。使用を開始する前に、まず評価(新しいウィンドウでリンクが開く)を受けてください。

注: このトピックは、Tableau Server にのみ適用されます。

Tableau Server の最適なパフォーマンスと十分なキャパシティを確保してワークロードの増加に対応するには、成長に備えた計画を立てる必要があります。そこでキャパシティプランニングを行うと、十分な余裕を確実に維持し、リソースの競合や共有リソースを巡る競合の可能性を抑えることにより、組織全体の分析利用の拡大や急速な普及に合わせて、インフラストラクチャを拡張できるようになります。パフォーマンス データ、ユーザー オンボーディング スケジュール、負荷テストの結果は、将来のサーバーのサイジングとキャパシティ計画を決定するために使用されます。

キャパシティプランニングに影響を与える可能性があるのは、次のような要素です。

  • 全社から関心を集めるダッシュボードを伴う、新たにリリースされた一連のデータソース
  • 社内の日常業務に根付いた分析のスキルと利用の高まり
  • ユーザーに対するインタラクティブ機能を全体的に高める可能性がある、プラットフォームでリリースされた新機能
  • ダッシュボードを強化する参照元データ戦略の変化 (量、複雑さ、データベーステクノロジーの変化、ユーザーセキュリティなど)

 

下の表を埋めるには、『Tableau Blueprint プランナー』の「Tableau ユーザー」タブで得られたユーザー数を合計してください。

 

1 年目*

2 年目

3 年目

合計ユーザー数

 

 

 

ノード数

 

 

 

合計コア数

 

 

 

注: ユーザー数とオンボーディング率によっては、間隔を半年、四半期、毎月にすることもできます。

フィードバックをありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!