サイトとは

これまで、サイトを「接続されているコンピューターの集まり」または「Web サイト」の略語として使用していた方もいるでしょう。Tableau では、サイトという言葉を、Tableau Server の同じインスタンス上の他のグループおよびコンテンツから壁で守られている、ユーザー、グループ、およびコンテンツ (ワークブック、データ ソース) の集まりを意味するために使用します。つまり、Tableau Server はマルチテナント機能をサポートしており、サーバー管理者はサーバー上で複数セットのユーザーやコンテンツ向けの複数のサイトを作成できます。

すべてのサーバー コンテンツは、サイト単位でパブリッシュ、アクセス、および管理されます。各サイトには専用の URL と専用のユーザー セットがあります (各サーバー ユーザーを複数のサイトに追加できる場合でも)。各サイトのコンテンツ (プロジェクト、ワークブック、およびデータ ソース) は、他のサイトのコンテンツから完全に隔離されます。

あなたがTableau Server展開のサーバー管理者なら、サイト、(プロジェクトに対して) いつサイトを使用するかなどについての詳細を、「Manage Server (サーバー管理)」セクションの「サイトの概要」で学ぶことができます。

注: この記事は、Tableau Server 展開上でのサイトの構成に関する内容を記載しています。Tableau Online については、「サイト管理者のロールとタスク」を参照してください。

サイト管理者のタスク

サーバー管理者サイト ロールがユーザーに Tableau Server 展開全体への無制限のアクセスを与える場合、サイト管理者サイト ロールは、ユーザーにサイトレベルで無制限または最小限の制限があるアクセスを与えます。サイト管理者 Creator とサイト管理者 Explorer の違いは、データ接続およびパブリッシュのアクセス レベルにあります。いずれのサイト ロールもサイト自体の管理とサイト ユーザーの管理を許可しています。詳細については、ユーザーのサイト ロールの設定を参照してください。

サーバー管理者は、サーバー レベルとサイト レベルの両方で作業できますが、2 つのタスク レベルは区別されています。サイト管理者は、通常、組織内の Tableau ユーザーがデータ ソースおよびワークブックのパブリッシュ、共有、管理、およびそれらへの接続ができるようにするフレームワークを作成および管理する責任を担う担当者として定義されています。そのため、サイト管理者のタスクには以下のような作業が含まれます (どちらのサイト ロールもこのレベルのアクセスを許可しています)。

  • サイトのデータ ソースおよびワークブックを整理するための、プロジェクト階層の作成。

    これには、プロジェクト レベルの管理をプロジェクト リーダーに委託することを含めることもできます。

  • ユーザーに必要なコンテンツのみへのアクセスを許可するための、グループの作成およびパーミッションの割り当て。

  • ユーザーの追加と削除、サイト ロールの割り当て。

    これは、サイトで既定で許可されています。ただし、サーバー管理者は、このアクセスをサーバー レベルのみに制限することができます。

  • サイトの抽出およびサブスクリプション スケジュールの管理。

  • サイト アクティビティの監視。

サーバー管理者とサイト管理者の違いについての詳細は、「Manage Server (サーバー管理)」セクションの サイトへの管理者レベルのアクセス権を参照してください。

サイトの設定手順

次の表は、サイト設定の手順の概略と、詳細情報が入手できるトピックへのリンクを示しています。組織にとって有意義な任意の順序で手順を完了できます。

ただし、サイトを構成する手順を実行する前に、このセクションの記事に多少時間を割いて、サイトの認証、サイト ロール、プロジェクト、およびパーミッションについて学習することをお勧めします。理想的には、プロジェクト、グループおよび全体のパーミッション戦略について計画を立案しドキュメント化してください。そして、いくつかのプロジェクトを設定して、予備的なユーザーのセットを追加し、計画をテストして、残りのユーザーを追加する前に問題を解決します。ユーザーがサイトで作業を開始した後でも多くのサイト設定を変更できますが、本稼働後の変更は最小限に留めるように心がけてください。

計画

この表の上の推奨事項に加えて、どのようにサイト コンポーネントが一緒に機能しているかについての概要をサイトの計画で確認してください。

アクセスの構成

サーバー管理者と作業し、ユーザーのサイトへのサインイン方法、サイトの適切な構成方法を決定します。

例えば、サーバーが SAML を使用したシングル サインオンで構成されている場合、サイトレベルでも SAML 認証を構成したいかもしれません。

プロジェクトの作成とパーミッション構造

プロジェクトは、コンテンツの整理、プロジェクト レベルのコンテンツ管理の委託、パーミッションの効果的な管理に役立ちます。始めるには、プロジェクトを使用したコンテンツへのアクセスの管理を参照してください。

ユーザーの追加

 

サイトにサインインできるユーザーを決定します。サイトへのユーザーの追加を参照してください。

データを Tableau Server に送る

プロジェクトとパーミッション構造作成後、吟味されたデータ ソースをサイト上の適切なプロジェクトにパブリッシュし管理するために、承認済みのユーザーを指定します。

組織によっては、1 人で複数の Tableau ロールを務める場合があります。通常、サイト管理者はデータ案内人でもあります。つまり、サイト管理者は Tableau データ接続の作成、パブリッシュ、および管理を行います。ご自分がサイト管理者である場合は、サイト管理者 Cretor サイト ロールが割り当てられていることを確認してください。

サイトにコンテンツがパブリッシュされたら、接続情報 (認証資格情報、アクセス トークン) を管理しスケジュールを更新することができます。詳細については、スケジュールでのデータの更新を参照してください。

サイトの使用率とパフォーマンスの分析

 

使用、パフォーマンス、その他のメトリックスを監視します。管理ビュー を参照してください。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください