Tableau Server は、ローカルで実行されるファイル ストアまたは外部ファイル ストアを使用して構成できます。このトピックでは、既存の Tableau Server を再構成するのに必要な手順を説明します。

外部ファイル ストアを使用して Tableau Server を再構成する

前提条件

  • Tableau Server はバージョン 2020.1 以降である必要があります。
  • ネットワーク共有を外部ストレージとして使用する必要があります。

    Windows インストールでは SMB 共有を使用します。

    ストレージとネットワークに関する考慮事項については、外部ファイル ストアのパフォーマンスに関する考慮事項を参照してください。

    ストレージ サイズの見積もり: パブリッシュと抽出更新に必要なストレージの容量を考慮する必要があります。さらに、トピックオプション 2: リポジトリを個別にバックアップするで説明されているように、リポジトリのバックアップを個別に実行するオプションを特に選択しない限り、リポジトリのバックアップ サイズも考慮する必要があります。

    • 抽出:
      • Tableau Server にパブリッシュする抽出の数、および各抽出のサイズを考慮に入れます。いくつかの抽出を Tableau Server にパブリッシュし、使用されたディスク容量を確認することで、必要なサイズを調べることができます。このディスク容量を確認すると、今後 Tableau Server にパブリッシュする抽出の数や、既存の各抽出のサイズが増える程度を把握できます。
      • 抽出更新の際に一時ディレクトリで必要となる容量を考慮に入れます。一時ディレクトリは、更新時に抽出を保存する場所です。最終的な抽出ファイルのサイズに対して、最大 3 倍の容量が必要となる場合があります。

    • リポジトリのバックアップ:
      • リポジトリ データのサイズは、<data directory>/pgsql/data/base ディレクトリのサイズを確認することで見積もることができます。

      • リポジトリ データの正確なサイズを取得するには、バックアップ ファイルを開き、workgroup.pg_dump ファイルのサイズを確認します。
  • Tableau Server で、有効な Advanced Management ライセンスが認証済みである必要があります。

ステップ 1: Tableau Server をアップグレードする

Tableau Server を 2020.1 以降にアップグレードします。「2018.2 以降からのアップグレード (Windows)」を参照してください。Tableau Server が既にバージョン 2020.1 以降である場合は、このステップをスキップできます。

ステップ 2: Advanced Management ライセンスを認証する

  1. サーバー ライセンスの表示Advanced Management ライセンスが Tableau Server で認証済みであることを確認します。

  2. Advanced Management が Tableau Server にインストールされていない場合は、次の tsm コマンドを使用してライセンスを認証します。Advanced Management のキーをプロダクト キーとして指定してください。

    tsm licenses activate -k <product key>

ステップ 3: 外部ストレージを使用するファイル ストアを構成する

アップグレードを完了し、ライセンスを確認したら、外部ファイル ストアを使用して Tableau Server を構成します。これにより、ローカル ファイル ストアにある既存のデータが、選択した外部ストレージに移動されます。

  1. ネットワーク共有を構成します。ファイル サーバーで次の手順を実行します。
    • ファイルをホストするディレクトリを作成して共有します。
    • すべての Tableau Server ノードで、ネットワーク共有をマッピングするか、UNC パスを使用します。
  2. ネットワーク共有内で tableau ディレクトリを作成し、Network Service アカウントにフル アクセス権を付与します。ディレクトリ tableau を呼び出すことをお勧めします。

    注:
    - ネットワーク サービス アカウントは、同じ Active Directory ドメイン内のリモート コンピュータ上のリソースにアクセスするために使用できますが、このシナリオで使用する実行サービス アカウントのドメイン アカウントを構成することをお勧めします。詳細については、「実行サービス アカウント」を参照してください。
    - ネットワーク サービス アカウントとして実行されるサービスは、コンピュータ アカウントの認証資格情報を <domain_name>\<computer_name>$ 形式で使用してネットワーク リソースにアクセスします。
    Active Directory を使用してユーザーへのパーミッションとアクセス権を管理している場合は、次の方法でネットワーク共有へのパーミッションを管理することをお勧めします。
    - Active Directory セキュリティ グループを作成します。
    - このグループに、Tableau クラスタ用のコンピューター アカウントを実行ユーザーと共に追加します。
    - ネットワーク共有でセキュリティ グループにアクセス権を付与します。このようにすると、クラスタにコンピューターを追加したり削除したりする必要がある場合に、セキュリティ グループに変更を加えるだけですみます。

  3. 次の tsm コマンドを使用してネットワーク共有機能を有効にします。

    tsm topology external-services storage enable --network-share \\hostname\<network share>\tableau\
    

    次のディレクトリ構造が自動的に作成され、ローカル ファイル ストアにあるデータが外部ストレージに移動されます。このプロセスの間、ローカル ファイル ストアは自動的にコミッション解除されます。

    抽出とワークブックのリビジョン:

    tableau_data tabsvc/dataengine/extracts

    tableau_data/tabsvc/dataengine/revisions

    PostgreSQL データのバックアップ:

    tableau_data/tabsvc/pg_backups

    注: このディレクトリはバックアップを初めて作成するときに作成されます。

ローカル ファイル ストアを使用するように Tableau Server を再構成する

  1. 次のコマンドを実行して、Tableau Server を停止します。

    tsm stop

  2. 次のコマンドを実行すると、ファイル ストア データが外部ストレージから Tableau Server に移動されます。

    tsm topology external-services storage disable –fsn <node1, node2>

  3. 次のコマンドを実行して、Tableau Server を起動します。

    tsm start

Tableau Server クラスタの場合は、ファイル ストアをインストールするノードを指定してください。データはコマンドで指定した最初のノードにコピーされてから他のノードにレプリケートされます。

注: ファイル ストアを外部からローカルに移動する場合は、データ エンジン プロセスが単独で別のノードにインストールされ、ファイル ストア、アプリケーション サーバー (VizPortal)、VizQL サーバー、データ サーバー、およびバックグラウンダーなどのコア サービスのいずれかと共にインストールされていることを確認します。

通常、Tableau Server データ エンジンのインストールは自動的に実行され、1 つまたは複数のコア サービスを持つノードにインストールされます。ただし、外部ストレージを使用するよう Tableau Server を構成する場合は、データ エンジンをコア プロセスと同じ場所に配置しなくても、手動でノードにインストールできます。

現在、別のノードにデータ エンジン プロセスがインストールされている場合は、disable コマンドを実行する前に、そのノードにファイル ストアをインストールするか、そのノードからデータ エンジンを削除するかを選択できます。現在データ エンジンがインストールされていないノードにファイル ストアをインストールすると、データ エンジンが自動的に追加されます。

disable コマンドを実行するときにデータ エンジンのみのノードがある場合は、エラーが発生します。

別の外部ストレージを使用するように Tableau Server を構成する

  1. 新しいネットワーク共有を構成します。ファイル サーバーで次の手順を実行します。

    1. ファイルをホストするディレクトリを作成して共有します。
    2. すべての Tableau Server ノードで、ネットワーク共有をマッピングするか、UNC パスを使用します。

  2. ネットワーク共有内で tableau ディレクトリを作成し、Network Service アカウントにフル アクセス権を付与します。ディレクトリ tableau を呼び出すことをお勧めします。

  3. 次のコマンドを実行して、Tableau Server を停止します。

    tsm stop

  4. 次のコマンドを実行して、新しいネットワーク共有を使用するように Tableau Server を構成します。

    tsm topology external-services storage switch-share --network-share \\<newshare>\tableau
                    
  5. 次のコマンドを実行して、Tableau Server を起動します。

    tsm start

 

実行可能なユーザー

Tableau Server 管理者は、ファイル ストアの場所を移動できます。さらに、外部ファイル ストアに使用する外部ストレージへのアクセス権が必要です。

 

ありがとうございます!