外部ファイル ストアによるバックアップと復元

Tableau Server がファイル ストアを外部で実行するように構成されている場合、バックアップと復元のプロセスはファイル ストアをローカルで実行している場合と異なります。このトピックでは、次の場合にバックアップと復元を行うプロセスについて説明します。

バックアップ戦略:

使用するバックアップ戦略は、復旧計画によって異なります。スナップショット バックアップ プロセスで十分な場合もありますが、バックアップされるのがファイル ストアとリポジトリ データだけであるため、不十分な場合もあります。完全な回復を実行する場合は、必要な構成と設定が他にもあります。スナップショット バックアップで十分な場合と不十分な場合を示すシナリオを次に示します。

  • 本番環境の Tableau Server がダウンした場合に使用できるスタンバイ Tableau Server を維持している場合。このシナリオでは、定期的なスケジュールでスナップショット バックアップを作成してスタンバイ サーバーに復元するだけで十分な可能性があります。バックアップ スケジュールは目標復旧時点に沿っている必要があります。

  • 障害発生時に新しい Tableau Server インストールを使用する予定であるが、既存の Tableau Server インストールの構成と設定を使用する必要がない場合。この場合、新しい Tableau Server をインストールし、スナップショットを使用してデータを復元できます。
  • スタンバイ Tableau サーバーはないが、既存の Tableau Server の構成と設定を使用して新しい Tableau Server インストールを作成し、データを復元する場合。このシナリオでは、新しい Tableau Server をインストールするためにスナップショット バックアップ以上のデータが必要です。すべての構成と設定を含む完全バックアップを実行するには、次の手順に従います。

    1. トポロジと構成データをエクスポートします。これにより、Tableau Server とトポロジの大部分がエクスポートされます。詳細については、Tableau Server の完全なバックアップと復元を実行しますを参照してください。
    2. このトピックの外部ファイル ストアによるバックアップと復元セクションで説明されているように、ネットワーク共有のスナップショットの作成によってファイル ストアとリポジトリ データをバックアップします。

    3. エクスポートに含まれていない設定をメモします。該当する設定は、システム ユーザー アカウント、調整サービス展開構成、カスタマイズされた設定などです。詳細については、Tableau Server の完全なバックアップと復元を実行しますを参照してください。

外部ファイル ストアを使用した Tableau Server

Tableau Server で外部ファイル ストアを有効にしている場合、tsm maintenance backup コマンドを使用して Tableau Server リポジトリとファイル ストア データをバックアップすることはできません。代わりに、ストレージ スナップショット テクノロジーを使用して、ある時点でのネットワーク共有のスナップショットを作成します。ただし、スナップショット バックアップを作成する前に、まず Tableau Server でスナップショット バックアップの準備を行い、バックアップの完了後に Tableau Server の通常のプロセスを再開する必要があります。

外部ファイル ストアで構成されているが、ローカル リポジトリを使用している Tableau Server の場合、Tableau Server のバックアップ操作にはリポジトリのバックアップが含まれます。

スナップショット バックアップの作成

スナップショット バックアップを作成するには、次の手順に従います。

  1. スナップショット バックアップの準備: 次のコマンドを実行します。これにより、リポジトリ バックアップ ファイルが作成されて一時的にネットワーク共有にコピーされます。Tableau Server は、バックアップ処理中も正常に動作し続けます。整合性のあるスナップショットを確保するため、一部の内部プロセスはこの間は一時停止されます。

    tsm maintenance snapshot-backup prepare

    準備手順が完了したことを示す「スナップショット バックアップの準備に成功しました」というメッセージが表示されます。

    リポジトリ バックアップ ファイルがネットワーク共有上に作成されていることを確認します。

    注: 準備手順には、リポジトリと KMS および Asset のキーのバックアップ ファイルの作成が含まれます。暗号化キー ソリューションにクラウド ソリューションを使用している場合は、復元に必要なキーの復号化に使用する CMK にアクセスできる必要があります。AWS での暗号化キー ソリューションの詳細については、「AWS キー管理システム」を参照してください。Azure での暗号化キー ソリューションの詳細については、「Azure キー コンテナ」を参照してください。

  2. ネットワーク共有のスナップショットを作成する: スナップショット テクノロジーを使用して、ネットワーク共有のスナップショットを作成します。スナップショットには、ファイル ストア データと、前の手順で作成したリポジトリ バックアップ ファイルの両方が含まれます。

  3. バックアップ プロセスを完了する: 次のコマンドを実行します。バックアップ プロセスが完了し、一時停止されていた内部プロセスが再起動します。また、ネットワーク共有にコピーされたリポジトリ バックアップ ファイルが削除されます。

    一時リポジトリのバックアップ ファイルがネットワーク共有から削除されたことを確認します。

スナップショット バックアップの復元

以下に説明する手順は、スタンドアロンの Tableau Server と Tableau Server クラスタの両方に適用されます。

  1. Tableau Server を停止します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

    tsm stop

  2. ファイル ストア データを復元します。復旧したい時点のスナップショットを使用して、共有ファイル サーバーに復元します。復元が完了した後、Tableau Server では復元されたファイル ストア データが使用されます。

  3. リポジトリ データを復元します。リポジトリ データを復元するには、次の復元コマンドを使用します。

    tsm maintenance snapshot-backup restore

    注: 暗号化キー ソリューションにクラウド ソリューションを使用している場合は、バックアップを復元するサーバーが、CMK がデプロイされているクラウド インスタンスに対する復号化の権限を持っていることを確認してください。

  4. Tableau Server を再起動します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

    tsm start

外部ファイル ストアと外部リポジトリを使用した Tableau Server

Tableau Server で外部ファイル ストアを有効にしている場合、 tsm maintenance バックアップ コマンドを使用して Tableau Server リポジトリとファイル ストア データをバックアップすることはできません。代わりに、ストレージ スナップショット テクノロジーを使用して、ある時点でのネットワーク共有のスナップショットを作成します。

外部ファイル ストアと外部リポジトリの両方を有効にしている場合、バックアップを実行するときのオプションが 2 つあります。外部リポジトリを個別にバックアップするか、初期の準備手順の一部として組み込むかを選択できます。

以下は、リポジトリを個別にバックアップする場合の理由です。

  • インスタンスのスナップショットをバックアップできるクラウド ソリューションを使用している場合、外部リポジトリのデータベース インスタンスのバックアップを個別に実行する方が高速になる可能性があります。
  • バックアップ ファイルをネットワーク共有にコピーする必要があるため、ファイルのサイズがバックアップ プロセスの準備手順にかかる時間に影響します。

以下は、リポジトリ バックアップを Tableau Server バックアップの一部として含める場合の理由です。

  • バックアップ管理の容易さ: リポジトリのバックアップを含めることで、個別のバックアップを実行する必要がなく、ファイル ストアとリポジトリのバックアップを同期させるために必要な時間内にバックアップが完了していることを確認する必要がありません。
  • 復元: 復元操作は個別に実行する必要があり、通常であれば、新しいインスタンスを作成し、復元された新しいインスタンスを使用できるように Tableau Server を構成する追加の手順が必要になります。

オプション 1: バックアップにリポジトリを含める

このオプションでは、Tableau Server バックアップ プロセスの一部としてリポジトリを含める方法について説明します。リポジトリのバックアップ ファイルを個別に作成する場合は、「外部ファイル ストアによるバックアップと復元」を参照してください。

スナップショット バックアップの作成

  1. スナップショット バックアップの準備: 次のコマンドを実行して、ネットワーク共有のスナップショット バックアップを作成できるようにプロセスを開始します。一貫性のあるスナップショットを確保するために、この期間中に一時停止させる内部プロセスがあるかもしれませんが、Tableau Server はバックアップ プロセス中も正常に動作し続けます。リポジトリのバックアップが含まれていることを確認するには、--include-pg-backup オプションを使用する必要があります。

    注: 2021.1 以降、外部ファイル ストアと外部リポジトリの両方が有効になっている場合、準備手順にはリポジトリのバックアップ ファイルの作成が含まれなくなりました。2021.1 より前のバージョンからアップグレードする場合で、バックアップを実行またはスケジュールするスクリプトがあり、引き続きリポジトリ バックアップを含める場合は、次に示すように prepare コマンドに --include-pg-backup オプションを追加します。

    tsm maintenance snapshot-backup prepare --include-pg-backup

    準備手順が完了したことを示す「スナップショット バックアップの準備に成功しました」というメッセージが表示されます。

    リポジトリ バックアップ ファイルがネットワーク共有上に作成されていることを確認します。

    注: 準備手順には、リポジトリと KMS および Asset のキーのバックアップ ファイルの作成が含まれます。暗号化キー ソリューションにクラウド ソリューションを使用している場合は、復元に必要なキーの復号化に使用する CMK にアクセスできる必要があります。AWS での暗号化キー ソリューションの詳細については、「AWS キー管理システム」を参照してください。Azure での暗号化キー ソリューションの詳細については、「Azure キー コンテナ」を参照してください。

  2. ネットワーク共有のスナップショットを作成する: スナップショット テクノロジーを使用して、ネットワーク共有のスナップショットを作成します。スナップショットには、ファイル ストア データと、前の手順で作成したリポジトリ バックアップ ファイルの両方が含まれます。
  3. バックアップ プロセスを完了する: 次のコマンドを実行します。バックアップ プロセスが完了し、一時停止されていた内部プロセスが再起動します。また、ネットワーク共有にコピーされたリポジトリ バックアップ ファイルが削除されます。

    tsm maintenance snapshot-backup complete

    一時リポジトリのバックアップ ファイルがネットワーク共有から削除されたことを確認します。

スナップショット バックアップの復元

以下に説明する手順は、スタンドアロンの Tableau Server と Tableau Server クラスタの両方に適用されます。

  1. Tableau Server を停止します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

    tsm stop

  2. ファイル ストア データを復元します。復旧したい時点のスナップショットを使用して、共有ファイル サーバーに復元します。復元が完了した後、Tableau Server では復元されたファイル ストア データが使用されます。

  3. リポジトリ データを復元します。リポジトリ データを復元するには、次の復元コマンドを使用します。

    tsm maintenance snapshot-backup restore

    注: 暗号化キー ソリューションにクラウド ソリューションを使用している場合は、バックアップを復元するサーバーが、CMK がデプロイされているクラウド インスタンスに対する復号化の権限を持っていることを確認してください。

  4. Tableau Server を再起動します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

    tsm start

オプション 2: リポジトリを個別にバックアップする

このオプションは、ホスト プラットフォームでスナップショット バックアップを実行できる場合にのみ推奨されます。ホスト プラットフォームとして Azure を使用している場合は、オプション 1 を使用することをお勧めします。

スナップショット バックアップの作成

  1. スナップショット バックアップの準備: 次のコマンドを実行します。これにより、リポジトリ バックアップ ファイルが作成されて一時的にネットワーク共有にコピーされます。Tableau Server は、バックアップ処理中も正常に動作し続けます。整合性のあるスナップショットを確保するため、一部の内部プロセスはこの間は一時停止されます。

    tsm maintenance snapshot-backup prepare

    この場合、リポジトリはバックアップに含まれません

    準備手順が完了したことを示す「スナップショット バックアップの準備に成功しました」というメッセージが表示されます。

    注: 準備手順には、リポジトリと KMS および Asset のキーのバックアップ ファイルの作成が含まれます。暗号化キー ソリューションにクラウド ソリューションを使用している場合は、復元に必要なキーの復号化に使用する CMK にアクセスできる必要があります。AWS での暗号化キー ソリューションの詳細については、「AWS キー管理システム」を参照してください。Azure での暗号化キー ソリューションの詳細については、「Azure キー コンテナ」を参照してください。

  2. ネットワーク共有のスナップショットを作成する: スナップショット テクノロジーを使用して、ネットワーク共有のスナップショットを作成します。スナップショットには、前の手順で作成したファイル ストア データが含まれます。
  3. リポジトリのバックアップを作成する: 外部リポジトリをホストしているプラットフォームのバックアップ テクノロジを使用してバックアップを作成します。

    ネットワーク共有とリポジトリのバックアップは、準備手順を完了してから 3 時間 30 分以内に完了する必要があります。これは、ファイル ストアとリポジトリのバックアップが同期され、復元が正しく機能することを確実にするためです。

    AWS DB インスタンスのスナップショットの作成の詳細については、「DB スナップショットの作成」を参照してください。

    Azure DB インスタンスのバックアップの作成の詳細については、「Flexible Server でのバックアップと復元」 (PostgreSQL 12 以降)、または「単一サーバーでのバックアップと復元」 (PostgreSQL 11 以前) を参照してください。

    注: 暗号化キー ソリューションにクラウド ソリューションを使用している場合は、バックアップを復元するサーバーが、CMK がデプロイされているクラウド インスタンスに対する復号化の権限を持っていることを確認してください。

  4. バックアップ プロセスを完了する: 次のコマンドを実行します。バックアップ プロセスが完了し、一時停止されていた内部プロセスが再起動します。また、ネットワーク共有にコピーされたリポジトリ バックアップ ファイルが削除されます。

    tsm maintenance snapshot-backup complete

スナップショット バックアップの復元

以下に説明する手順は、スタンドアロンの Tableau Server と Tableau Server クラスタの両方に適用されます。

  1. 外部リポジトリーに対する DB スナップショット バックアップを使用します。クラウド プラットフォームを使用してリポジトリをホストしている場合、通常は、バックアップを復元するために新しい DB インスタンスを作成する必要があります。以下の記事で説明されている手順に従って、新しいインスタンスを作成します。

    AWS: 「AWS Relational Database Service (RDS) での PostgreSQL DB インスタンスの作成

  2. 新しいインスタンスの構成ファイルを作成します。トピック「PostgreSQL 外部リポジトリでの Tableau Server のインストール」のステップ 1 で説明している手順を使用します。
  3. Tableau Server を停止します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

    tsm stop

  4. 外部リポジトリの復元で新しい DB インスタンスが作成される場合は、次のコマンドを使用して Tableau Server が新しい DB インスタンスを指すようにします。

    tsm topology external-services repository replace-host -f <filename>.json -c <ssl certificate file>.pem

    この .json ファイルは、ステップ 2 で作成した構成ファイルです。この証明書ファイルは、新しい DB インスタンスからダウンロードした SSL 証明書です。

  5. ファイル ストア データを復元します。復旧したい時点のスナップショットを使用して、共有ファイル サーバーに復元します。復元が完了した後、Tableau Server では復元されたファイル ストア データが使用されます。

    注: 一部のテクノロジでは、復元を実行するときに新しいネットワーク共有を作成する必要があります。これがネットワーク接続ストレージに当てはまる場合は、Tableau Server を停止する前に復元を実行できます。また、ファイル ストアのデータを新しいネットワーク共有に復元する場合は、新しいネットワーク共有を使用するように Tableau Server を構成する必要があります。詳細については、「別の外部ストレージを使用するように Tableau Server を構成する」を参照してください。

  6. 次のコマンドを実行して、KMS および Asset のキーを復元します。

    tsm maintenance snapshot-backup restore

    注: 暗号化キー ソリューションにクラウド ソリューションを使用している場合は、バックアップを復元するサーバーが、CMK がデプロイされているクラウド インスタンスに対する復号化の権限を持っていることを確認してください。

  7. 次のコマンドを実行して Tableau Server を再起動します。

    tsm start

 

実行可能なユーザー

Tableau Server 管理者は、Tableau Server のバックアップと復元を行うことができます。さらに、外部ストレージにアクセスし、それに対するスナップショット バックアップを実行するパーミッションが必要です。

ありがとうございます!