Tableau Server のアップグレードにブルー/グリーン アプローチを使用する

多くの組織は Tableau Server のインプレース アップグレードを実行することで十分なサービスを受けていますが、Tableau をミッションクリティカルに使用している他の組織は、より堅牢なエンタープライズ グレードのアップグレード アプローチを必要とする場合があります。このアプローチでは、追加の労力とリソースを費やして、リスクと影響を軽減する必要があります。このような場合、Tableau では、その結果を達成するために「ブルー/グリーン」アップグレード アプローチを推奨しています。このアプローチの特徴は次のとおりです。

  • 新しく構成された非本番ホスト環境にアプリケーションを信頼性の高い方法 (インプレース アップグレードと比べて) で展開する
  • 一般的なユース ケースをテストして、組織に影響を与える可能性のある動作の変更を検出することなど、非本番環境で新しいバージョンの実稼働前テストを実行して、ビジネス クリティカルな機能を検証する
  • 統合とリソース要件を検証するために、本番環境と同一の環境でテストする
  • 以前のバージョンにすばやくロールバックできる

この大まかなガイダンスでは、Tableau Server (およびその他のミッション クリティカルなアプリケーション) を自信を持ってアップグレードするために、Tableau の最大のお客様の多くが成功裏に使用しているブルー/グリーン アップグレード アプローチについて説明します。ブルー/グリーン アップグレードは、長年の業界慣行(新しいウィンドウでリンクが開く)です。多くのバリエーションがあり、以下に示す手順は 1 つの可能な手法の例です。組織で行う次のアップグレードのために、このアプローチをカスタマイズすることに関して具体的なガイダンスが必要な場合は、プレミアム サポートのテクニカル アカウント マネージャーに相談するか、サービス契約についてアカウント エグゼクティブまたはデリバリー パートナーと話し合ってください。

ブルー/グリーン アプローチでは、新しいバージョンの Tableau Server を、既存の本番環境 (「ブルー」インストール) を反映した非本番環境 (「グリーン」インストール) にインストールします。当該のライセンス契約で詳しく説明しているように、Tableau は、Tableau ライセンスの目的上、展開における単一の本番環境をサポートするために、2 つの非本番環境に対して標準的な権限を付与することに留意してください。Tableau ナレッジ ベース記事「Tableau Server テスト環境のライセンス発行(新しいウィンドウでリンクが開く)」で説明されているように、これらの非本番環境は、テスト環境の使用目的と一貫したこの方法を実行するために停止および使用できるようにする必要があります。

コンテンツを本番環境から非本番環境 (テスト環境など) のグリーン インストールにコピーすることで、Tableau Server のアップグレードされたインスタンスを作成できます。この場合、ダウンタイムを最小限に抑えながら、必要に応じて元の本番インストールにフォールバックできるセーフティ ネットを確保できます。グリーン環境のすべての重要なコンテンツが機能していることを確認したら、ユーザーを新しい環境 (グリーン) に切り替えます。グリーン環境が本番環境になり、次のアップグレードをサポートするために、元のインストール (ブルー環境) を非本番環境として維持できます。

以下は、Tableau Server をアップグレードするためのアプローチとしてブルー/グリーンを使用するために必要な手順の概要です。これらのステップでは、ユーザー トラフィックをあるインストールから別のインストールにリダイレクトできるロード バランサーまたは DNS があり、アップグレードする Tableau の新しいバージョンをダウンロードしていることを前提としています。

重要: ブルー/グリーン インストールは、本番環境として扱う必要があります。これらは、災害復旧または一般的なテスト環境として使用することはできません。災害復旧の詳細については、Tableau Blueprint の「災害復旧(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

  1. Tableau Server の本番インストールを可能な限り反映した、サーバーの 2 番目のインストールを作成します。この 2 番目の環境は、グリーン インストール、つまり非本番環境です。グリーン インスタンスはアップグレード後に本番インスタンスになるため、グリーンには、本番環境 (「ブルー」) と同様の容量、リソース、構成が必要です。

  2. Tableau Server のブルー インストールの初期バックアップと設定のエクスポートを作成します。これらは、グリーンで初期のユーザー受け入れテスト (UAT) に使用します。後で、実際にブルーからグリーンに切り替える際に使用する最終的な最新のバックアップとエクスポートを作成します。

    1. バックアップ: バックアップの作成に関する詳細については、Tableau Server データのバックアップを参照してください。

    2. 設定のエクスポート: バックアップとともに、ブルー インストールから設定をエクスポートする必要もあります。一部の設定はグリーン環境で手動により作成し直す必要があります。詳細については、手動プロセスが必要なバックアップ アセットを参照してください。

  3. 新しいバージョンの Tableau Server をグリーンにインストールします。ブルーで使用するのと同じアイデンティティ ストア タイプと実行サービス アカウントを指定する必要があります。

  4. 初期のブルー バックアップと設定のエクスポートを使用して、グリーン インストールを更新します。

    1. ブルー 環境からのバックアップをグリーン インストールにリストアします。

    2. ブルー インストールからエクスポートした設定をインポートします。グリーン環境では、一部の設定を手動で再作成する必要がある場合があります。コア Tableau Server 機能の復元を参照してください。

  5. テスト中に重複メッセージを送信したり、データベース リソースが過負荷になったりしないように、グリーンのスケジュールされたタスクを無効にします。詳細については、サーバー アップグレード - スケジュールされたタスクの無効化を参照してください。

  6. グリーン インストールをテストして、期待どおりに機能していることを確認します。ユーザー受け入れテスト (UAT) を実行し、必要に応じて負荷テストをシミュレートします。スクリプトまたは API を Tableau と統合している場合は、これらもテストする必要があります。テストが完全であればあるほど、元のブルー インストールと新しいグリーン インストール間の不一致に対処するための準備が整います。

  7. ブルー インストールを準備し、バックアップを作成してグリーンの本番環境に使用する設定をエクスポートできるようにします。これには、Tableau へのアクセスを制限するか、コンテンツに変更を加えないようにユーザーに指示したり、バックアップの作成後に行った変更が失われることをユーザーに警告したりするメッセージを送信することが含まれる場合があります。

  8. ブルーの最終バックアップを作成します。これは、グリーンを最新の本番コンテンツにするために使用するバックアップです。定期的なバックアップを行う場合は、バックアップの作成後にブルーで行われた変更や更新が失われることに注意して、最新の本番バックアップを使用できます。このバックアップを作成した後、本番環境で「変更の凍結」を行うことをお勧めします。これにより、新しいワークブックやデータ ソースが追加されたり、既存のコンテンツが変更されたりすることはなくなります。

  9. 手動で取り扱う必要があるアセットに注意しながら、ブルー環境の設定をエクスポートします。詳細については、コア Tableau Server 機能の復元を参照してください。

  10. ブルーの最終バックアップを復元し、ブルーの設定ファイルをグリーンにインポートします。必要に応じて手動で構成を変更します。

  11. グリーン コンテンツの UAT/サニティー チェックを実行します。

  12. 上記のステップ 5 で無効にしたジョブ、サブスクリプション、通知のスケジュールをもう一度有効にします。

  13. ロード バランサーまたは DNS を使用してユーザーをグリーンに切り替え、ブルーへのアクセスをブロックします。

  14. グリーン サーバーが期待どおりに機能していることを確認し、本番負荷の問題を監視します。Advanced Management がある場合は、Resource Monitoring Tool を使用してパフォーマンスを監視できます。

  15. (オプション) 今後のアップグレードのためにブルー環境を維持しない場合は、ブルー環境のプロダクト キーを非アクティブ化してください。

  16. (オプション) 今後のアップグレードのためにブルー環境を維持しない場合は、ブルー環境を停止して、コミッション解除の準備をしてください。コミッション解除の詳細については、「コンピュータから Tableau Server を削除する」を参照してください。

フィードバックをありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!