Tableau Server の言語とロケール

Tableau Serverは、複数の言語にローカライズされます。サーバー言語とロケールの設定は、これがユーザーにどのように影響するかに関するものです。[言語] 設定は、メニューやメッセージなどのユーザー インターフェイス (UI) 項目を制御します。[ロケール] 設定は、数値の表記形式や通貨などのビュー内の項目を制御します。

管理者はサーバー全体の言語とロケールを設定でき、(サーバー設定 (全般とカスタマイズ)を参照)、個別ユーザーは自分の設定を構成できます (「アカウント設定」を参照) 。ユーザーが自身の言語とロケールを設定している場合、これらの設定はサーバー 設定より優先されます。

サポート対象の言語

Tableau Serverは、複数の言語にローカライズされます。詳細については、Tableau Server の技術仕様ページの「国際化」セクションを参照してください。

既定の設定

Tableau Serverの既定の言語はセットアップ中に決定します。ホスト コンピューターに設定されている言語が、Tableau Serverでサポートされている場合、Tableau Serverは、その言語を自身の既定としてインストールします。サポートされていない言語がコンピューターに設定されている場合、Tableau Serverは英語を既定の言語としてインストールします。

言語とロケールの決定のしくみ

ユーザーがビューをクリックしたときに表示される言語とロケールに影響を与えるもう 1 つの要素はユーザーの Web ブラウザーです。サーバー ユーザーが [ユーザー アカウント] ページで [言語] 設定を指定しておらず、Web ブラウザーが Tableau Server でサポートされている言語に設定されている場合、その言語が使用されます。これは Tableau Server 自体が別の言語に設定されている場合も同様です。

たとえば、Tableau Server システム全体のすべてのユーザーに対して [言語] が英語に設定されているとします。サーバー ユーザーの Claude は Tableau Server の自分の [ユーザー アカウント] ページで言語を設定していません。Claude のブラウザーではドイツ語 (ドイツ) が言語/ロケールとして使用されています。

Claude がTableau Serverにサインインするとサーバーの UI はドイツ語で表示されます。Claude がビューをクリックすると、ビューの数字や通貨にはドイツがロケールとして使用されます。Claude が自分のユーザー アカウントの [言語][ロケール] をフランス語 (フランス) に設定している場合、UI とビューはフランス語で表示されます。ユーザー アカウント設定は Web ブラウザーの設定より優先され、両者は Tableau Server のシステム全体の設定より優先されます。

注意が必要なもう 1 つの設定は Tableau Desktop の [ロケール] ([ファイル] > [ワークブック ロケール]) 設定です。この設定によって、ビューに表示されるデータのロケール (通貨や数値の表記形式) が決まります。既定では、Tableau Desktopの [ロケール][自動] に設定されています。ただし、作成者は特定のロケールを選択することによって、その設定をオーバーライドできます。上記の例では、ビュー A の作成者が [ロケール][ギリシャ語 (ギリシャ)] に設定した場合、ビュー A のデータはギリシャ語 (ギリシャ) ロケールを使用して表示されます。

Tableau Server ではこれらの設定を優先度の高い順に使用して、言語とロケールを決定します:

  1. ワークブック ロケール (Tableau Desktop で設定)

  2. Tableau Server の [ユーザー アカウント] の言語/ロケール設定

  3. Web ブラウザーの言語/ロケール

  4. Tableau Server の [メンテナンス] ページの言語/ロケール設定

  5. ホスト コンピューターの言語/ロケール設定

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください