CSV インポート ファイルのガイドライン

ユーザー情報を格納したコンマ区切りの値 (CSV) ファイルを作成し、インポートすることによってユーザーの追加を自動化できます。CSV ファイルには、ライセンス レベルやパブリッシュ アクセスなど、インポートと同時にユーザーに適用する属性を含めることができます。

ユーザーをインポートするには、サーバー、サイト管理ページ、または tabcmd ユーティリティを使用できます。tabcmd を使用すると、CSV ファイルに含まれるすべてのユーザーにサイト ロールを割り当てるオプションが提供されます。詳細については、ユーザーのインポートまたは createsiteusers filename.csv を参照してください。

ユーザーはサイトまたはサーバーのレベルでインポートできます。ユーザーをサーバーに (特定サイトにではない) インポートする場合、ユーザーはサイトに割り当てされず、ライセンスなしとしてインポートされます。

CSV ファイル形式の要件

ユーザーのインポート用の CSV ファイルを作成する場合は、ファイルが必ず次の書式要件を満たすようにします。

  • ァイルには、列の見出しが含まれません。Tableau Serverファイル内の各行を 1 人のユーザーと見なします。

  • ファイルは、UTF-8 形式であり、バイト オーダー マーク (BOM) が含まれています。

  • BIG-5 などのエンコードは UTF-8 に変換されています。この操作を行うには、テキスト エディターでファイルを開き、[名前を付けて保存] コマンドを使用します。

  • ユーザー名に "@" やそれを示す文字が含まれている場合 (ドメイン セパレーターを除く)、16 進形式で記号を参照する必要があります。\0x40

    たとえば、user@fremont@mycompany.comuser\0x40fremont@mycompany.com にする必要があります

CSV ファイルの必須の列

次の値は各ユーザーに必須です。

  • ユーザー名

  • パスワード:Tableau Server が Active Directory 認証を使用するように設定されている場合、Password という列が 1 つ必要ですが、列自体は空になっている必要があります。ローカル認証を使用するサーバーでは、新しいユーザーのパスワードを指定する必要があります。

インポート ファイルの追加オプション

CSV ファイルには、ここに示す順序で次のフィールドを含めることができます。

  • ユーザー名。ユーザー名。サーバーが Active Directory を使用するように設定されている場合、この値は、Active Directory で定義されたユーザーと一致する必要があります。ユーザー名がドメイン全体で一意でない場合、ユーザー名の一部としてドメインを含める必要があります (例: example\Adam または adam@example)。これは必須のフィールドです。

  • パスワード。ユーザーのパスワード。サーバーが Active Directory を使用するように設定されている場合、この値は使用されません。

  • 表示名。表示名とは、サーバー上のユーザーを識別するのに使用される情報の一部です。ユーザーの表示名がすでに使用されている場合、Tableau Server は、CSV ファイル内の設定で既存のユーザー情報を更新します。サーバーが Active Directory を使用するように設定されている場合、この値は使用されません。

  • ライセンス レベル。これは CreatorExplorerViewer (ビューアー)、またはライセンスなしである場合があります。

  • 管理者のレベル (SystemSite、または None)。この設定は、ユーザーが管理者としてインポートされるかどうかを決定します。

    Web UI を使用してユーザーのインポートを行っている場合、サーバー(全ライト)レベルでファイルのインポートを実行する場合のみ、管理者サイトロールをシステムのみに設定できます。特定サイトにサインインしている場合、および CSV ファイル内のユーザーの管理者列がシステムに設定されている場合、Tableau Serverはユーザーをサイト管理者としてインポートします。

  • パブリッシャー パーミッション (yes/true/1 または no/false/0)。Web UI を使用している場合、特定サイトにサインイン中にインポートする場合にのみパブリッシャーの設定が使用されます。サーバー(全サイト)レベルでユーザーをインポートする場合、この値は使用されません。

  • 電子メール アドレス。電子メール アドレスとは、サーバー上のユーザーを識別するのに使用される情報の一部です。電子メール アドレスがすでに使用されている場合、Tableau Server は、CSV ファイル内の設定で既存のユーザー情報を更新します。

列の順序は重要です。列のコンテンツに関係なく、最初の列はユーザー名、2 番目の列はパスワード、3 番目の列は表示名などと表示されます。フィールドの値を省略する場合でも、フィールドのコンマ区切り記号は含める必要があります。

tabcmd に渡される大きな CSV ファイルのパフォーマンス改善

サーバー管理者は tabcmd コマンドを使用して、大きな CSV ファイルのインポート時にパフォーマンスを改善できるサーバー設定を有効にできます。これは tsm configuraiton set コマンドを次のオプションとともに使用して可能です。

  • vizportal.csv_user_mgmt.index_site_users

  • vizportal.csv_user_mgmt.bulk_index_users

  • searchserver.index.bulk_query_user_groups

基本的に、これらのオプションを 1 つずつサーバーのデータベースに追加していくのではなく、CSV ファイルを 1 つ処理した後にインデックスを作成します。これにより、データベースを呼び出す回数も、ファイルの処理に必要となるメモリも減ります。これらの tsm configuration set オプションは、tabcmd createsiteusersdeletesiteusersaddusers、および removeusers コマンドに適用されます。

これらの設定の説明については、tsm configuration set のオプションを参照してください。

  • 特定のサイトにサインインしていなくて、ユーザーをサーバー レベルでインポートしている場合は、サーバー管理者とライセンスなしのサイトロールだけを割り当てることができます。

  • ユーザーベースのサーバーをインストール済みの場合で、ユーザーを追加するとライセンスで許可されたユーザー数を超える場合は、ユーザーはライセンスなしのユーザーとして追加されます。

  • tabcmd を使用し、ライセンスを指定するけれども、インポートするユーザーがライセンスの制限を超過する場合、ユーザーはライセンスなしとしてインポートされます。

CSV 設定とサイト ロール

ユーザーのライセンスレベル、管理者、およびパブリッシュ設定が、ユーザーのサイトロールがインポート プロセス中にどのように設定されるかを決定します。次の表は、設定がサイト ロールに変換される方法を示しています。

CSV の設定 サイト ロール

License level=(any)

Administrator=System

Publisher=true

サーバー管理者。この設定は Tableau Server のみに適用され、サーバー管理中にユーザーをインポートする (つまり、特定サイトにサインインしていない) 場合にのみ有効です。

サーバー管理者サイトロールは Creator ライセンスが利用できる場合は常にそれを利用します。利用できる Creator ライセンスがない場合は、 ライセンス発行のトラブルシューティング を参照して Tableau Server がこれをどのように処理するかについて学んでください。

License level=Creator or Explorer

Administrator=Site

Publisher=true

サイト管理者 Creator またはサイト管理者 Explorer。この設定は、特定のサイトへのサインイン中にユーザーをインポートする場合にのみ有効です。

License level=Creator

Administrator=None

Publisher=true

Creator

License level=Explorer

Administrator=None

Publisher=true

Explorer (パブリッシュ可能)

License level=Explorer

Administrator=None

Publisher=false

Explorer

License level=Viewer

Administrator=None

Publisher=false

Viewer (ビューアー)

License level=Unlicensed

Administrator=None

Publisher=false

ライセンスなし

Tableau Server への CSV インポートの例

次の例は、複数のユーザー用の情報を含む CSV ファイルを示しています。

henryw,henrypassword,Henry Wilson,Creator,None,yes,henryw@example.com
freds,fredpassword,Fred Suzuki,Viewer,None,no,freds@example.com
alanw,alanpassword,Alan Wang,Explorer,Site,yes,alanw@example.com
michellek,michellepassword,Michelle Kim,Creator,System,yes,michellek@example.com

サイトを管理中にこのファイルをインポート場合、そのサイトに 4 人のユーザーが追加されます。ユーザー Michelle の Administrator 設定は System です。ただし、サイトにユーザーをインポートしているので、Tableau Server は Michelle をサイト管理者 Creator サイトロールに設定します。ユーザーのうち 3 人はパブリッシュが許可されています。

サーバーを管理中にこのファイルをインポート場合、そのサーバーに 4 人のユーザーが追加されますが、それらのユーザーはサイトには追加されません。1 ユーザーだけがサーバー管理者としてインポートされ、残りはライセンスなしに設定されます。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください