サーバー ライセンスの表示

サーバー管理者は、Tableau Server のライセンス情報やプロダクト キー情報を表示できます。

Tableau Server Web UI からのライセンスの表示

Tableau Server の [ライセンス] ページに移動する方法は、単一サイトかマルチ サイトかで異なります。

  • 単一サイトがあるサーバーで、[設定] および [ライセンス] をクリックします。

  • 複数サイト サーバーのサイト メニューで [すべてのサイトを管理][設定]、および [ライセンス] をクリックします。

    注: [すべてのサイトを管理] オプションは、サーバー管理者としてサインインした場合にのみ表示されます。

このページには、ユーザーベース (期間) ライセンスまたはコアベース ライセンスを含め、サーバーでライセンス認証されているすべてのライセンスに関する情報が表示されます。

  1. ブラウザで TSM を開きます。

    http://<tsm-computer-name>:8850

  2. [適用][ライセンス発行] の順にクリックします。

    表にはプロダクト キー、有効期限日、およびメンテナンスの有効期限が表示されます。

    : TSM の Web UI では限られた量のライセンス情報しか得られません。ユーザーベースのライセンス (Creator、Explorer、および Viewer (ビューアー)) の各タイプの数を含め、その他のライセンス情報を表示するには、TSM CLI または Tableau Server の Web UI を使用します。

  1. 最初のノード (TSM がインストールされているノード) で管理者としてコマンド プロンプトを開きます。

  2. 次のコマンドを実行します。

    tsm licenses list

このコマンドは、Tableau Server の展開でライセンス認証されたライセンスを一覧表示します。

たとえば、5 つの Creator ライセンス、5 つの Explorer ライセンス、100 個の Viewer ライセンス、および Data Management アドオンを持つサーバーは、次のようなコマンド出力を指定します。

次のフィールドが返されます。

  • KEY: ライセンスを識別するグローバルに一意の 16 文字の文字列。
  • TYPE: ライセンスの種類についての説明。
    • 期間: 期間ライセンスはサブスクリプション スケジュールにマップされ、更新する必要があります。有効期限は、[LIC EXP] フィールドに一覧表示されます。
    • 永続: 永続ライセンスは一度購入したら更新する必要はありませんが、MAINT EXP (メンテナンスの有効期限) は更新する必要があります。
    • コア: コア ライセンスは、特定の Tableau Server サービスを実行しているコンピューター上のコアの数にマップされるライセンスです。コア ライセンスを使用すると、ゲスト ユーザーがサーバー上のビューにアクセスしたり、他の Web サーバーに埋め込んだりできます。また、コア ライセンスでは、Explorer ユーザーと Viewer ユーザーを無制限に許可できます。
  • CREATOR: Tableau Server の展開で発行された Creator ライセンスの数。
  • EXPLORER: Tableau Server の展開で発行された Explorer ライセンスの数。
  • VIEWER: Tableau Server の展開で発行された Viewer ライセンスの数。
  • DATA MANAGEMENT ADD-ON: Tableau Server が Data Management アドオン (True/False) に対してライセンスされています。Data Management アドオンについてを参照してください。
  • GUEST ACCESS: Tableau Server がゲスト ユーザーに対してライセンスされています。ゲスト ユーザーを参照してください。ゲスト ユーザーを利用するには、コア ライセンスが必要です。[TYPE] フィールドを参照してください。
  • LIC EXP: ライセンスの有効期限が切れ、Tableau Server が動作を停止する日付。期間ライセンスの有効期限が切れます。[TYPE] フィールドを参照してください。ライセンスを更新するには、Tableau のカスタマー ポータル(新しいウィンドウでリンクが開く)にアクセスしてください。
  • MAINT EXP: レガシー永続ライセンス (TYPE = 永続) にのみ適用されます。期間ライセンスの場合、このフィールドは N/A と出力されます。[MAINT EXP] には、Tableau Server 展開に対するメンテナンス契約の有効期限が切れる日付が表示されます。ライセンスのメンテナンス キーを更新するには、プロダクト キーの有効期限の更新を参照してください。Tableau のカスタマー ポータル(新しいウィンドウでリンクが開く)にアクセスしてメンテナンスの購入履歴を表示し、追加のメンテナンスを購入してください。
  • UPDATABLE:更新可能なサブスクリプション ライセンスかどうかを指定します (True/False)。
  • LBLM: Tableau Server の展開に対してログインベースのライセンス管理 (LBLM) が有効かどうかを指定します (True/False)。有効にすると、ユーザーはプロダクト キーを入力するのではなく、Tableau Server にログインすることで、Tableau Desktop または Prep のインスタンスのライセンスを取得できます。LBLM の詳細については、ログインベースのライセンス管理を参照してください。
  • SERVER MANAGEMENT ADD-ON: Tableau Server が Server Management アドオン (TrueFalse) にライセンスされています。Server Management アドオンの詳細については、Tableau Server Management アドオン についてを参照してください。

: Creator、Explorer、および Viewer (ビューアー) ユーザーのライセンスの期間は、存在する場合はユーザーベースのライセンス (期間ライセンス) の期間に従って設定されます。そのため、コアベースのライセンスが 1 つしかないサーバーでは Explorer ユーザーと Viewer (ビューアー) ユーザー、ゲスト ユーザー アクセスは無制限ですが、Creator ユーザーはありません。詳細については、コアベースのライセンスが設定されているサーバーでユーザーベースのライセンスを使用するを参照してください。

ありがとうございます!