パッケージド ワークブック

ワークブックは多くの場合、外部リソースを参照しています。たとえば、ワークブックは、背景イメージを参照したり、Excel ファイル、Access ファイル、Tableau 抽出ファイル (.hyper または .tde) などのローカル ファイル データ ソースを参照したりします。

ワークブックを保存すると、これらのリソースへのリンクも保存されます。次回ワークブックを開くと、データやイメージに加えられた変更によってビューが自動的に更新されます。ほとんどの場合はこの方法でワークブックを保存しますが参照先リソースへのアクセス権のない人とワークブックを共有する場合や、ワークブックを Tableau Server にパブリッシュする予定がある場合は、代わりにパッケージド ワークブックを保存できます。

パッケージド ワークブックには、ワークブックと共にローカル ファイル データ ソースや背景イメージのコピーが含まれます。ワークブックは、元のデータ ソースやイメージにはリンクされません。これらのワークブックは .twbx ファイル拡張子で保存されます。他のユーザーは Tableau Desktop または Tableau Reader を使用してパッケージド ワークブックを開くことができます。

ファイルベースのデータ ソースを使用した .twbx の作成

  1. [ファイル] > [名前を付けて保存] を選択します。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスでパッケージド ワークブックのファイル名を指定します。

  3. [保存形式] ドロップダウン リストで [Tableau パッケージド ワークブック] を選択します。

  4. [保存] をクリックします。

既定の場所は Tableau リポジトリのワークブック フォルダーです。任意のディレクトリにパッケージド ワークブックを保存できます。

パッケージド ワークブックには以下のファイルが含まれます。

  • 背景イメージ

  • カスタム ジオコーディング

  • カスタム形状

  • ローカル キューブ ファイル

  • Microsoft Access ファイル

  • Microsoft Excel ファイル

  • Tableau 抽出ファイル (.hyper または .tde)

  • テキスト ファイル (.csv、.txt など)

Microsoft Excel または Access 2007 データ ソースを含むパッケージド ワークブックを共有する場合、ワークブックを開くユーザーのコンピューターに Microsoft Excel と Access 2007、または Office 2007 Data Connectivity Components がインストールされている必要があります。データ接続コンポーネントは Tableau の Tableau Drivers ページからダウンロードできます。

ファイルベース以外のデータ ソースを使用した .twbx の作成

ワークブックがエンタープライズ データ ソース、または Microsoft SQL、Oracle、MySQL などの他の非ファイルベースのデータ ソースへの接続を含む場合は、データ ソースからデータを抽出して、それをパッケージド ワークブック (.twbx) に含める必要があります。

  1. ワークブックの [データ] ペインでデータ ソースを右クリックし、[データの抽出] を選択します。

  2. [データの抽出] ダイアログ ボックスで、[抽出] ボタンをクリックしてデータ ソースからすべてのデータを抽出します。

    抽出が完了すると、データ ソース アイコンが変わり、そのデータ ソースの抽出がアクティブであることを示します。単一のシリンダーではなく、矢印で接続された 2 つのシリンダーになります。

  3. オプション: ワークブックのデータ ソースごとに上記の手順を繰り返します。

  4. [ファイル] > [名前を付けて保存] を選択します。

  5. [保存形式] ドロップダウン メニューから、[Tableau パッケージド ワークブック (*.twbx)] を選択します。

    ファイルベース以外のすべてのデータ ソースについて抽出が作成され、パッケージド ワークブックが保存された後、ワークブックを送信できます。

Tableau Server データ ソースを使用した .twbx の作成

ワークブックにパブリッシュ済み Tableau Server データ ソースへの接続が含まれる場合は、Tableau Server データ ソースのローカル コピーをダウンロードし、その抽出を用意してから、パッケージド ワークブック (.twbx) に含める接続をローカル コピーへの接続で置き換える必要があります。

  1. ワークブック内の [データ] ペインでパブリッシュ済みデータ ソースを右クリックし、[ローカル コピーの作成] を選択します。

    パブリッシュされたデータ ソースのコピーが [データ] ペインに追加されます。

  2. ローカル コピーを右クリックし、[データの抽出] を選択します。
    注:ローカル・コピーがパブリッシュ済み抽出の場合は、このステップをスキップできます。

  3. [データの抽出] ダイアログ ボックスで、[抽出] ボタンをクリックしてデータ ソースからすべてのデータを抽出します。データ ソースの抽出を作成すると、ワークブックの共有相手がデータ ソースのコピーにアクセスできるようになります。

  4. [データ] ペインでパブリッシュ済みデータ ソースを右クリックし、[データ ソースの置換] を選択します。

  5. パブリッシュ済みデータ ソースがローカル データ ソースによって置換されていることを確認し、[OK] をクリックします。

  6. パブリッシュ済みデータ ソースを右クリックして、[閉じる] をクリックします。

  7. [ファイル] > [名前を付けて保存] を選択します。

  8. [保存形式] ドロップダウン メニューから、[Tableau パッケージド ワークブック (*.twbx)] を選択します。

    ローカル コピーとローカル コピーの抽出が作成され、パッケージド ワークブックが保存された後、ワークブックを送信できます。

.twbx のアンパッケージ

パッケージド ワークブックは、アンパッケージできます。

Windows または MacOS コンピューターで、ファイルに .zip 拡張子を付けて名前を変更し (たとえば、myfile.twbx から myfile.zip)、変更したファイルをダブルクリックします。

ワークブックをアンパッケージすると、通常のワークブック ファイル (.twb) に加え、ワークブックと一緒にパッケージ化されていたデータ ソースやイメージを含むフォルダーが表示されます。

ありがとうございます!