Tableau Desktop でのビューの出力

出力する前に、[ページ設定] ダイアログ ボックスを使用して出力するページのレイアウトを指定します。その後、プリンターや PDF に出力します。

ページの設定

ワークブック内のワークシートごとに異なるページ設定オプションを適用できます。たとえば、ワークシートのタイトルを表示や非表示にした状態で出力したり、一意のページ方向を指定して出力したりできます。

ページ設定を開始するには、[ファイル] > [ページ設定] を選択します。

全般的な設定 (ダッシュボードではなく個々のシートで使用可能)

  • 表示 - タイトル、ビュー、キャプション、色の凡例、形状の凡例、サイズの凡例、地図の凡例を表示/非表示にすることができます。

  • ヘッダーと改ページ - これらのテーブル要素の外観を制御します。

    • 各ページでヘッダーと凡例を繰り返す - 1 つのビューが複数ページに及ぶと、行と列のヘッダーが各印刷ページの上部に追加されます。

    • ペイン境界で改ページ - テーブルのセルの途中で改ページが発生しないようにします。

  • [ページ] シェルフ - ビューで [ページ] シェルフを使用する場合は、現在のページを印刷するか、すべてのページを印刷するかを指定します。

レイアウト設定

  • 凡例のレイアウト - 凡例を 1 つまたは複数含める場合は、凡例を印刷ページに表示する方法を選択します。

  • 余白 - それぞれのテキスト ボックスに値を入力して、上、下、左、および右の余白を指定します。

  • センタリング - 必要に応じて、ビューをページ上で水平方向の中心に配置するか、垂直方向の中心に配置するか、その両方を選択できます。

印刷スケール設定

これらの設定は、印刷されるドキュメントにのみ影響し、エクスポートされるイメージや PDF には影響しません。ただし、ページの方向の設定は、ワークブックを Tableau Online や Tableau Server にパブリッシュするときの既定の設定として使用されます。

  • 印刷スケール - ビューを拡大/縮小して 1 ページに収めることも、複数ページにまたがるようにすることもできます。次のオプションから選択します。

    • 自動 – 用紙サイズに基づいてビューを自動的に拡大/縮小します。

    • 拡大/縮小 – 元のサイズの指定されたパーセントにビューを拡大/縮小します。

    • 調整 – ビューが指定されたエリアに収まるように拡大/縮小します。横方向と縦方向の印刷ページのページ数を選択します。たとえば、高さがあまりない横長のビューがある場合、横 3 ページ、縦 1 ページと指定することができます。

  • ページの方向 - ビューが印刷ページに表示される方向を指定します。次のオプションから選択します。

    • プリンターの設定を使用 – プリンターによって指定済みのページの方向を使用します。

    • 縦 – 印刷ページ上で縦方向になるようにビューを表示します。

    • 横 – 印刷ページ上で横方向になるようにビューを表示します。

    次の図に縦と横のページの方向の違いを示します。

    縦と横のページの方向の違いを示す図

ビューの印刷

[ページ設定] で設定を行った後で、[ファイル] > [印刷] を選択します。[印刷] ダイアログ ボックス内の次のオプションは Tableau に固有です。

選択項目を表示

このオプションを選択すると、ビューで選択した項目が印刷時に保持されます。

印刷範囲の変更

ワークシートが複数あるワークブックから印刷する場合、各ワークシートはページ設定に応じて 1 ページ以上の印刷ページを表します。

次の印刷範囲から選択します。

  • ワークブック全体 – ワークブック内のワークシートをすべて印刷します。

  • アクティブなシート - ワークブックに現在表示されているシートのみを印刷します。

  • 選択したシート - 選択したシートを印刷します。

1 つのワークブック内の複数のワークシートを選択するには、Ctrl キーまたは Shift キー (Mac の場合、z キー)を押しながら、目的のワークシート タブをクリックします。

PDF に出力

注: Tableau Online や Tableau Server を使用している場合は、ビューとワークブックのダウンロードビューの PNG、PDF、CSV へのリンクを参照してください。

Tableau Desktop では、ビューをハード コピーとして印刷する代わりに PDF ファイルとして保存できます。お使いのコンピューターに Adobe Acrobat がインストールされている必要はありません。

個々のシートを PDF に出力する際、ビュー内のフィルターは含まれません。フィルターを表示するには、シートを含むダッシュボードを作成してダッシュボードを PDF にエクスポートします。

Windows コンピューターを使用して PDF に出力する

  1. ワークブック内のシートごとに、[ページ設定] オプションを指定します。

  2. [ファイル] > [PDF に出力] を選択します。

  3. [PDF に出力] ダイアログ ボックスで、印刷の [範囲] を次から選択します。

    • ワークブック全体 – ワークブック内のシートをすべてパブリッシュします。

    • アクティブなシート - ワークブックに現在表示されているシートのみをパブリッシュします。

    • 選択したシート - 選択したシートをパブリッシュします。Tableau ワークブックで複数のシートを選択するには、Ctrl キーを押しながら Tableau ワークブックの下部でシート タブを選択します。

  4. [用紙サイズ] を選択します。[指定しない] を選択した場合、用紙サイズは 1 ページにビュー全体が収まるのに必要なサイズまで拡大されます。

  5. 作成後に PDF が自動的に開くようにするには、[出力後に PDF ファイルを表示] を選択します。このオプションは、お使いのコンピューターに Adobe Acrobat Reader または Adobe Acrobat がインストールされている場合のみ使用できます。

  6. 選択項目を表示するかどうかを選択します。このオプションを選択すると、ビューでの選択項目が PDF に保持されます。

  7. [OK] をクリックして、PDF の保存先を選択します。[保存] をクリックします。

Mac コンピューターを使用して PDF に出力する

  1. ワークブック内のシートごとに、[ページ設定] オプションを指定します。

  2. [ファイル] > [出力] を選択します。

  3. [出力] ダイアログ ボックスで、[詳細を表示] をクリックして印刷範囲を選択します。

    • ワークブック全体 – ワークブック内のシートをすべてパブリッシュします。

    • アクティブなシート - ワークブックに現在表示されているシートのみをパブリッシュします。

    • 選択したシート - 選択したシートをパブリッシュします。Tableau ワークブックで複数のシートを選択するには、Command キーを押しながら Tableau ワークブックの下部でシート タブを選択します。

  4. [PDF] > [PDF として保存] をクリックします。

  5. PDF の保存先を指定して、[保存] をクリックします。

ありがとうございます!