例: パラメーターを使用したメジャーのスワップ

2 つのメジャーの値が互いにどう比較されるかを示すビューを作成する場合があります。ただし、比較するメジャーを選択する場合、または、ユーザーが比較するメジャーを選択できるコントロールをビューに追加する場合はどうでしょうか。パラメーターと計算フィールドを使用してこのようなビューを作成できます。計算フィールドはビューのメジャーを置き換えるものであり、パラメーター コントロールやパラメーター アクションを使用して、ユーザーがインタラクティブに設定することができます。

一般的な手順

  1. パラメーターを作成します。

  2. ビューのメジャーを変更する計算フィールドを作成します。

  3. ビューを設定します。

この記事には、ステップ 2 の代替策として使用できる追加セクションが含まれています。

  • メジャーを変更して集計を指定する計算フィールドを作成する

以下のセクションでは、これらの手順を具体的な説明に分割します。

このシナリオでは、Tableau Desktop に付属の "Sample – Superstore (サンプル - スーパーストア)" データ ソースを使用しています。

パラメーターの作成

次の手順に従います。

  1. [データ] ペインで、右上隅のドロップダウン矢印をクリックし、[パラメーターの作成] を選択します。

  2. [パラメーターの作成] ダイアログ ボックスで、次の手順を行います。

    1. パラメーターに「Placeholder 1 Selector」と名付けます。

    2. [データ型][文字列] を選択します。

    3. [許容値] フィールドまでスキップして移動し、[リスト] を選択します。

    4. [値のリスト] エリアに個々のメジャー ネームを入力します。"Discount (割引)""Profit (収益)""Quantity (数量)"、および "Sales (売上)"

      [パラメーターの作成] ダイアログ ボックスは、次のようになります。

    5. [OK] をクリックして、[パラメーターの編集] ダイアログ ボックスを閉じます。
  3. 全く同じ構成で 2 番目のパラメーター "Placeholder 2 Selector (プレースホルダー 2 セレクター)" を作成します。

    さまざまな方法でこれを行うことができます。最も簡単な方法は、[データ] ペインの "Placeholder 1 Selector (プレースホルダー 1 セレクター)" をクリックして [複製] を選択し、"Placeholder 2 Selector (プレースホルダー 2 セレクター)" の重複パラメーターの名前に変更することです。

ビューのメジャーを変更する計算フィールドの作成

次の手順に従います。

  1. [分析] > [計算フィールドの作成] を選択して、計算エディターを開きます。計算に "Placeholder 1" と名前を付け、式エリアに次を入力または貼り付けます。

    CASE [Placeholder 1 Selector]
    WHEN "Discount" THEN [Discount]
    WHEN "Profit" THEN [Profit]
    WHEN "Quantity" THEN [Quantity]
    WHEN "Sales" THEN [Sales]
    END

    : 計算フィールドは指定された行の [値] エントリを参照し、[表示名] 値は参照しません。

  2. [OK] をクリックして [計算フィールド] エディターを終了します。

  3. 同じ定義を使用して 2 番目の計算フィールド "Placeholder 2 (プレースホルダー 2)" を作成します。この場合も、最も簡単な方法は、[データ] ペインの "Placeholder 1 (プレースホルダー 1)" をクリックして [複製] を選択し、"Placeholder 2 (プレースホルダー 2)" の重複フィールドの名前に変更することです。

ビューの設定

次の手順に従います。

  1. "Placeholder 2 (プレースホルダー 2] フィールドを [列] シェルフにドラッグし、その後、"Placeholder 1 (プレースホルダー 1)" フィールドを [行] シェルフにドラッグします。

    メジャーを両方のシェルフにドラッグしたため、既定ビューは散布図になります。Tableau がこれを行う理由の詳細については、例: 散布図、集計、および粒度を参照してください。

  2. [顧客名][詳細] に、[地域][色] にドラッグします。

  3. [データ] ペインの [パラメーター] エリアで、それぞれの "Placeholder 1 Selector (プレースホルダー 1 セレクター)" をクリックして、[パラメーター コントロールの表示] を選択します。これを、"Placeholder 2 Selector (プレースホルダー 2 セレクター)" でも同様に行います。

  4. Tableau では、既定でビューの右側の上にパラメーター コントロールが表示されます。ユーザーに見えやすくするため、それらを左側にドラッグします。

ビューが完成しました。パラメーター コントロールによって、X 軸と Y 軸で使用されるメジャーを選択できます。たとえば、左下のビューは数量割引を、右のビューでは、パラメーター コントロールは収益売上を表示するために使用されています。

メジャーを変更して集計を指定する計算フィールドを作成する

上記の「ビューのメジャーを変更する計算フィールドの作成」セクションの代わりに、個々のメジャーに集計を指定する計算フィールドを作成することを検討してください。上記のように、計算フィールドは集計を指定しません。上記の画像では、"Placeholder 1 (プレースホルダー 1)""Placeholder 2 (プレースホルダー 2)" フィールドに集計 (SUM) を自動的に割り当てていることに注意してください。ところが、あなたはデータを把握しており、Tableau がメジャーで使用する集計を自分で決定する場合があります。そのため、上記の計算フィールドの定義の代わりに、次のような定義を検討します。

CASE [Placeholder 1 Selector]
WHEN "Discount" THEN SUM([Discount])
WHEN "Profit" THEN AVG([Profit])
WHEN "Quantity" THEN SUM([Quantity])
WHEN "Sales" THEN AVG([Sales])
END

フィールド定義でメジャーを明示的に集計するかどうかの決定、管理者次第です。実行できない唯一のことは組み合わせです。一部のメジャーに集計を定義できますが、他のメジャーの集計を定義することはできません。

次に示すのは、収益売上散布図が、これらのフィールドの集計として "AVG" を選択した場合の変化と、それに対し、集計を指定せず、Tableau によって既定の "SUM" のままにした場合を示しています。

収益売上高 (既定の集計を使用) 収益売上高 (明示的な集計を使用)

似ていますが、異なります。

ありがとうございます!