Mapbox マップまたは WMS サーバーをワークブックに追加した後、Tableau マップ ソース (.tms) として保存できます。

Mapbox マップまたは WMS サーバーを Tableau マップ ソースとして保存すると、マップを他のユーザーと共有できるため、他のユーザーは自身のワークブックにすばやくインポートし、それを使用して新しいマップ ビューを作成できます。Tableau Map ソースのワークブックへのインポートの詳細については、マップ ソースのインポートを参照してください。

  1. [マップ] > [バックグラウンド マップ] > [マップ サービス] の順に選択します。[マップ サービス] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. Tableau マップ ソースとして保存するマップを選択し、[エクスポート] をクリックします。[接続のエクスポート] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. ファイル名を入力し、場所を選択して、[保存] をクリックします。

Tableau マップ ソースには、ワークブック内でユーザーが指定した既定のマップ レイヤー設定が含まれています。たとえば、マップ ソースには、既定で表示するように指定したマップ レイヤーのカスタム セットが含まれています。詳細については、「マップ レイヤーの設定」トピックのマップの外観のカスタマイズを参照してください。

注: マップ レイヤーのオプションの既定設定を変更した場合、マップ ソースをエクスポートし直して Tableau マップ ソース ファイルに新しい設定を含めることをお勧めします。

関連項目:

バックグラウンド マップの選択(新しいウィンドウでリンクが開く)

ありがとうございます!