だれかと共有しているワークブックに Tableau マップ ソース (.tms) をインポートし、カスタムのマップ ビューを作成するために使用できます。

  1. [マップ] > [バックグラウンド マップ] > [マップ サービス] の順に選択します。[マップ サービス] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [インポート] をクリックします。[接続のインポート] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. インポートする保存済みの Tableau マップ ソース ファイル (.tms) に移動し、選択して [開く] をクリックします。これにより [接続のインポート] ダイアログ ボックスが閉じ、[マップ サービス] ダイアログ ボックスのマップ ソースのリストに Tableau マップ ソースが追加されます。

    最近追加した Tableau マップ ソースを編集する場合は、リストからマップ ソースを選択し、[編集] をクリックします。それ以外の場合は、[閉じる] をクリックしてビューに戻ります。

ワークブックにはいくつでも Tableau マップ ソースをインポートできます。追加した各 Tableau マップ ソースは、[バックグラウンド マップ] メニューにバックグラウンド マップとして表示され、別の Tableau マップ ソースがインポートされるか、WMS サーバーまたは Mapbox マップに接続する、または別のバックグラウンド マップを使用するよう選択するまで既定のバックグラウンドとして自動的に選択されます。

注: 新しいマップ ビューを作成する場合は、そのビューのマップを作成するために [バックグラウンド マップ] メニューで選択されたバックグラウンド マップが使用されます。

関連項目:

マップ ソースの保存(新しいウィンドウでリンクが開く)

バックグラウンド マップの選択(新しいウィンドウでリンクが開く)

ありがとうございます!